Ripple社:XRPの有価証券問題で「新たな集団訴訟」に直面

by BITTIMES

米国証券取引委員会(SEC)から『未登録の有価証券(XRP)を販売した』として提訴されているRipple(リップル)社が、アメリカ・フロリダ州で新たな集団訴訟に直面していることが明らかになりました。

こちらから読む:bitFlyer、預かり資産"過去最高値"を更新「暗号資産」関連ニュース

Ripple社や子会社に対して集団訴訟

Ripple(リップル)社は2020年12月に米国証券取引委員会(SEC)から『未登録の有価証券(XRP)を販売した』として提訴されていましたが、2021年1月25日にはアメリカ・フロリダ州のミドルディストリック連邦裁判所に新たな訴訟の書類が提出されました。

今回の訴訟はフロリダ州に住むTyler Toomey氏が「Ripple Labs」と同社のCEOである「Brad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏」さらにマネーサービス事業者として登録されているRipple社の子会社「XRP II, LLC」に対して行なったものであり、原告側以下のように主張してXRPの損失に対する賠償を求めています。

  • 被告はフロリダ州法に基づく有価証券であるXRPを、連邦当局やフロリダ当局への登録を行わずに数百万ドル相当以上販売した
  • 被告はフロリダ州の投資家にXRPの販売に関する重要な情報を提供しなかった
  • 被告はXRPが連邦法・フロリダ州法の下で"投資契約"と見なされる可能性があることを2012年の早い段階から知っていたにも関わらず、2013年に未登録かつ違法にXRPの販売を開始した。
  • 被告は実際にはXRPが証券であるにも関わらず『XRPは証券ではない』と肯定的に表明した

原告であるTyler Toomey氏は2020年11月24日頃に「135XRP」を97.80ドル(約9,780円)で購入した後に、2020年12月7日と28日の2回分けてそれらXRPを20ドル(約2,000円)と28.56ドル(約2,856円)で売却したため、合計で50%強(48.56ドル)の損失を被ったと報告されています。

Tyler Toomey氏の損失額は比較的少額であるものの、今回の訴訟は「集団訴訟」の形式で提出されているため、今後同様の立場にあるXRP投資家がこの訴訟に参加することになれば、損失額はさらに大きくなる可能性があると予想されています。

リップル社に対する米SECの訴訟に関しては、XRP擁護派から米国政府に「リップル訴訟の停止」を求める署名活動なども行われていましたが、この署名活動が行われていた「WE the PEOPLE」のページはすでに削除されており、現在はバイデン政権のホワイトハウス公式サイトへとリダイレクトされるようになっています。

>>「Ripple社に対する訴訟の内容」はこちら

2021年1月28日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は今月7日に36円付近まで回復したものの、その後は再び下落しており、2021年1月28日時点では「1XRP=27.08円」で取引されています。

2020年12月29日〜2021年1月28日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2020年12月29日〜2021年1月28日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンとは?仕組みをわかりやすく解説【図解あり】

ブロックチェーンとは?仕組みをわかりやすく解説【図解あり】

BINANCE:仮想通貨販売所で「8種類の法定通貨」に新規対応

BINANCE:仮想通貨販売所で「8種類の法定通貨」に新規対応

暗号資産取引所FTX「日本居住者の新規登録禁止」を正式発表

暗号資産取引所FTX「日本居住者の新規登録禁止」を正式発表

Theta Labs「メインネット3.0の公開延期」を発表|THETA価格は1,200円付近まで下落

Theta Labs「メインネット3.0の公開延期」を発表|THETA価格は1,200円付近まで下落

欧州で「機関投資家向け暗号資産取引サービス」提供へ:スタンダード・チャータード銀行

欧州で「機関投資家向け暗号資産取引サービス」提供へ:スタンダード・チャータード銀行

「Picassoアート」をブロックチェーンでトークン化|ジョン・マカフィー氏も協力

「Picassoアート」をブロックチェーンでトークン化|ジョン・マカフィー氏も協力

注目度の高い仮想通貨ニュース

Moonstakeウォレット「トロン(Tron/TRX)のステーキング」に対応

Moonstakeウォレット「トロン(Tron/TRX)のステーキング」に対応

COTI:カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」発行へ

COTI:カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」発行へ

中国マクドナルド:新本社ビルオープン記念NFT「Big Mac Rubik's Cube」を発行

中国マクドナルド:新本社ビルオープン記念NFT「Big Mac Rubik's Cube」を発行

ビットメイン「中国本土へのマイニングマシン出荷停止」を発表

ビットメイン「中国本土へのマイニングマシン出荷停止」を発表

Chiliz&Socios:NBA所属のプロバスケチーム「Charlotte Hornets」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属のプロバスケチーム「Charlotte Hornets」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Brooklyn Nets(ブルックリン・ネッツ)」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Brooklyn Nets(ブルックリン・ネッツ)」と提携

米決済アプリStrike「給与をビットコインに即時変換できる新機能」追加

米決済アプリStrike「給与をビットコインに即時変換できる新機能」追加

暗号資産取引所の名前を利用した「詐欺・偽サイト」に要注意|国内2社が注意喚起

暗号資産取引所の名前を利用した「詐欺・偽サイト」に要注意|国内2社が注意喚起

サザビーズ:独自のNFTプラットフォーム「Sotheby’s Metaverse」公開

サザビーズ:独自のNFTプラットフォーム「Sotheby’s Metaverse」公開

Chiliz Exchange:Dinamo Zagrebの「$DZGファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Dinamo Zagrebの「$DZGファントークン」本日取引開始

銀行の暗号資産取扱いに関する「明確な規制」を準備:米連邦預金保険公社(FDIC)会長

銀行の暗号資産取扱いに関する「明確な規制」を準備:米連邦預金保険公社(FDIC)会長

エルサルバドル政府「ビットコイン」を追加購入|過去最多の420BTC

エルサルバドル政府「ビットコイン」を追加購入|過去最多の420BTC

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す