中国・深セン政府:デジタル人民元「1.5億円相当」を一般市民に配布

by BITTIMES

中国・深セン市の政府が、同国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)である「デジタル人民元」のテストの一環として、合計1,000万元(約1.57億円)相当のデジタル人民元を一般市民に抽選で配布することが複数メディアの報道で明らかになりました。この抽選では、200元(約3,150円)相当のデジタル人民元が合計5万人に配布されることになっており、配布されたデジタル通貨は3,389店舗で使用することができると伝えられています。

こちらから読む:韓国中銀、CBDC発行テスト"2021年"にも開始「CBDC」関連ニュース

デジタル人民元の一般利用をテスト

中国南東に位置し、中国の本土と香港を結ぶ近代的な都市「深セン」の政府は、同国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)にあたる「デジタル人民元(Digital Currency Electronic Payment/DCEP)」のテストの一環として、合計1,000万元(約1.57億円)相当のデジタル人民元を一般市民に抽選で配布することを予定しています。

この配布プログラムでは1人あたり200元(約3,150円)相当のデジタル人民元が合計5万人に配布されることになっており、受け取ったデジタル人民元は2020年10月12日〜18日の期間に深セン市羅湖区にある合計3,389の指定店舗で支払いに使用することができるとされています。

配布プログラムへの参加を希望する市民は、深セン政府が運営しているブロックチェーンアプリ「iShenzhen」を通じて抽選に参加することができ、当選者は「デジタル人民元アプリ」からデジタルウォレットを作成してデジタル人民元を受け取れることになっています。

この配布プログラムはデジタル人民元をテストして、消費を促進することなどを目的としているため、配布されたデジタル人民元を個人や他人の銀行口座に移動したりすることはできないことになっているものの、これによってデジタル人民元の実用化に向けた研究がさらに進むことになると予想されます。

中国ではすでに複数の地域で「デジタル人民元のテスト」が実施されており、今月5日に中国人民銀行が発表した内容では『2020年4月〜8月下旬までの間に合計11億元(約173億円)相当、300万件以上のCBDC取引が行われた』ということが報告されています。

中央銀行デジタル通貨(CBDC)の研究開発では現時点で中国が世界をリードしているため、日本を含めたその他の国の政府関係者などからは「CBDC開発で中国に遅れをとること」に対する懸念の声が多数出ています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Socios.com:NBAチーム「ゴールデンステート・ウォリアーズ」と提携

Socios.com:NBAチーム「ゴールデンステート・ウォリアーズ」と提携

Cardano:テストネット用「報酬ウォレット」公開【ステーキングの委任・参加方法】

Cardano:テストネット用「報酬ウォレット」公開【ステーキングの委任・参加方法】

【Cardano/ADA】2020年内に「スマートコントラクト・ネイティブアセット」が登場

【Cardano/ADA】2020年内に「スマートコントラクト・ネイティブアセット」が登場

Bybit「韓国向け一部サービスの終了」を発表|現地の規制強化に対応

Bybit「韓国向け一部サービスの終了」を発表|現地の規制強化に対応

Coinbase Pro:Libraのライバル「CELO」取扱いへ|上場発表で価格は約2倍に

Coinbase Pro:Libraのライバル「CELO」取扱いへ|上場発表で価格は約2倍に

オーストリアの銀行「暗号資産投資サービス」の提供を計画|Bitpandaと提携

オーストリアの銀行「暗号資産投資サービス」の提供を計画|Bitpandaと提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

OKCoinJapan「MKR・APE」取扱いへ|お得なキャンペーンも開催中

OKCoinJapan「MKR・APE」取扱いへ|お得なキャンペーンも開催中

ビットポイント「ポルカドットの入金・ステーキング」が可能に|記念キャンペーンも開催

ビットポイント「ポルカドットの入金・ステーキング」が可能に|記念キャンペーンも開催

OKCoinJapan:イーサリアム(ETH)の入出庫で「Optimism」対応へ

OKCoinJapan:イーサリアム(ETH)の入出庫で「Optimism」対応へ

Bitget Wallet「BWBトークンのエアドロップキャンペーン」開始|第2四半期にはIEOも予定

Bitget Wallet「BWBトークンのエアドロップキャンペーン」開始|第2四半期にはIEOも予定

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

ミームネーターの調達額が700万ドルを突破、プレセールが最終段階に近づく

ミームネーターの調達額が700万ドルを突破、プレセールが最終段階に近づく

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

「テスラは将来ドージコイン決済を可能にする」イーロン・マスク氏の発言でDOGE価格急騰

「テスラは将来ドージコイン決済を可能にする」イーロン・マスク氏の発言でDOGE価格急騰

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す