純資産の1%は「ビットコイン」に投資すべき:元Facebook幹部

by BITTIMES

伝説の投資家Warren Buffett(ウォーレン・バフェット)氏の弟子であると自称していることでも知られる億万長者のChamath Palihapitiya(チャマス・パリハピティヤ)氏は、先日CNBCの番組に出演した際に『誰もが純資産の1%を仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)に投資すべきだ』と語り、その理由について説明を行いました。

こちらから読む:Lightning Networkで"中央集権化"進む「ビットコイン」関連ニュース

純資産の1%は「ビットコイン(BTC)」に

Facebook(フェイスブック)で初期に上級管理職を務めた後に「Social Capital(ソーシャル・キャピタル)」を創設し、現在同社でCEOを務めているChamath Palihapitiya(チャマス・パリハピティヤ)氏は、CNBCの番組「Squawk Box」に出演した際に「誰もが純資産の1%をビットコインに投資すべき」との考えを語りました。

チャマス・パリハピティヤ氏は7年以上も前からビットコインに投資していた"ビットコイン支持者"しても知られており、以前から「すべての投資家・機関投資家・小売業者は資産の1%をBTCとして保有すべき」との考えを語っていました。

同氏は「ビットコインはその他の資産とは完全に異なる"無相関の新しい資産クラス"である」と述べており、その他の資産クラスとは無関係であるため、ビットコインは伝統的な金融インフラストラクチャに対する唯一無二のヘッジ手段になると説明しています。

ビットコインは「危機的状況を避けるための保険」

しかし同氏は、ビットコインの価格変動幅が大きいことを理由に「ビットコインを"安全な避難先"として判断すると悲惨な結果を招く可能性がある」とも指摘しています。

仮想通貨業界では「新型コロナウイルスの影響によってBTC価格が高騰した」として注目が集まっていましたが、チャマス氏は『ビットコインはイベント主導で価値が動くような資産ではない』と述べており、なんらかの危機的な状況が発生した場合のための保険として保有し、本当の緊急事態が発生した時に必要になるまで見るべきではないと説明しています。

ビットコインはイベント主導で価値が動くような資産ではありません。コロナウイルスに対する恐怖心が高まっているからと言ってビットコインを購入すべきではありません。これは馬鹿げた戦略です。

個人投資家を含むすべての投資家はビットコイン投資を「危機的状況を避けるための保険」の一種とみなすべきであり、マットレスの下に保管してそれが二度と必要にならないことを願っておくべきです。

しかし、もしあなたがそれを実行することができたなら、あなたはそのビットコインに守られることになるでしょう。なぜならそのコインは1コインあたり数十万〜数百万ドル(数千万〜数億円)の価値を持つからです。

ウォーレン・バフェット氏の意見にも反論

パリハピティヤ氏は「伝説の投資家Warren Buffett(ウォーレン・バフェット)氏の弟子である」と自称していることでも知られており、実際にバフェット氏から非常に多くのことを学んだと語っていますが、ビットコインに関しては『バフェット氏は100%間違っている』と述べています。

Warren Buffett(ウォーレン・バフェット)氏は、先月末にトロン(Tron/TRX)のCEOであるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏らと食事会を行いましたが、先日24日に「CNBC」の番組に出演した際には『仮想通貨は無価値である』という意見を繰り返しており、『どんな仮想通貨も保有していないし、保有することは一生ない』と強調していました。

パリハピティヤ氏は一般的に言われているような『ビットコインは"デジタルゴールド"だ』といった意見は語っていないものの「ビットコイン以外の全ての金融商品は相関性がある」と述べており、「世界の地域や仕組みと無関係なビットコインに世界中の人々がアクセスできるのは素晴らしいことだ」と説明しています。

2020年2月27日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は今月13日に115万円付近まで回復したものの、その後は再び100万円を下回るまで下落しており、2020年2月27日時点では「1BTC=961,266円」で取引されています。

2019年12月29日〜2020年2月27日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年12月29日〜2020年2月27日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bill Harris「ビットコイン(Bitcoin/BTC)には価値がない」

Bill Harris「ビットコイン(Bitcoin/BTC)には価値がない」

Bakkt:ビットコインの「現金決済先物」と「オプション取引」を正式リリース

Bakkt:ビットコインの「現金決済先物」と「オプション取引」を正式リリース

仮想通貨取引所FCoinに「出口詐欺」疑惑|顧客のビットコイン持ち逃げか

仮想通貨取引所FCoinに「出口詐欺」疑惑|顧客のビットコイン持ち逃げか

仮想通貨ペトロ(PTR)は違法である|ベネズエラ国会

仮想通貨ペトロ(PTR)は違法である|ベネズエラ国会

仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt」始動|インターコンチネンタル取引所が発表

仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt」始動|インターコンチネンタル取引所が発表

ビットコインの希少価値、今後更に高まる「0.28BTC」を持てるのは世界でたった1%

ビットコインの希少価値、今後更に高まる「0.28BTC」を持てるのは世界でたった1%

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨BATが「ギフトカード」と交換可能に|次世代ブラウザBraveが新サービス

仮想通貨BATが「ギフトカード」と交換可能に|次世代ブラウザBraveが新サービス

YOROIウォレットでの「Cardanoステーキング参加方法」EMURGOが解説動画を公開

YOROIウォレットでの「Cardanoステーキング参加方法」EMURGOが解説動画を公開

コインチェック:仮想通貨の「毎日つみたてプラン」提供開始

コインチェック:仮想通貨の「毎日つみたてプラン」提供開始

Huobi Japan:仮想通貨「レバレッジ取引サービス」提供へ

Huobi Japan:仮想通貨「レバレッジ取引サービス」提供へ

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月8日〜14日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月8日〜14日

仮想通貨リンク(LINK/LN)とは?基本情報・特徴・対応取引所などを解説

仮想通貨リンク(LINK/LN)とは?基本情報・特徴・対応取引所などを解説

参加メンバー50社以上「Celo Alliance for Prosperity」発足|Libraのライバルとなるか

参加メンバー50社以上「Celo Alliance for Prosperity」発足|Libraのライバルとなるか

eスポーツ専用VR施設「V-RAGE」公開へ|バーチャル空間で試合観戦が可能に

eスポーツ専用VR施設「V-RAGE」公開へ|バーチャル空間で試合観戦が可能に

Google Payが「コインベースカード」に対応|仮想通貨決済が利用可能に

Google Payが「コインベースカード」に対応|仮想通貨決済が利用可能に

ブロックチェーン基盤の「仮想発電所」展開へ:蓄電池メーカー大手sonnen

ブロックチェーン基盤の「仮想発電所」展開へ:蓄電池メーカー大手sonnen

投資家は未だ「強気姿勢」ビットコイン=60万円は価格モデルの範囲内

投資家は未だ「強気姿勢」ビットコイン=60万円は価格モデルの範囲内

仮想通貨、決済手段としての使用率は「1%未満」オーストラリア中央銀行が報告

仮想通貨、決済手段としての使用率は「1%未満」オーストラリア中央銀行が報告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

人気のタグから探す