XRP価格:一時的に「50円台」まで回復|Ripple社は米SECの訴状に対する答弁書を提出

by BITTIMES   

仮想通貨XRP(エックスアールピー)の価格は2021年1月30日〜31日にかけて大幅に上昇し、一時的に「1XRP=50円台」まで回復しました。Ripple(リップル)社は現在『未登録の有価証券(XRP)を販売した』として米国証券取引委員会(SEC)から提訴されていますが、先日29日には米SECの訴状に対する答弁書が提出されています。

こちらから読む:インドで"仮想通貨禁止の可能性"再び「暗号資産」関連ニュース

XRP価格:一時的に「50円台」まで回復

XRP(エックスアールピー)の価格は2020年12月22日に米国証券取引委員会(SEC)がRipple社を提訴したことを受けて一時的に20円以下にまで急落し、その後も20円台での推移を続けていましたが、先日30日の19時頃には長期的な下落トレンドを抜け出し、一時的に「1XRP=50円台」まで回復しました。

50円台まで急騰した後には30分程度で38円付近まで急落したものの、その後は再び上昇を続けており、記事執筆時点では「1XRP=約44円」で推移しています。

2020年11月11日〜2021年1月31日 XRP/JPYの1時間足チャート(画像:bitbank)2020年11月11日〜2021年1月31日 XRP/JPYの1時間足チャート(画像:bitbank)

XRP価格急騰の理由は?

XRP価格急騰の理由としては「長期的な下落トレンドを抜け出したこと」が挙げられていますが、「Ripple社が2021年1月29日に米SECの訴状に対する答弁書を提出したこと」や「高騰したDOGEなどに流れていた資金がXRPに流れたこと」などを理由として挙げる意見も出ています。

Ripple社が提出した答弁書では『XRPは有価証券ではなく、仮想通貨であるため米国証券取引委員会の管轄外である』ということが主張されている他、『XRPの基盤となるXRP Ledgerが完璧に分散化されていること、XRPの機能とBTCETHの機能には原則的に違いがないこと、XRPがマイニングプロセスを回避することによってBTC・ETHよりも環境に優しい仕組みを実現していること』などといった様々なことが説明されています。

さらにRipple社は『米SECがイーサリアムを"証券ではない"と判断した経緯についての詳細情報』なども求めており、XRPが米国以外の国で"証券"と判断されていないことなどを挙げて『米SECは国際的な規制制度とも矛盾している』と指摘されています。

Ripple社に対する訴訟問題の決着がつくまでにはもうしばらく時間がかかると予想されるため、業界では『XRP価格は再び急落する可能性がある』と懸念する声も出ていますが、一部では『XRPの意図的な価格上昇を計画するテレグラムグループに50,000人以上のメンバーが参加している』ということも報告されており、今後の動きには注目が集まっています。

Ripple社が提出した答弁書の要点は以下の「Ripple社公式発表ページ」で確認することができます。
>>「答弁書提出に関するRipple社の発表」はこちら

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Coinbaseがリップルやイオスを選ばなかった理由

Coinbaseがリップルやイオスを選ばなかった理由

ビットコインがナイジェリア経済破綻を救出した?

ビットコインがナイジェリア経済破綻を救出した?

SBI FXトレード「暗号資産CFD取引」提供開始|業界最良水準の注文数量・保有建玉上限

SBI FXトレード「暗号資産CFD取引」提供開始|業界最良水準の注文数量・保有建玉上限

ビットコインの希少価値、今後更に高まる「0.28BTC」を持てるのは世界でたった1%

ビットコインの希少価値、今後更に高まる「0.28BTC」を持てるのは世界でたった1%

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

国内最大級のNFTカンファレンス「Non Fungible Tokyo(TBCC2021)」5月28日開催へ

国内最大級のNFTカンファレンス「Non Fungible Tokyo(TBCC2021)」5月28日開催へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック:取引所で「パレットトークン」取扱い開始|PLT価格は40円台まで高騰

コインチェック:取引所で「パレットトークン」取扱い開始|PLT価格は40円台まで高騰

ディーカレット:オントロジー(ONT)取扱い開始「手数料割引キャンペーン」も開催

ディーカレット:オントロジー(ONT)取扱い開始「手数料割引キャンペーン」も開催

DeFi:5年後にはどうなっているのか

DeFi:5年後にはどうなっているのか

NFTアート×アパレルで「進化する服」を提供|TETRAPOD APPAREL始動

NFTアート×アパレルで「進化する服」を提供|TETRAPOD APPAREL始動

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

シンボル(Symbol/XYM)韓国大手取引所「Bithumb」に上場|価格は一時20円まで急騰

シンボル(Symbol/XYM)韓国大手取引所「Bithumb」に上場|価格は一時20円まで急騰

コインチェック:サッカー選手の公式NFTカードを発行する「Sorare」と連携

コインチェック:サッカー選手の公式NFTカードを発行する「Sorare」と連携

Amazon(アマゾン)2021年内に「仮想通貨決済」対応か?ETH・ADA・BCHなども検討

Amazon(アマゾン)2021年内に「仮想通貨決済」対応か?ETH・ADA・BCHなども検討

英リアルタイム決済処理の「Faster Payments」BINANCEとの契約を終了

英リアルタイム決済処理の「Faster Payments」BINANCEとの契約を終了

暗号資産取引所OKCoin「マルタ・オランダ・プエルトリコ」でもライセンス取得

暗号資産取引所OKCoin「マルタ・オランダ・プエルトリコ」でもライセンス取得

Cardano(ADA)スマートコントラクトの実装「8月下旬〜9月上旬」を予定

Cardano(ADA)スマートコントラクトの実装「8月下旬〜9月上旬」を予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す