Apple共同創設者の仮想通貨「WOZXトークン」2つの取引所に上場【Efforce】

by BITTIMES

Apple(アップル)の共同創設者Steve Wozniak(スティーブ・ウォズニアック)氏が参加しているブロックチェーン基盤の省エネ会社「Efforce(エフォース)」は2020年12月2日に、エネルギー効率の高いプロジェクトに資金を提供してユーザーにインセンティブを付与するための仮想通貨「WOZX Token(WOZXトークン)」が2つの暗号資産取引所に上場することを発表しました。

こちらから読む:フィスココイン、暗号資産交換所"Hotbit"上場へ「暗号資産」関連ニュース

WOZXトークンが「HBTC・Bithumb Global」に上場

Efforce(エフォース)はエネルギーを節約することに貢献した人々が利益を得ることができる機会を提供しているマルタ共和国のブロックチェーンスタートアップであり、Apple(アップル)の共同創設者Steve Wozniak(スティーブ・ウォズニアック)氏が"共同設立者"として参加していることでも知られています。

Steve Wozniak(スティーブ・ウォズニアック)氏が参加している「Efforce」は以前から注目を集めていましたが、今回の発表では新たにエネルギー効率の高いプロジェクトに資金を提供してユーザーにインセンティブを付与するための仮想通貨「WOZX Token(WOZXトークン)」が2つの暗号資産取引所に上場することが報告されています。

WOZX Token(WOZXトークン)の名称はスティーブ・ウォズニアック氏の名前にちなんでつけられており、2020年12月3日には「HBTC」に上場、今週は「Bithumb Global」に上場する予定だと報告されています。

エネルギー効率プロジェクトへの資金提供を支援

Efforce(エフォース)が提供するサービスでは、エネルギーサービス会社がエネルギー効率を高めるプロジェクトを「Efforce」に登録することができるようになっており、Efforceはブロックチェーンに接続されたスマートメーターを使用してそれらのプロジェクトのエネルギー節約率を測定、節約されたエネルギーに基づいたインセンティブがトークンを介して貢献者に還元される仕組みになっていると伝えられています。

ウォズニアック氏は「Efforce」のプロジェクトについて『私たちは誰もが参加してグローバルなエネルギー効率プロジェクトから経済的利益を得て、有意義な環境変化を生み出すことができる初の分散型プラットフォームとなるようにEfforceを作成しました』と説明しています。

Efforceの「WOZXトークン」はすでに海外の様々なメディアで報じられていますが、同社は今年10月に「Uniswap(ユニスワップ)」で"偽物のWOZXトークン"がリストされていたことで注意喚起を行なっているため、そのような"偽トークン"には注意する必要があります。

著名人が関わっている仮想通貨プロジェクトは世界的に大きな注目を集める傾向にありますが、それと同時にプロジェクトに便乗した詐欺行為が増える傾向もあるため、それらのトークンを購入する場合には事前にしっかりと情報を調べておくことが重要です。

「Efforce」や「WOZX Token」の詳細は以下の公式サイトで確認することができます。
>>「Efforce」の公式発表はこちら
>>「Efforce」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ディーカレット「クアンタム(QTUM)」取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

ディーカレット「クアンタム(QTUM)」取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

カルダノ財団:仮想通貨業界の規制ガイドライン策定団体「GDF」に参加

カルダノ財団:仮想通貨業界の規制ガイドライン策定団体「GDF」に参加

バンダイナムコ研究所:ゲーム特化ブロックチェーン「Oasys」に初期バリデータとして参加

バンダイナムコ研究所:ゲーム特化ブロックチェーン「Oasys」に初期バリデータとして参加

Huobi Japan:最大3,000円相当のHTがもらえる「8周年記念キャンペーン」開始

Huobi Japan:最大3,000円相当のHTがもらえる「8周年記念キャンペーン」開始

仮想通貨決済のための多機能なオプションを提供する「B2BinPay」

仮想通貨決済のための多機能なオプションを提供する「B2BinPay」

Cardano Shellyテストネット:ステークプール登録数、わずか2日で「100」を突破

Cardano Shellyテストネット:ステークプール登録数、わずか2日で「100」を突破

注目度の高い仮想通貨ニュース

FUELHASH「100%水力発電のBTCマイニングファーム」カナダで運用開始

FUELHASH「100%水力発電のBTCマイニングファーム」カナダで運用開始

ビットバンク:アスター(Astar/ASTR)取扱開始|取引手数料無料キャンペーンも

ビットバンク:アスター(Astar/ASTR)取扱開始|取引手数料無料キャンペーンも

BINANCE:Terra Classic(LUNC)の「1.2% Tax Burn」対応方針を発表

BINANCE:Terra Classic(LUNC)の「1.2% Tax Burn」対応方針を発表

Terra(LUNA)共同創設者「逃亡などしていない」と主張

Terra(LUNA)共同創設者「逃亡などしていない」と主張

Sorare:NBAと提携して「NFT活用ファンタジーバスケゲーム」提供へ

Sorare:NBAと提携して「NFT活用ファンタジーバスケゲーム」提供へ

モスバーガー:メタバース上の月面空間に「初の仮想店舗」展開へ|9月14日オープン

モスバーガー:メタバース上の月面空間に「初の仮想店舗」展開へ|9月14日オープン

インフラ保全への貢献で報酬付与「TEKKON」iOS版アプリ公開

インフラ保全への貢献で報酬付与「TEKKON」iOS版アプリ公開

Rakuten NFT:自治体・関係団体のNFTコンテンツ販売「ご当地NFT」提供開始

Rakuten NFT:自治体・関係団体のNFTコンテンツ販売「ご当地NFT」提供開始

DMMメタバースプロジェクト「Mid Mega City」始動|Unreal Engine 5で開発

DMMメタバースプロジェクト「Mid Mega City」始動|Unreal Engine 5で開発

ドバイの高級ホテル「Palazzo Versace Dubai」仮想通貨決済に対応

ドバイの高級ホテル「Palazzo Versace Dubai」仮想通貨決済に対応

前澤友作氏のMZDAO「クレカなし初期メンバー募集」開始|目標は年間利益100億円以上

前澤友作氏のMZDAO「クレカなし初期メンバー募集」開始|目標は年間利益100億円以上

ビットバンク「Astarエコシステムの発展支援に向けた取組み」の協議開始

ビットバンク「Astarエコシステムの発展支援に向けた取組み」の協議開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す