デジタル人民元「中国・蘇州市」でもテスト実施へ|オフライン決済なども試運用

by BITTIMES

中国の蘇州市で中央銀行デジタル通貨(CBDC)「デジタル人民元」のテストが開始されることが複数の報道で明らかになりました。蘇州市で実施されるテストでは、これまでのテストでは実施されなかった「オフライン決済」や「Touch to Pay」の機能もテストされる予定だと伝えられています。

こちらから読む:Ripple社、CBDC関連プロジェクトで求人募集「CBDC」関連ニュース

深セン市に続き「蘇州市」でもテスト実施へ

中国では同国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)にあたる「デジタル人民元」の開発・テストが進められており、今年10月には深セン市で「赤い封筒」と呼ばれる抽選に応募した約5万人に1,000万デジタル人民元(約1.5億円相当)が配布されたことなども報告されていましたが、今回の報道では新たに蘇州市でデジタル人民元のテストが実施されることが明らかになりました。

蘇州市で行われるテストは2020年12月12日に開始される予定となっており、このテストでも「デジタル人民元の無料配布」が行われると伝えられています。なお、すでに蘇州市のほとんどの商業関係者は「デジタル人民元」による支払いを処理するために必要となるQRコード付きアプリを導入したとも報じられています。

蘇州市は深セン市に続いて12月12日(11月11日のような買い物の日)にデジタル人民元の「赤い封筒」のテストを開始します。多くの加盟店がNFC QRコードアプリをインストールしています。オフライン決済や「Touch to Pay」の機能が利用できるようになったそうです。

「オフライン決済・Touch to Pay機能」もテスト

中国の仮想通貨メディア「8BTCnews」が報告しているように、蘇州市で実施されるテストでは深セン市では実施されなかった「オフライン決済」や「Touch to Pay」の機能もテストされる予定だと伝えられています。

オフライン決済機能は"デジタル人民元の大きな特徴の1つ"とされており、すでに広く普及している「AliPay(アリペイ)」や「WeChat Pay(ウィーチャットペイ)」との差別化を図る上でも重要な機能となると報じられています。

深セン市で配布されたデジタル人民元は95%が実際に使用されたと報告されていたため、蘇州市で実施されるテストでも多くのデジタル人民元が使用され、実用化に向けた研究・開発がさらに加速することになると予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

IBM「RippleNet・XRPの活用」検討中か?概念実証(PoC)進行中の可能性

IBM「RippleNet・XRPの活用」検討中か?概念実証(PoC)進行中の可能性

スティーブ・ウォズニアック:ブロックチェーン基盤の省エネ会社「Efforce」を共同設立

スティーブ・ウォズニアック:ブロックチェーン基盤の省エネ会社「Efforce」を共同設立

仮想通貨取引所「Gate US」米国で暗号資産取引のライセンス取得

仮想通貨取引所「Gate US」米国で暗号資産取引のライセンス取得

現代自動車:NFTコンセプト「Metamobility universe」発表|Meta Kongzともコラボ

現代自動車:NFTコンセプト「Metamobility universe」発表|Meta Kongzともコラボ

ブロックチェーンで「クリスマスチキン」に安心と信頼を|食品大手Cargill

ブロックチェーンで「クリスマスチキン」に安心と信頼を|食品大手Cargill

UAEの不動産開発大手「MAG」仮想通貨用いた不動産取引を推進

UAEの不動産開発大手「MAG」仮想通貨用いた不動産取引を推進

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

Trust Wallet「iOS・iMessageの脆弱性」について警告|仮想通貨保有者も標的になる可能性

Trust Wallet「iOS・iMessageの脆弱性」について警告|仮想通貨保有者も標的になる可能性

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

ビットコイン半減期まで「残り24時間」世界中で関心増加・巨大広告の報告も

ビットコイン半減期まで「残り24時間」世界中で関心増加・巨大広告の報告も

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す