Abra CEO:投資資産の50%を「ビットコイン」で保有|BTCの将来に強気な理由とは?

by BITTIMES

暗号資産(仮想通貨)やトークン化された株式に投資することができるアプリ「Abra(アブラ)」のCEOであるBill Barhydt(ビル・バーハイト)氏は2020年10月23日に、自身がビットコイン(Bitcoin/BTC)の保有額を大幅に増やしたことを報告し、その理由について説明を行いました。

こちらから読む:Kraken、日本向けサービス提供開始「ビットコイン」関連ニュース

Abra CEOが語る「ビットコインに投資する理由」

Abra(アブラ)のCEOであるBill Barhydt(ビル・バーハイト)氏は2020年10月23日に公開されたYouTube動画の中で、自身がビットコイン(BTC)への投資をここ数週間で増加させ、現在は投資ポートフォリオの50%をビットコインに投資していることを明らかにしました。

同氏は『現在のビットコインは世界で最も優れた投資機会である』と述べており、その理由について「ファンダメンタル・テクニカル・センチメント」の観点から説明を行なっています。

Bill Barhydt氏が今回の動画の中で語った「ビットコイン投資を増やした理由」としては以下のようなことが挙げられます。

発行上限のある信頼できる通貨

ビットコインが投資対象として優れた資産である理由の1つとしては「ビットコインの最大発行枚数が2,100万BTCに固定されていること」が挙げられています。

同氏は"ビットコインに発行上限があるのに対して、現在一般的に利用されている法定通貨には発行上限がない"ということを強調しており、『政府が発行する紙幣は実際に価値がなくなりつつあるがビットコインの価値は一定だ。法定通貨の発行量が今よりも減ることはないと考えられるため、現金はますます価値がなくなっていくだろう』と指摘しています。

また同氏は『ビットコインのファンダメンタルはこれまでになく強気である』とも述べており、『ビットコインの新規発行枚数がゼロに近づくにつれて、法定通貨に対するBTCの価値は今後数年間で急上昇し続けることになるだろう』と語っています。

長期的な価格上昇

2011年〜2022年までのビットコイン価格チャート(画像:Bill Barhydt氏YouTube動画から)2011年〜2022年までのビットコイン価格チャート(画像:Bill Barhydt氏YouTube動画から)

テクニカル面に関しては、2011年〜2022年までのビットコイン価格チャートを引用して説明が行われています。このチャートは「ビットコイン価格が長期的な上昇トレンドに従って価格を上昇させていること」や「この上昇トレンドにおいてビットコインが現在重要な時期に近づいてきていること」などを示しています。

Bill Barhydt氏はこのチャート画像の予想に基づいて、ビットコイン価格が今後3年以内に現在価格の100倍に相当する「100万ドル(約1億円)」になる可能性があることなども語っており、別の予測として「2012年〜2017年のBTCチャート」と「2016年〜2020年のBTCチャート」を重ねたモデルなども紹介しています。

今は世間からの関心が薄れた「参入に適した時期」

Googleトレンドのデータは過去2年間でビットコインへの関心が薄れてきていることを示している(画像:Bill Barhydt氏YouTube動画から)Googleトレンドのデータは過去2年間でビットコインへの関心が薄れてきていることを示している(画像:Bill Barhydt氏YouTube動画から)

センチメント面では、Google検索における人々の"キーワード検索量"を調べることができる「Googleトレンド」のデータを引用して説明が行われており、過去2年間でビットコインに対する人々の関心が薄れてきていることが指摘されています。

ビットコインへの関心は薄れてきているものの、Bill Barhydt氏は逆張りの発想で『ファンダメンタル・テクニカル面で強気なことを考慮すると参入するのには良い時期である』との見解を示しています。

大手企業や著名人も「ビットコイン投資」を加速

ビットコイン(BTC)に資産の大部分を投資する投資家は増えてきており、投資情報サイト「RealVision」のCEOであるRaoul Pal氏も今月初めのポッドキャストで『純資産の約60%をビットコインで保有している』と明かしている他、BTC強気派として知られる米デジタル資産運用会社「Morgan Creek Digital」の共同設立者Anthony Pompliano(アンソニー・ ポンプリアーノ)氏も『資産の80%をBTCで保有している』と明かしています。

BTCに投資しているのは個人投資家だけでなく、最近では米決済大手「Square(スクエア)」や英上場企業「Mode Global Holdings」も大量のビットコインを購入したことを報告しているため、多くの投資家や企業は『現在のビットコインは投資するのに最適な時期だ』と考えているのだと考えられます。

なお、Bill Barhydt(ビル・バーハイト)氏は今回の動画の中で、近年世界各国で急速に研究開発が進められている「中央銀行デジタル通貨(CBDC)」や「ステーブルコイン」などについてもコメントしており、『CBDCの発行は中央銀行の紙幣発行を止めるものではなく、実際には"好き勝手にお金を刷る"という無責任な行動を続けることを容易にしている』と指摘しています。

2020年10月27日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は先月7日に100万円付近まで下落したものの、その後は徐々に回復してきており、2020年10月27日時点では「1BTC=1,202,731円」で取引されています。

2020年7月29日〜2020年10月27日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2020年7月29日〜2020年10月27日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

決済大手Square「FinCENの仮想通貨規制案」に反対意見|様々な問題点を指摘

決済大手Square「FinCENの仮想通貨規制案」に反対意見|様々な問題点を指摘

ディーカレット:暗号資産現物取引「取引所サービス」提供開始|マイナス手数料も採用

ディーカレット:暗号資産現物取引「取引所サービス」提供開始|マイナス手数料も採用

Libraテストネット:プロジェクト数は「30以上」に|プレメインネットも公開

Libraテストネット:プロジェクト数は「30以上」に|プレメインネットも公開

オランダのサッカークラブPSV「ビットコインを保有し続けている」と判明

オランダのサッカークラブPSV「ビットコインを保有し続けている」と判明

ビットコイン(BTC)が今後も上昇する7つ理由|価格予測

ビットコイン(BTC)が今後も上昇する7つ理由|価格予測

ディーカレット「手数料業界No.1&スプレッド最狭水準キャンペーン」開始

ディーカレット「手数料業界No.1&スプレッド最狭水準キャンペーン」開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

ロバート・キヨサキ氏「ビットコインの未来は明るい」投資・買い増しは慎重にとも説明

ロバート・キヨサキ氏「ビットコインの未来は明るい」投資・買い増しは慎重にとも説明

暗号資産取引所「東京ハッシュ(Tokyo Hash)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「東京ハッシュ(Tokyo Hash)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーカレット「クアンタム(QTUM)」取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

ディーカレット「クアンタム(QTUM)」取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

Chiliz Exchange:総合格闘技団体「UFC」の公式ファントークン本日取引開始

Chiliz Exchange:総合格闘技団体「UFC」の公式ファントークン本日取引開始

Chiliz&Socios:NBAチーム「Miami Heat・San Antonio Spurs」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Miami Heat・San Antonio Spurs」と提携

エルサルバドルの地熱マイニング施設「初のビットコイン採掘」に成功

エルサルバドルの地熱マイニング施設「初のビットコイン採掘」に成功

エルサルバドルの人権団体「政府のビットコイン購入・ATM設置」についての調査を依頼

エルサルバドルの人権団体「政府のビットコイン購入・ATM設置」についての調査を依頼

ヘルスケアAIロボットGrace「カルダノブロックチェーン」を採用

ヘルスケアAIロボットGrace「カルダノブロックチェーン」を採用

与沢 翼氏「10億円相当のシンボル(Symbol/XYM)を保有している」と公表

与沢 翼氏「10億円相当のシンボル(Symbol/XYM)を保有している」と公表

ビットコイン:時価総額ランキングで「Facebook」上回る|BTC価格は5万ドル突破

ビットコイン:時価総額ランキングで「Facebook」上回る|BTC価格は5万ドル突破

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す