Apple共同創設者の仮想通貨「WOZXトークン」2つの取引所に上場【Efforce】

by BITTIMES

Apple(アップル)の共同創設者Steve Wozniak(スティーブ・ウォズニアック)氏が参加しているブロックチェーン基盤の省エネ会社「Efforce(エフォース)」は2020年12月2日に、エネルギー効率の高いプロジェクトに資金を提供してユーザーにインセンティブを付与するための仮想通貨「WOZX Token(WOZXトークン)」が2つの暗号資産取引所に上場することを発表しました。

こちらから読む:フィスココイン、暗号資産交換所"Hotbit"上場へ「暗号資産」関連ニュース

WOZXトークンが「HBTC・Bithumb Global」に上場

Efforce(エフォース)はエネルギーを節約することに貢献した人々が利益を得ることができる機会を提供しているマルタ共和国のブロックチェーンスタートアップであり、Apple(アップル)の共同創設者Steve Wozniak(スティーブ・ウォズニアック)氏が"共同設立者"として参加していることでも知られています。

Steve Wozniak(スティーブ・ウォズニアック)氏が参加している「Efforce」は以前から注目を集めていましたが、今回の発表では新たにエネルギー効率の高いプロジェクトに資金を提供してユーザーにインセンティブを付与するための仮想通貨「WOZX Token(WOZXトークン)」が2つの暗号資産取引所に上場することが報告されています。

WOZX Token(WOZXトークン)の名称はスティーブ・ウォズニアック氏の名前にちなんでつけられており、2020年12月3日には「HBTC」に上場、今週は「Bithumb Global」に上場する予定だと報告されています。

エネルギー効率プロジェクトへの資金提供を支援

Efforce(エフォース)が提供するサービスでは、エネルギーサービス会社がエネルギー効率を高めるプロジェクトを「Efforce」に登録することができるようになっており、Efforceはブロックチェーンに接続されたスマートメーターを使用してそれらのプロジェクトのエネルギー節約率を測定、節約されたエネルギーに基づいたインセンティブがトークンを介して貢献者に還元される仕組みになっていると伝えられています。

ウォズニアック氏は「Efforce」のプロジェクトについて『私たちは誰もが参加してグローバルなエネルギー効率プロジェクトから経済的利益を得て、有意義な環境変化を生み出すことができる初の分散型プラットフォームとなるようにEfforceを作成しました』と説明しています。

Efforceの「WOZXトークン」はすでに海外の様々なメディアで報じられていますが、同社は今年10月に「Uniswap(ユニスワップ)」で"偽物のWOZXトークン"がリストされていたことで注意喚起を行なっているため、そのような"偽トークン"には注意する必要があります。

著名人が関わっている仮想通貨プロジェクトは世界的に大きな注目を集める傾向にありますが、それと同時にプロジェクトに便乗した詐欺行為が増える傾向もあるため、それらのトークンを購入する場合には事前にしっかりと情報を調べておくことが重要です。

「Efforce」や「WOZX Token」の詳細は以下の公式サイトで確認することができます。
>>「Efforce」の公式発表はこちら
>>「Efforce」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Adam byGMO「初のお笑い芸人NFTトレーディングカード」販売へ

Adam byGMO「初のお笑い芸人NFTトレーディングカード」販売へ

ビットコイン価格「1億円到達」の可能性も|Willy Woo氏が語る今後注目すべき抵抗線

ビットコイン価格「1億円到達」の可能性も|Willy Woo氏が語る今後注目すべき抵抗線

暗号資産ATM「違法行為目的」で使用されている可能性|資金洗浄などに悪用か

暗号資産ATM「違法行為目的」で使用されている可能性|資金洗浄などに悪用か

ディーカレットのスマホで本人確認(eKYC)「5種類の本人確認書類」が利用可能に

ディーカレットのスマホで本人確認(eKYC)「5種類の本人確認書類」が利用可能に

Liquid Global:日本円ステーブルコイン「GYEN」取り扱いへ【世界初】

Liquid Global:日本円ステーブルコイン「GYEN」取り扱いへ【世界初】

タイは仮想通貨とICOに関する規制の強化を検討

タイは仮想通貨とICOに関する規制の強化を検討

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン「高値でも永遠に買い続ける」マイクロストラテジー創業者

ビットコイン「高値でも永遠に買い続ける」マイクロストラテジー創業者

SHIBで新たなNFTコレクションが登場?「SHEBOSHI」の公式Xアカウント公開

SHIBで新たなNFTコレクションが登場?「SHEBOSHI」の公式Xアカウント公開

コインチェック「サーキットブレーカー・板寄せ機能」導入へ|板寄せ手数料も設定

コインチェック「サーキットブレーカー・板寄せ機能」導入へ|板寄せ手数料も設定

Coincheck INO「ディライズラストメモリーズ」のドールNFT販売へ

Coincheck INO「ディライズラストメモリーズ」のドールNFT販売へ

金融庁「暗号資産の税制改正」に関する意見募集開始

金融庁「暗号資産の税制改正」に関する意見募集開始

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

XRP Ledger活用したスマートコントラクト展開が「スマホアプリ」で学べる?RippleとEasyAが提携

XRP Ledger活用したスマートコントラクト展開が「スマホアプリ」で学べる?RippleとEasyAが提携

タカラトミーの鉄道玩具「プラレール」初のNFT販売開始|JR九州NFTとコラボ

タカラトミーの鉄道玩具「プラレール」初のNFT販売開始|JR九州NFTとコラボ

BTC・ETH・ADAがリード|暗号資産投資商品に「11億ドル」の流入

BTC・ETH・ADAがリード|暗号資産投資商品に「11億ドル」の流入

現物ビットコインETFが「歴史上No.1」に|1ヶ月間の資金流入額で記録更新

現物ビットコインETFが「歴史上No.1」に|1ヶ月間の資金流入額で記録更新

Grayscaleの現物ビットコインETF「GBTC」流出額が過去最低水準に

Grayscaleの現物ビットコインETF「GBTC」流出額が過去最低水準に

ソラナ価格の下落によりボンクの価格が急降下する中、ミームネーターはプレセールで最高値を更新

ソラナ価格の下落によりボンクの価格が急降下する中、ミームネーターはプレセールで最高値を更新

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す