XRP投資家:米地裁に「リップル訴訟の内容修正」求める|今のXRPは証券ではないと主張

by BITTIMES

米国証券取引委員会(SEC)がRipple(リップル)社らを提訴したことに関連して、仮想通貨XRPに投資している複数の投資家がアメリカ・ロードアイランド州裁判所に職務執行令状を提出し、『現在のXRPは有価証券ではないため、訴訟対象から除外するように』と求めていることが明らかになりました。

こちらから読む:ステラ開発財団、ウクライナ政府と協力「暗号資産」関連ニュース

「現在のXRPは証券ではない」と主張

米国証券取引委員会(SEC)がRipple社らを提訴したことに関連して、仮想通貨XRPに投資している複数の個人投資家グループが、アメリカ・ロードアイランド州裁判所に職務執行令状を提出したことが明らかになりました。

SECは『Ripple社は2013年から7年間に渡って未登録の有価証券(XRP)を販売し続け、1,300億円を超える資金を調達した』と主張していましたが、今回請願書を提出した投資家グループは『2013年頃のXRPに関しては不明だが、現在のXRPは有価証券ではないため、現在のXRPは訴訟対象から除外すべきだ』と主張しています。

現在のXRPが有価証券に該当しない理由としては「Ripple社や同社幹部らとは関係なくXRPの取引が行われていること」や「現在のXRPが多くの第三者企業によって"通貨"として使用されていること」などが挙げられており、これまでにも複数の方面から指摘されていた「金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)がすでにXRPを仮想通貨とみなしていること」や「日本などの国でXRPが"証券ではない"と判断されていること」なども説明されています。

投資家グループはこのようなことを理由として、現在SECで委員長代理を務めているElad Roisman(エラド・ロイスマン)氏に対して「前委員長であるJay Clayton(ジェイ・クレイトン)氏に訴訟内容を修正すること」を求めており、Ripple社に対するSECの訴訟が"投資家保護"という観点から法律違反であることも指摘されています。

米国証券取引委員会は、投資家を保護して投資家が十分な情報に基づいた意思決定を行うための情報を共有しなかった一方で、XRPを購入・交換・受領・取得した無実の投資家に、故意かつ意図的に数十億ドルの損失をもたらしました。

Ripple社に対する訴訟の審理前会議は2021年2月22日に開催される予定となっていますが、現在はこれに関連する新たな訴訟も起きており、先日は暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」のユーザーがコインベースに対して『コインベースは仮想通貨XRPが有価証券に該当すると知りながらXRPを販売し、手数料で利益を得ていた』と主張する訴訟を起こしたことなども報告されています。

また、国民が米国政府に請願を行うためのウェブサイト「WE the PEOPLE」では『私たち国民は米国政府に"仮想通貨XRPは通貨である"と認めることを求めている』というタイトルの請願書も提出されており、記事執筆時点では30,000以上の署名が集まっています。

>>「提出された請願書の内容」はこちら

2021年1月5日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は先月末に18円台まで急落したものの、その後は横ばいの状態が続いており、2021年1月5日時点では「1XRP=23.61円」で取引されています。

2020年12月6日〜2021年1月5日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2020年12月6日〜2021年1月5日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

OKCoinJapan:取引所サービスに「条件付き指値注文・入出金関連API」追加へ

OKCoinJapan:取引所サービスに「条件付き指値注文・入出金関連API」追加へ

ブロックチェーン活用した「住宅ローン」サービス提供へ|Ethereumで家をトークン化

ブロックチェーン活用した「住宅ローン」サービス提供へ|Ethereumで家をトークン化

ブロックチェーン・仮想通貨業界向けの「ライター育成コース」を発表:PoL

ブロックチェーン・仮想通貨業界向けの「ライター育成コース」を発表:PoL

「Satoshi Nakamoto」の正体を追え!ロシアで捜索プロジェクトが発足

「Satoshi Nakamoto」の正体を追え!ロシアで捜索プロジェクトが発足

通信大手Verizon:ブロックチェーン活用した「仮想SIM」の特許を取得

通信大手Verizon:ブロックチェーン活用した「仮想SIM」の特許を取得

SBI VCトレード:限定デザインQuoカードがもらえる「2つのキャンペーン」開催

SBI VCトレード:限定デザインQuoカードがもらえる「2つのキャンペーン」開催

注目度の高い仮想通貨ニュース

Decentraland:ゲーム開発老舗「Atari(アタリ)」と提携か|MANA価格は大幅上昇

Decentraland:ゲーム開発老舗「Atari(アタリ)」と提携か|MANA価格は大幅上昇

ゴールド連動のステーブルコイン「x-Gold」発行開始1ヶ月で発行残高1億円を突破

ゴールド連動のステーブルコイン「x-Gold」発行開始1ヶ月で発行残高1億円を突破

ビットバンク「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計8銘柄に

ビットバンク「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計8銘柄に

資産運用大手Grayscale:XRPを売却し「BTC・ETH・LTC」などに再投資

資産運用大手Grayscale:XRPを売却し「BTC・ETH・LTC」などに再投資

ポルノハブ:DOGE・BNB・USDCなど「3種類の仮想通貨決済」に新規対応

ポルノハブ:DOGE・BNB・USDCなど「3種類の仮想通貨決済」に新規対応

暗号資産取引所FXcoin「システムトレードのシグナル配信サービス」開始

暗号資産取引所FXcoin「システムトレードのシグナル配信サービス」開始

XRP価格上昇「30円台まで回復」下落相場脱出なるか

XRP価格上昇「30円台まで回復」下落相場脱出なるか

JCB×カウリー「トークンと暗号資産・ブロックチェーンの相互接続」に関する実証実験実施

JCB×カウリー「トークンと暗号資産・ブロックチェーンの相互接続」に関する実証実験実施

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所BitMEX:Chainalysisと提携して「不正取引の監視体制」を強化

暗号資産取引所BitMEX:Chainalysisと提携して「不正取引の監視体制」を強化

ブロックチェーンで「運送業者に対する配送前の融資提供」実現へ:日立・みずほなど5社

ブロックチェーンで「運送業者に対する配送前の融資提供」実現へ:日立・みずほなど5社

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す