XRP投資家:米地裁に「リップル訴訟の内容修正」求める|今のXRPは証券ではないと主張

by BITTIMES

米国証券取引委員会(SEC)がRipple(リップル)社らを提訴したことに関連して、仮想通貨XRPに投資している複数の投資家がアメリカ・ロードアイランド州裁判所に職務執行令状を提出し、『現在のXRPは有価証券ではないため、訴訟対象から除外するように』と求めていることが明らかになりました。

こちらから読む:ステラ開発財団、ウクライナ政府と協力「暗号資産」関連ニュース

「現在のXRPは証券ではない」と主張

米国証券取引委員会(SEC)がRipple社らを提訴したことに関連して、仮想通貨XRPに投資している複数の個人投資家グループが、アメリカ・ロードアイランド州裁判所に職務執行令状を提出したことが明らかになりました。

SECは『Ripple社は2013年から7年間に渡って未登録の有価証券(XRP)を販売し続け、1,300億円を超える資金を調達した』と主張していましたが、今回請願書を提出した投資家グループは『2013年頃のXRPに関しては不明だが、現在のXRPは有価証券ではないため、現在のXRPは訴訟対象から除外すべきだ』と主張しています。

現在のXRPが有価証券に該当しない理由としては「Ripple社や同社幹部らとは関係なくXRPの取引が行われていること」や「現在のXRPが多くの第三者企業によって"通貨"として使用されていること」などが挙げられており、これまでにも複数の方面から指摘されていた「金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)がすでにXRPを仮想通貨とみなしていること」や「日本などの国でXRPが"証券ではない"と判断されていること」なども説明されています。

投資家グループはこのようなことを理由として、現在SECで委員長代理を務めているElad Roisman(エラド・ロイスマン)氏に対して「前委員長であるJay Clayton(ジェイ・クレイトン)氏に訴訟内容を修正すること」を求めており、Ripple社に対するSECの訴訟が"投資家保護"という観点から法律違反であることも指摘されています。

米国証券取引委員会は、投資家を保護して投資家が十分な情報に基づいた意思決定を行うための情報を共有しなかった一方で、XRPを購入・交換・受領・取得した無実の投資家に、故意かつ意図的に数十億ドルの損失をもたらしました。

Ripple社に対する訴訟の審理前会議は2021年2月22日に開催される予定となっていますが、現在はこれに関連する新たな訴訟も起きており、先日は暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」のユーザーがコインベースに対して『コインベースは仮想通貨XRPが有価証券に該当すると知りながらXRPを販売し、手数料で利益を得ていた』と主張する訴訟を起こしたことなども報告されています。

また、国民が米国政府に請願を行うためのウェブサイト「WE the PEOPLE」では『私たち国民は米国政府に"仮想通貨XRPは通貨である"と認めることを求めている』というタイトルの請願書も提出されており、記事執筆時点では30,000以上の署名が集まっています。

>>「提出された請願書の内容」はこちら

2021年1月5日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は先月末に18円台まで急落したものの、その後は横ばいの状態が続いており、2021年1月5日時点では「1XRP=23.61円」で取引されています。

2020年12月6日〜2021年1月5日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2020年12月6日〜2021年1月5日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Libraウォレットアプリ「詐欺サイト」に要注意|プレセールなど偽の表記も

Libraウォレットアプリ「詐欺サイト」に要注意|プレセールなど偽の表記も

機関投資家向け暗号資産カストディアン「Zodia」立ち上げ:金融大手Northern Trust

機関投資家向け暗号資産カストディアン「Zodia」立ち上げ:金融大手Northern Trust

LG子会社が独自のブロックチェーン「Monachain(モナチェーン)」を発表

LG子会社が独自のブロックチェーン「Monachain(モナチェーン)」を発表

クジラが保有する仮想通貨「約50億円相当」が流出|個人がハッキング被害に

クジラが保有する仮想通貨「約50億円相当」が流出|個人がハッキング被害に

BINANCE:欧州連合の共通通貨「ユーロ(EUR)」をサポート

BINANCE:欧州連合の共通通貨「ユーロ(EUR)」をサポート

XRP擁護派、米国政府に「リップル訴訟の停止」求める|一般国民の署名活動実施中

XRP擁護派、米国政府に「リップル訴訟の停止」求める|一般国民の署名活動実施中

注目度の高い仮想通貨ニュース

日本暗号資産ビジネス協会「地方自治体・研究教育機関・公的機関向けの会員種別」を新設

日本暗号資産ビジネス協会「地方自治体・研究教育機関・公的機関向けの会員種別」を新設

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型IDネットワーク「ION」を正式稼働

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型IDネットワーク「ION」を正式稼働

タイ銀行:一般消費者向け中央銀行デジタル通貨のテスト「2022年開始」を予定

タイ銀行:一般消費者向け中央銀行デジタル通貨のテスト「2022年開始」を予定

コインチェック「オーエムジー(OMG Network/OMG)」取扱い開始

コインチェック「オーエムジー(OMG Network/OMG)」取扱い開始

Theta Labs「メインネット3.0の公開延期」を発表|THETA価格は1,200円付近まで下落

Theta Labs「メインネット3.0の公開延期」を発表|THETA価格は1,200円付近まで下落

FiNANCiE「NFTのオンチェーン対応+クリエイター支援サービス開始」を発表

FiNANCiE「NFTのオンチェーン対応+クリエイター支援サービス開始」を発表

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

Symbol(XYM)の価格情報・チャート「CoinMarketCap・CoinGecko」で確認可能に

Symbol(XYM)の価格情報・チャート「CoinMarketCap・CoinGecko」で確認可能に

Ripple社:東南アジアで事業拡大へ|国際送金企業「Tranglo社」の株式40%を取得

Ripple社:東南アジアで事業拡大へ|国際送金企業「Tranglo社」の株式40%を取得

MicroStrategy:取締役の役員報酬「ビットコイン」で支払いへ|米上場企業で初

MicroStrategy:取締役の役員報酬「ビットコイン」で支払いへ|米上場企業で初

三井住友信託銀行「国内初のデジタル証券」月内発行の可能性=日経報道

三井住友信託銀行「国内初のデジタル証券」月内発行の可能性=日経報道

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す