My Crypto Heroes:ガバナンストークン「MCH Coin(MCHC)」発行開始

by BITTIMES

double jump.tokyo株式会社は2020年11月10日に、同社が運営している人気のブロックチェーンゲーム「My Crypto Heroes(マイクリプトヒーローズ/マイクリ)」のガバナンストークン「MCHコイン(MCH Coin/MCHC)」の発行が開始されたことを発表しました。

こちらから読む:コインチェック、一部通貨で"変動型送金手数料"導入へ「国内ニュース」

マイクリのガバナンストークン「MCH Coin」発行開始

MCHcoin

double jump.tokyo株式会社は2020年11月10日に、同社が今年10月に発表していた人気ブロックチェーンゲーム「My Crypto Heroes(マイクリプトヒーローズ/マイクリ)」のガバナンストークン「MCHコイン(MCH Coin/MCHC)」の発行が正式に開始されたことを発表しました。

MCHコイン(MCH Coin/MCHC)はERC-20の規格に準拠したERC20トークンであり、マイクリ内のガバナンスに使用することができるだけでなく、将来的には「MCH+プロジェクト」に参画している他ブロックチェーンゲームでも使用できるようになる予定だと説明されています。

double jump.tokyoは『マイクリの運営で"ユーザー主体の運営"を実現すること』を目標として掲げており、「MCH Coinを軸としたマイクリエコシステムの活性化」や「MCH Coinの価値向上」などを目指していくと説明しています。

また現在は、イーサリアムブロックチェーン上に構築された分散型取引所(DEX)である「UNISWAP(ユニスワップ)」で「ETH/MCH Coin」の取引ペアで流動性が提供されているため、UNISWAP上でもMCH Coinを取引することができるとされています。

「MCH Coin」の活用方法とロードマップ

MCHコイン(MCH Coin/MCHC)はマイクリ内のガバナンスに使用することができるようになっており、ガバナンスの実装に関しては以下のような開発ロードマップを予定していると報告されています。具体的には、2020年12月以降には「ユーザー主体の運営」を実現するために順次機能を開放し、2021年3月には「マイクリプロデューサー」をユーザー投票によって決定すると説明されています。

(画像:double jump.tokyo株式会社)(画像:double jump.tokyo株式会社)

MCH Coinをマイクリ内のガバナンスで使用する際の「使用例」や「ガバナンスの基本ルール」については以下のように説明されています。

【ガバナンスの使用例】

  • ゲームの方針、開発優先順位、コンテンツのルール変更などの提案
  • 1MCH Coin = 1票として、マイクリ内で発生した提案に対しての投票

【ガバナンスの基本ルール】

  • MCH Coinを1枚でも保有していれば投票に参加することが可能
  • 総投票数が現在発行量に対して3%以上である場合、1票でも票数が多かった選択肢を採決し、ガバナンスが成立する
  • 現在発行量に対して1%以上を保有しているユーザーが提案可能
  • 自身の投票権を他ユーザーに委任することも可能

MCH Coinの獲得方法

My Crypto Heroes(マイクリ)では「MCH Coin」の導入にあたって「クリプトニウム(Cp)」と「クリプトインゴット(CI)」も導入されているため、これらのCpやCIをゲーム内で獲得することによって最終的にCIを「1CI=1MCH Coin」の割合でクリプトインゴット(CI)を「MCHコイン(MCH Coin/MCHC)」に変換することができるようになっています。

またマイクリでは、MCH Coinのリリースに合わせてマイクリ史上最大級のアップデートとして「幻獣大戦」がリリースされているため、このコンテンツをプレイすることでも「MCH Coin」を獲得することができると説明されています。

>>「MCH Coinの詳細」はこちら
>>「UNISWAPのMCHC取引ページ」はこちら
>>「ガバナンスルールの詳細」はこちら
>>「double jump.tokyoの公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

新型コロナ影響下で「暗号資産への期待・関心」増加【bitFlyerアンケート調査】

新型コロナ影響下で「暗号資産への期待・関心」増加【bitFlyerアンケート調査】

世界トップ企業で「カルダノ活用」なるか|Cardano財団、PwCとマーケティング戦略

世界トップ企業で「カルダノ活用」なるか|Cardano財団、PwCとマーケティング戦略

Cardano開発企業:2020年は「教育活動」に注力|教材・講義・学習コースなど展開へ

Cardano開発企業:2020年は「教育活動」に注力|教材・講義・学習コースなど展開へ

CME・Bakktの「ビットコインオプション」をサポート:マネックス子会社TradeStation

CME・Bakktの「ビットコインオプション」をサポート:マネックス子会社TradeStation

アポロンFC「ファン投票で決めたフォーメーション」で見事勝利【Socios&Chiliz】

アポロンFC「ファン投票で決めたフォーメーション」で見事勝利【Socios&Chiliz】

暗号資産取引所FTX「XRP現物取引」の提供開始|通貨ペアは2種類

暗号資産取引所FTX「XRP現物取引」の提供開始|通貨ペアは2種類

注目度の高い仮想通貨ニュース

ケイマン諸島:FATF国際基準準拠に向け「暗号資産規制」を強化

ケイマン諸島:FATF国際基準準拠に向け「暗号資産規制」を強化

【Socios&Chiliz】ノヴァーラ・カルチョの「NOVファントークン」発行へ

【Socios&Chiliz】ノヴァーラ・カルチョの「NOVファントークン」発行へ

三菱UFJ:ブロックチェーン用いた「高速・大容量の決済基盤」提供へ|米アカマイと協力

三菱UFJ:ブロックチェーン用いた「高速・大容量の決済基盤」提供へ|米アカマイと協力

民間発行デジタル通貨「2022年にも実用化へ」大手銀行・企業など30社以上が連携

民間発行デジタル通貨「2022年にも実用化へ」大手銀行・企業など30社以上が連携

ビットコイン価格:対ロシアルーブル(RUB)で「過去最高値」を更新

ビットコイン価格:対ロシアルーブル(RUB)で「過去最高値」を更新

暗号資産取引所「SBI VC Trade(SBI VCトレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「SBI VC Trade(SBI VCトレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

印鑑・電子双方向で契約できる「ブロックチェーン型電子契約」を実証実験:東銀リース×CryptoPie

印鑑・電子双方向で契約できる「ブロックチェーン型電子契約」を実証実験:東銀リース×CryptoPie

LINE:BITMAX Walletに「ブロックチェーンサービス(DApps)リスト」を追加

LINE:BITMAX Walletに「ブロックチェーンサービス(DApps)リスト」を追加

大手取引所OKEx「暗号資産の出金サービス」再開へ|秘密鍵保有者も業務に復帰

大手取引所OKEx「暗号資産の出金サービス」再開へ|秘密鍵保有者も業務に復帰

ロシア大手銀行子会社:スイス規制当局から「暗号資産交換業」のライセンス取得

ロシア大手銀行子会社:スイス規制当局から「暗号資産交換業」のライセンス取得

ドイツ政府機関:IOTA活用した「スマート水道メーター」を開発・テスト

ドイツ政府機関:IOTA活用した「スマート水道メーター」を開発・テスト

ビットコインを組み合わせた「確定拠出年金プラン」提供へ:資産運用会社DAiM

ビットコインを組み合わせた「確定拠出年金プラン」提供へ:資産運用会社DAiM

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す