ブロックチェーンゲームの「マルチチェーン対応支援サービス」発表:double jump.tokyo

by BITTIMES

ブロックチェーンゲームの開発・運営を行なっている「double jump.tokyo株式会社」は2020年10月24日に、ブロックチェーンゲームのマルチチェーン対応を支援する「Asset Mirroring System(MCH+AMS)」のベータ版を開発したことを発表しました。同社は株式会社メタップスアルファが運営しているNFT取引所「miime(ミーム)」と協力して、MCH+AMSを介したNFTの出品・購入を可能にする実証実験を2020年10月26日から開始しています。

こちらから読む:Kraken、日本居住者向けサービス提供開始「国内ニュース」

Asset Mirroring System(MCH+AMS)とは

MCH-AMS

double jump.tokyo株式会社が開発した「Asset Mirroring System(MCH+AMS)」は、同社が提供しているブロックチェーンゲーム開発支援サービス「MCH+」を使用しているパートナー企業のマルチチェーン対応を支援し、統一的なアセット情報取得と利用を実現するMCH+のサービスです。

Asset Mirroring System(MCH+AMS)は現在イーサリアムにのみ対応しているものの、今後はMCH+パートナーコンテンツの要望に応じて対応するブロックチェーンを拡充させるとのことで、将来的にはセカンドレイヤー技術を採用する予定だとされています。

「MCH+AMS」の拡張チェーンとしては、LINE(ライン)の独自ブロックチェーンである「LINE Blockchain」や、Dapperlab社が開発する独自ブロックチェーン「Flow」が挙げられており、近日中の提供に向けて検討を進めていると報告されています。

「LINE Blockchain」に関しては、クローズドベータテストプログラムに参加したノウハウを活かしてMCH+既存コンテンツでマルチチェーン化に着手しており、「Flow」に関しても開発者と直接連携を取りながら具体的な実装について検討を進めているとのことです。

MCH-AMS

「MCH+AMS」のメリットについて

現在のブロックチェーンゲームで広く採用されているオフチェーンとオンチェーンを組み合わせた「ハイブリッド方式」には、"トランザクション手数料を大幅に削減できる"というメリットがあるものの、オフチェーンで利用されるアセットは"オンチェーン上のエコシステム(NFT取引所など)で出品/購入ができない"というデメリットも抱えていました。

しかし、新たに開発された「MCH+AMS」を利用するとオンチェーン利用を前提とした外部サービスと連携することができるようになるため、NFT取引所でアセットの譲渡を行う際にかかるトランザクション手数料をおさえて、任意の通貨で出品/購入ができるようになると説明されています。

MCH-AMS

また「MCH+AMS」は国内のブロックチェーンコンテンツ企業4社が共同で策定している、特定のブロックチェーンに依存せず複数のブロックチェーン上でNFTを取り扱うためのAPI仕様「Oct-Pass API spec」にも準拠しているため、MCH+パートナーは「Oct-Pass」が実現するNFT相互利用に低コストで対応することができるとも説明されています。

NFT取引所miimeとの「API連携実証実験」も開始

MCH-AMS

double jump.tokyo株式会社は「Asset Mirroring System(MCH+AMS)」の外部連携として、株式会社メタップスアルファが運営しているNFT取引所「miime(ミーム)」と協力してAPI連携の実証実験を2020年10月26日から開始したことも発表しています。

まず最初は人気のブロックチェーンゲーム「My Crypto Heroes(マイクリプトヒーローズ/マイクリ)」のオフチェーンで管理されているアセットが「miime」が提供している「日本円による決済」サービスで出品/購入できるようになるとされています。

アセット譲渡にかかるトランザクション手数料は無料となっており、近日中には「イーサリアム決済」にも対応する予定だと報告されています。なお、実証実験は2020年10月26日〜2020年11月25日までの期間にかけて実施されることになっており、正式リリースの時期は改めて発表すると説明されています。

「MCH+」の今後の予定について

「MCH+AMS」は「miime」とのAPI連携実証実験の結果を踏まえて、2020年内にMCH+パートナーコンテンツへの展開を開始し、対応アセットの拡充を行うことを計画しており、エコシステムパートナーとの相互利用も進めていく予定だと報告されています。

また今後はNFTだけでなく「ファンジブルトークン」を含んだ設計のサポートも開始するとのことで、マイクリでファンジブルトークンを使ったガバナンストークンを設計したノウハウを活かして、MCH+パートナーがファンジブルトークンを設計・発行できるようにノウハウと技術提供を行っていくとされています。

さらに『インディーズゲームへのサポートも整理し、個人開発者の方にNFTの相互利用を積極的に行ってもらえるようMCH+機能を利用しやすくするためのUI Kitをオープンソースとして提供する予定』とも報告されています。

>>「double jump.tokyo」の公式発表はこちら
>>「MCH+」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

著名投資家Tim Draper:ブロックチェーンは「世界最大の産業」を大きく変革する

著名投資家Tim Draper:ブロックチェーンは「世界最大の産業」を大きく変革する

ブロックチェーンカードゲーム「GODS UNCHAINED」eスポーツの賞金目標額は1.7億円

ブロックチェーンカードゲーム「GODS UNCHAINED」eスポーツの賞金目標額は1.7億円

XRP Ledgerの「アカウント削除機能」有効化へ|修正案が正式に可決

XRP Ledgerの「アカウント削除機能」有効化へ|修正案が正式に可決

分散型金融(DeFi)向けの「独自ブロックチェーン」開発へ|Huobi×Nervos

分散型金融(DeFi)向けの「独自ブロックチェーン」開発へ|Huobi×Nervos

三菱UFJ:ブロックチェーン用いた「高速・大容量の決済基盤」提供へ|米アカマイと協力

三菱UFJ:ブロックチェーン用いた「高速・大容量の決済基盤」提供へ|米アカマイと協力

Apple Pay幹部が「仮想通貨」に言及|潜在的な可能性を注視

Apple Pay幹部が「仮想通貨」に言及|潜在的な可能性を注視

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブラジル経済相「独自デジタル通貨(CBDC)発行の可能性」について発言

ブラジル経済相「独自デジタル通貨(CBDC)発行の可能性」について発言

BITMAX:暗号資産購入でLINE独自通貨がもらえる「LINKプレゼントキャンペーン」開催

BITMAX:暗号資産購入でLINE独自通貨がもらえる「LINKプレゼントキャンペーン」開催

XRP(リップル)価格「50円付近まで高騰」トレンド転換の指標も

XRP(リップル)価格「50円付近まで高騰」トレンド転換の指標も

【Chiliz】ガラタサライのファントークン$GAL、暗号資産取引所「PARIBU」に上場

【Chiliz】ガラタサライのファントークン$GAL、暗号資産取引所「PARIBU」に上場

元ディーカレットCTO白石陽介氏「前澤友作氏の新事業参画」を正式に報告

元ディーカレットCTO白石陽介氏「前澤友作氏の新事業参画」を正式に報告

住友商事×FXcoin「仮想通貨XRP用いた債権債務決済」の実証実験を実施【国内初】

住友商事×FXcoin「仮想通貨XRP用いた債権債務決済」の実証実験を実施【国内初】

BITMAX(ビットマックス)「固定期間型の暗号資産貸出サービス」提供へ

BITMAX(ビットマックス)「固定期間型の暗号資産貸出サービス」提供へ

サムスンの家電・電化製品購入者に「最大1.5%のビットコイン還元」Lolli(ロリー)

サムスンの家電・電化製品購入者に「最大1.5%のビットコイン還元」Lolli(ロリー)

米大手資産運用会社「ビットコイン関連サービス」提供へ:Mariner Wealth × Eaglebrook

米大手資産運用会社「ビットコイン関連サービス」提供へ:Mariner Wealth × Eaglebrook

Uniswapなどの偽アプリに要注意「暗号資産200万円相当」が盗難被害

Uniswapなどの偽アプリに要注意「暗号資産200万円相当」が盗難被害

航空宇宙大手「Thales」ブロックチェーン用いた製造・メンテナンスセンター開設

航空宇宙大手「Thales」ブロックチェーン用いた製造・メンテナンスセンター開設

Ripple社が支援するゲーム関連企業「Forte」新たに4社とのパートナーシップを発表

Ripple社が支援するゲーム関連企業「Forte」新たに4社とのパートナーシップを発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す