ドイツ銀行「暗号資産カストディ・ブローカーサービス提供」の可能性

by BITTIMES   

運用資産額で世界21位に位置付けられるドイツ最大級の大手銀行「ドイツ銀行(Deutsche Bank)」が、暗号資産(仮想通貨)のカストディ・ブローカー事業を扱う『ドイツ銀行デジタル資産カストディ部門』を立ち上げたことが明らかになりました。

「ドイツ銀行デジタル資産カストディ部門」立ち上げ

ドイツ3大商業銀行の1つに数えられる大手銀行「ドイツ銀行(Deutsche Bank)」が、暗号資産(仮想通貨)のカストディ・ブローカー事業を扱う『ドイツ銀行デジタル資産カストディ部門』を立ち上げたことが明らかになりました。

このことは「世界経済フォーラム(WEF)」が公開しているレポートの中に記されており、『資産のトークン化は今後10年間でさらに主流になる可能性があり、それらの資産保護は投資家にとっての最優先事項になると予想されるため、カストディアンはクライアントの需要に応じて適応してそれらの資産をサポートしていく必要がある』との考えが記載されています。

完全なるデジタル資産カストディプラットフォーム提供に向けて

ドイツ銀行デジタル資産カストディ部門の事業目標については『ドイツ銀行はより広範な暗号資産エコシステムへのシームレスな接続を可能にする、機関投資家とデジタル資産のための完全なるカストディプラットフォームの開発を目指している』と説明されており、具体的には以下のような目標が挙げられています。

  • 「顧客向けの従来の銀行サービス」と「デジタル資産」を安全に繋ぐブリッジを導入する
  • 1つの使いやすいプラットフォームでデジタル資産と法定通貨を管理し、カストディアンまたはサードパーティプロバイダーを介して提供される付加価値サービスのゲートウェイを作成する
  • 保険レベルの保護機能を備えた機関レベルの「ホット/コールドストレージソリューション」を提供することによって、顧客資産の安全性とアクセス可能性を確保する

各種サービスは段階的に提供予定

また『デジタル資産カストディプラットフォームは段階的に開始される』とも説明されており、具体的には以下のような形でサービスが提供されると説明されています。

  1. 資産運用会社、ウェルスマネージャー/ファミリーオフィス、企業、デジタルファンドなどの機関投資家に代わって「規制されたデジタル資産の保険付き保管サービス」を提供する
  2. プライムブローカー、発行者、規制された取引所とのパートナーシップを通じて「デジタル資産の売買機能」をクライアントに提供する
  3. 税務処理、評価サービス、ファンド管理、レンディング、ステーキング、ヴォーティングなどの付加価値サービスを提供し、サードパーティプロバイダーのオンボーディングを可能にするオープンバンキングプラットフォームを提供する
  4. トークン発行・取引機能を提供する

2021年には実用最小限の製品をローンチ

これらのサービスは厳格なKYC/AML規制に準じて提供するとされており、規制に準拠した形でサービスを提供しつつ、ユーザーが重要なことに集中できるようにするために、直感的に利用できるサービスを構築すると説明されています。

ドイツ銀行は既に概念実証を完了しているとのことで『2021年には実用最小限の製品をローンチすることを目指している』と説明されているため、今後の新たな発表にも注目です。

>>「世界経済フォーラムの公開書類」はこちら(該当箇所は23ページ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Chiliz:イギリスのeスポーツ団体「Endpoint CeX」と提携|$ENDCEXファントークン発行へ

Chiliz:イギリスのeスポーツ団体「Endpoint CeX」と提携|$ENDCEXファントークン発行へ

LINE:NFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」2022年春に提供へ|日本円決済にも対応

LINE:NFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」2022年春に提供へ|日本円決済にも対応

世界4大会計事務所「KPMGカナダ」ビットコイン・イーサリアムを初購入

世界4大会計事務所「KPMGカナダ」ビットコイン・イーサリアムを初購入

SIX Digital Exchange「デジタル資産の取引所・カストディ運営ライセンス」を取得

SIX Digital Exchange「デジタル資産の取引所・カストディ運営ライセンス」を取得

BINANCE:トロン(Tron/TRX)の「ステーキング」に対応

BINANCE:トロン(Tron/TRX)の「ステーキング」に対応

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

注目度の高い仮想通貨ニュース

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

ビットコインは売り切れ状態?コインチェック「大口OTC取引サービス」を一時停止

ビットコインは売り切れ状態?コインチェック「大口OTC取引サービス」を一時停止

Magic Eden:イーサリアムNFT利用者に「ダイヤモンドリワード」を配布

Magic Eden:イーサリアムNFT利用者に「ダイヤモンドリワード」を配布

仮想通貨ニュース週間まとめ「DOGE・ADA・ETH・SHIB・BTC」などの注目記事をまとめて

仮想通貨ニュース週間まとめ「DOGE・ADA・ETH・SHIB・BTC」などの注目記事をまとめて

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

日本の年金基金:運用資産の多様化に向け「ビットコイン・暗号資産」などの情報提供依頼

日本の年金基金:運用資産の多様化に向け「ビットコイン・暗号資産」などの情報提供依頼

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す