STAX:暗号資産対応の「新規株式公開(IPO)」実施へ【オーストラリア初】

by BITTIMES

暗号資産(仮想通貨)と法定通貨の両方に対応したオーストラリアの資金調達プラットフォーム「STAX(スタックス)」は2020年10月28日に、同社の顧客である「West Coast Aquaculture Group Ltd(WCA)」が暗号資産を受け入れる初の新規株式公開(IPO)を実施することを発表しました。

こちらから読む:FTX、"株式トークンの取引サービス"提供へ「暗号資産」関連ニュース

テザー(Tether/USDT)対応の「IPO」実施へ

STAX(スタックス)はオーストラリアの資金調達プラットフォームであり、「法定通貨と暗号資産の両方に対応した資金調達サービス」や「ブロックチェーン技術を活用した株式トークンの発行支援サービス」などを提供している他、将来的には「トークン化された株式の取引サービス」の提供なども予定しています。

今回の発表では「STAX」の顧客である「West Coast Aquaculture Group Ltd(WCA)」が、暗号資産に対応したオーストラリア初の新規株式公開(IPO)を実施することが報告されています。

WCAが実施する新規株式公開(IPO)に参加する投資家の人々は、オールトラリアドルに加えて米ドルに価値が連動したステーブルコインである「テザー(Tether/USDT)」でも株式を購入することができます。ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)などではなくUSDTが選ばれた理由としては『価格の安定性』や『取引速度』が挙げられています。

「STAX」のCEOであるKenny Lee(ケニー・リー)氏は公式発表の中で『IPOでのテザー受け入れはオーストラリアにおける変革的な動きであり、一般的な仮想通貨の採用にとって重要な一歩である』とコメントしています。

IPOでのUSDT受け入れは、オーストラリアにおける変革的な動きであり、一般的な暗号資産の採用にとって大きな前進でもあります。これは資本市場の将来への道を開くものです。

私たちは海外投資家の参入が困難だった市場へのアクセスを民主化しています。これはオーストラリアの企業に長期的な利益をもたらします。

シドニー証券取引所CEOは「STAX」を称賛

West Coast Aquaculture Group Ltd(WCA)はオーストラリア南東部に位置する港湾都市メルボルンに本社を構える企業であり、マレーシアのランカウイ島で最大の水産養殖事業を展開、養殖している魚はマレーシアシンガポール・香港などの卸売業者や小売店に販売されています。

今回の資金調達は、最低目標額を500万ドル(約5億円)として、1,000万株〜1,400万株が1株あたり0.50ドル(約50円)の価格で販売されています。調達された資金は、サプライチェーンをさらに管理できるようにするための孵化場や保育施設の購入などといった事業拡張のための資金として使用されるとのことです。

WCAが発行する株式は、今回のIPO実施後に「シドニー証券取引所(SSX)」に上場する予定となっており、正式な取引開始日時は2020年11月19日を予定していると報告されています。

シドニー証券取引所(SSX)のCEOであるMichael Go(マイケル・ゴー)氏は『USDTを受け入れることによって企業の資金調達を促進しているSTAXを称賛する』と述べており、『これはオーストラリア市場における最初の歴史的な発展であり、特に成長企業の資金調達の将来を決定づけるものである』とコメントしています。

「STAX」のケニー・リーCEOは、同社がUSDTだけでなく「その他ステーブルコインへの対応」も検討していることを明かしています。

>>「STAX」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

リップル社:大手送金会社「MoneyGram」に約54億円を出資|xRapid活用も計画

リップル社:大手送金会社「MoneyGram」に約54億円を出資|xRapid活用も計画

NASDAQ上場企業「150億円相当のビットコイン」を購入:Marathon Patent Group

NASDAQ上場企業「150億円相当のビットコイン」を購入:Marathon Patent Group

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型IDネットワーク「ION」を正式稼働

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型IDネットワーク「ION」を正式稼働

ブロックチェーン・ファンタジーサッカーゲーム「Sorare」提携チームが合計30に到達

ブロックチェーン・ファンタジーサッカーゲーム「Sorare」提携チームが合計30に到達

仮想通貨投資で用いられる「ドルコスト平均法」とは?メリット・デメリットなどを解説

仮想通貨投資で用いられる「ドルコスト平均法」とは?メリット・デメリットなどを解説

1BTC=8,000ドル以下なら「ドルコスト平均法」が最適な投資手法:仮想通貨ファンド創設者

1BTC=8,000ドル以下なら「ドルコスト平均法」が最適な投資手法:仮想通貨ファンド創設者

注目度の高い仮想通貨ニュース

DMMビットコイン:XLM・BCH・LTCの「現物取引サービス」提供へ

DMMビットコイン:XLM・BCH・LTCの「現物取引サービス」提供へ

暗号資産取引所FTX「日本居住者の新規登録禁止」を正式発表

暗号資産取引所FTX「日本居住者の新規登録禁止」を正式発表

振袖レンタル&購入の成人式専門店「#振袖gram」イーサリアム決済に対応

振袖レンタル&購入の成人式専門店「#振袖gram」イーサリアム決済に対応

SBI VCトレード:LINK・DOT上場記念「3つのキャンペーン」開始

SBI VCトレード:LINK・DOT上場記念「3つのキャンペーン」開始

OKCoinJapan「IOST」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計9銘柄に

OKCoinJapan「IOST」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計9銘柄に

ディーカレットのスマホで本人確認(eKYC)「5種類の本人確認書類」が利用可能に

ディーカレットのスマホで本人確認(eKYC)「5種類の本人確認書類」が利用可能に

LINE BITMAX Wallet:NFTマーケットβ版に「二次流通機能」を実装

LINE BITMAX Wallet:NFTマーケットβ版に「二次流通機能」を実装

英郵便局のデジタルIDで「暗号資産との交換券」が購入可能に:Swarm Markets

英郵便局のデジタルIDで「暗号資産との交換券」が購入可能に:Swarm Markets

OKCoinJapan:500 IOSTが50名様に当たる「フォロー&RTキャンペーン」開始

OKCoinJapan:500 IOSTが50名様に当たる「フォロー&RTキャンペーン」開始

gumi:1億ドル規模の暗号資産関連ファンド「gumi Cryptos Capital Fund II」組成へ

gumi:1億ドル規模の暗号資産関連ファンド「gumi Cryptos Capital Fund II」組成へ

ビットバンク「ミクシィ」と資本業務提携|NFT・IEO・ステーキング事業も検討

ビットバンク「ミクシィ」と資本業務提携|NFT・IEO・ステーキング事業も検討

Microsoft「台帳に依存しないトークン発行・管理技術」の特許取得

Microsoft「台帳に依存しないトークン発行・管理技術」の特許取得

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す