Softbank孫社長「ビットコインは理解できない」BTC投資でビジネスに支障も

by BITTIMES

Softbank(ソフトバンク)の孫正義社長が2020年11月17日〜18日にかけて開催されたオンラインサミットに登壇した際に仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)について言及し、『ビットコインは理解できない。以前2億ドル(約200億円)を投資したが価格変動で自分のビジネスに集中できなくなった』と発言したことが「BusinessInsider」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:シンボル(Symbol/XYM)ローンチ日が決定「暗号資産」関連ニュース

BTC価格変動で「自分のビジネスに集中できなかった」

Softbank(ソフトバンク)の社長である孫 正義(そん まさよし)氏は2020年11月17日〜18日にかけて開催された「New York Times」の「DealBookカンファレンス」に登壇した際に、価格上昇で注目が集まっている仮想通貨ビットコイン(BTC)について語ったと報じられています。

「BusinessInsider」の報道によると、同氏は過去に友人から『個人資産の1%をビットコインに投資すべきだ』と勧められたことを受けて、実際に2億ドル(約200億円)をビットコインに投資したとのことですが、ビットコインを購入した後はビットコインの価格変動が気に掛かるようになり、結果的に『自分のビジネスに集中できなくなった』と説明されています。

BTC購入後に毎日ビットコイン価格を気にかけていたという孫氏は最終的に購入したビットコインを売却したとのことで、同氏はそれによって約5,000万ドル(約50億円)を失ったと見積もっていると報じられています。しかしながら「BusinessInsider」は「Wall Street Journal」が以前に報じた内容を引用する形で"孫社長が1億3,000万ドル(約130億円)以上の損失を出した可能性があること"を報告しています。

2019年4月に「Wall Street Journal」が報じた内容では『孫社長はビットコイン価格が過去最高値付近まで高騰した2017年終盤にBTCを購入し、BTC価格が急落した2018年初めに売却した』と報告されていました。

孫社長はビットコイン投資で約50億円相当の損失を出したことを認めているものの、"仮想通貨投資をやめたこと"について『とても気分が晴れた』と語ったと伝えられています。

「デジタル通貨の可能性」には賛同

孫正義社長はビットコインについて『理解できない』と語ってはいるものの、仮想通貨やデジタル通貨を全否定しているわけではなく、『私はデジタル通貨が役に立つと思う』と語ったとも報じられています。

しかしながら「具体的にどのようなデジタル通貨が良いと考えているか?」などについては明かされておらず、『どのようなデジタル通貨が良いか、どのような構造が良いかなどはわからない』と語ったと伝えられています。

孫社長にアドバイスした人物と同様に『全ての人は純資産の1%をビットコインに投資すべき』と語っている億万長者のChamath Palihapitiya(チャマス・パリハピティヤ)氏は、今年2月にCNBCの番組に出演した際に『個人投資家を含むすべての投資家はビットコイン投資を"危機的状況を避けるための保険の一種"とみなすべきであり、マットレスの下に保管してそれが二度と必要にならないことを願っておくべきだ』と説明しています。

>>「BusinessInsider」の報道はこちら

2020年11月20日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は今年3月に50万円付近まで下落したものの、その後は順調に回復を続けており、2020年11月20日時点では「1BTC=1,880,943円」で取引されています。

2019年11月22日〜2020年11月20日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年11月22日〜2020年11月20日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインETF否認!混乱する市場、今後はどうなるのか?

ビットコインETF否認!混乱する市場、今後はどうなるのか?

ビットコイン(BTC)マイニング可能数量は「残り10%」に|全体の90%が発行済み

ビットコイン(BTC)マイニング可能数量は「残り10%」に|全体の90%が発行済み

仮想通貨の呼び方を「暗号資産」へと変更する方針を発表:金融庁

仮想通貨の呼び方を「暗号資産」へと変更する方針を発表:金融庁

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「MoriX Wallet Card」発売へ|仮想通貨7銘柄に対応

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「MoriX Wallet Card」発売へ|仮想通貨7銘柄に対応

ジョンマカフィー「リップル買え!」の真相・スマホの販売プロモーションか?

ジョンマカフィー「リップル買え!」の真相・スマホの販売プロモーションか?

コロナウイルス、仮想通貨・ブロックチェーン業界にも影響「サービス無償提供」の発表も

コロナウイルス、仮想通貨・ブロックチェーン業界にも影響「サービス無償提供」の発表も

注目度の高い仮想通貨ニュース

The Sandbox:人気アニメ「The Smurfs(スマーフ)」と提携|仮想ビレッジ構築へ

The Sandbox:人気アニメ「The Smurfs(スマーフ)」と提携|仮想ビレッジ構築へ

シンガポール大手銀行:STO対応の暗号資産取引所「DBSデジタル取引所」開設か

シンガポール大手銀行:STO対応の暗号資産取引所「DBSデジタル取引所」開設か

CoinGecko「Chiliz関連ファントークン」の情報提供を開始|ウィジェットも利用可能に

CoinGecko「Chiliz関連ファントークン」の情報提供を開始|ウィジェットも利用可能に

モンゴル大手銀行TDB「暗号資産関連サービス提供」に向け複数企業と提携

モンゴル大手銀行TDB「暗号資産関連サービス提供」に向け複数企業と提携

暗号資産取引所「SBI VC Trade(SBI VCトレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「SBI VC Trade(SBI VCトレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所FTX「トークン化された株式」の取引サービス提供へ

暗号資産取引所FTX「トークン化された株式」の取引サービス提供へ

デジタル通貨用いた「福利厚生」の実証実験開始:ディーカレット×トヨタシステムズ

デジタル通貨用いた「福利厚生」の実証実験開始:ディーカレット×トヨタシステムズ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

LayerX「つくばスマートシティ協議会」に加入|ブロックチェーン投票などで技術提供

LayerX「つくばスマートシティ協議会」に加入|ブロックチェーン投票などで技術提供

バイデン氏当選確実報道で「ビットコイン急落」今後予想される影響は?【米大統領選挙】

バイデン氏当選確実報道で「ビットコイン急落」今後予想される影響は?【米大統領選挙】

Trezor(トレザー)匿名性を強化するプライバシー保護機能「Tor Switch」導入

Trezor(トレザー)匿名性を強化するプライバシー保護機能「Tor Switch」導入

Pontaポイントでステーブルコイン「xcoin」がチャージ可能に:エクスチェンジャーズ

Pontaポイントでステーブルコイン「xcoin」がチャージ可能に:エクスチェンジャーズ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す