VISA:銀行の暗号資産関連サービス提供を可能にする「Crypto API」提供へ

by BITTIMES

決済大手「VISA(ビザ)」は2021年2月3日に、機関投資家向けのデジタル資産保管サービスを提供している「Anchorage(アンカレッジ)」と連携して『ネオバンク(*1)などの銀行がビットコインなどのデジタル資産関連サービスを提供できるようにするための試験プログラムを2021年後半に開始すること』を発表しました。この試験プログラムの最初のパートナーには、差別を受けている黒人コミュニティのための金融サービスを提供している「First Boulevard(ファースト・ブールバード)」が選ばれています。
(*1)ネオバンク:銀行免許を持たずに、既存の銀行と提携してネット上で金融サービスを提供する企業のこと

こちらから読む:米マイアミ市長、BTC給料支払いなどを検討「暗号資産」関連ニュース

Crypto APIsの試験プログラム「2021年後半」に開始

VISA(ビザ)は2021年2月3日に、ネオバンクなどの銀行・企業がデジタル資産の購入・取引・保管サービスを提供できるようにするためのAPIである「Visa Crypto APIs」の展開に向けて、差別を受けている黒人コミュニティのためのネオバンクである「First Boulevard(ファースト・ブールバード)」と提携したことを発表しました。

「Visa Crypto APIs」は、デジタル資産関連サービスを手軽に提供することができるAPIとなっており、このAPIを利用するクライアントはVisaのパートナーである「Anchorage(アンカレッジ)」が保有するビットコインなどのデジタル資産を簡単に購入・保管・取引できるようになると説明されています。

Visaはこの新事業における最初のパートナーとなる「First Boulevard」との提携を通じて「Visa Crypto APIs」の試験プログラムを2021年後半に開始することを予定しています。

Visaの最高製品責任者であるJack Forestell(ジャック・フォーステル)氏は『この試験プログラムで暗号資産とブロックチェーンネットワークに簡単にアクセスできる仕組みを提供することによって、ネオバンク・金融機関などでVisaの価値を高めていきたいと考えている』と語っています。

最先端技術へのアクセスを平等に提供するために

Visaは今回の発表の中で『Visaは世界的に受け入れられているブランドとして、パートナーシップと市場開拓戦略に多様性と包括性を組み込むことに取り組んでいる』と述べており、『First Boulevardようなパートナーを優先することによって、最先端テクノロジーへのアクセスに関する競争の場を平準化することを目指している』と説明しています。

米国では依然として"黒人差別"の問題が残っているため、一部では『米国では黒人が銀行サービスを十分に受けれていない』との調査結果も出ていますが、「Visa Crypto APIs」を活用すれば差別を受けている黒人コミュニティの人々にデジタル資産へのアクセスを提供することができるようになり、格差是正につながると期待されています。

「First Boulevard」の最高経営責任者であるDonald Hawkins(ドナルド・ホーキンス)氏は『First Boulevardの使命は、アフリカ系アメリカ人が富を築くのを支援することだ』と説明した上で『Visa Crypto APIsを活用して黒人コミュニティに暗号資産へのアクセスを提供するための別の機会を提供できることに興奮している』と語っています。

なお、Visaは『First Boulevardとの提携による試験プログラムの実施』に合わせて『黒人コミュニティの財政的ギャップを埋めるためのパートナーシップ』についても発表を行なっています。

>>「Visa」の公式発表はこちら
>>「Visa Crypto Solutions」の詳細はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:欧州連合の共通通貨「ユーロ(EUR)」をサポート

BINANCE:欧州連合の共通通貨「ユーロ(EUR)」をサポート

ビットコイン先物の公開「非常に近い」Bakkt親会社ICEのCEOが発言

ビットコイン先物の公開「非常に近い」Bakkt親会社ICEのCEOが発言

Cardano財団:ADA建て金融商品展開に向け「GenTwo AG」と協力

Cardano財団:ADA建て金融商品展開に向け「GenTwo AG」と協力

NEMベネズエラチーム:ブロックチェーン学術機関とMoU締結|技術開発を支援

NEMベネズエラチーム:ブロックチェーン学術機関とMoU締結|技術開発を支援

ビットコインは「インターネットのネイティブ通貨」に最適:Twitter CEO

ビットコインは「インターネットのネイティブ通貨」に最適:Twitter CEO

スイス証券取引所が仮想通貨取引所を設立|金融市場の新時代へ

スイス証券取引所が仮想通貨取引所を設立|金融市場の新時代へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

Coinbase(コインベース)「直接上場による株式公開」の計画を発表

Coinbase(コインベース)「直接上場による株式公開」の計画を発表

新作ブロックチェーンゲーム「マイクリプトサーガ」プレミアβサービス提供へ

新作ブロックチェーンゲーム「マイクリプトサーガ」プレミアβサービス提供へ

ビットフライヤー:BTCがもらえる「友だち招待プログラム」提供開始

ビットフライヤー:BTCがもらえる「友だち招待プログラム」提供開始

XRP価格:一時的に「50円台」まで回復|Ripple社は米SECの訴状に対する答弁書を提出

XRP価格:一時的に「50円台」まで回復|Ripple社は米SECの訴状に対する答弁書を提出

JCB×カウリー「トークンと暗号資産・ブロックチェーンの相互接続」に関する実証実験実施

JCB×カウリー「トークンと暗号資産・ブロックチェーンの相互接続」に関する実証実験実施

SBI×三井住友FG:デジタル証券扱う「大阪デジタルエクスチェンジ」設立へ【国内初】

SBI×三井住友FG:デジタル証券扱う「大阪デジタルエクスチェンジ」設立へ【国内初】

イーロン・マスク氏:ドージコイン大量保有者の「売却」望む|DOGE集中化を問題視

イーロン・マスク氏:ドージコイン大量保有者の「売却」望む|DOGE集中化を問題視

マスターカード「2021年内に暗号資産を直接サポートする」と発表

マスターカード「2021年内に暗号資産を直接サポートする」と発表

Chiliz:ポーランドの強豪サッカークラブ「レギア・ワルシャワ」と提携|$LEG発行へ

Chiliz:ポーランドの強豪サッカークラブ「レギア・ワルシャワ」と提携|$LEG発行へ

Uber CEO「ビットコイン投資・仮想通貨決済対応」の可能性について言及

Uber CEO「ビットコイン投資・仮想通貨決済対応」の可能性について言及

ブロックチェーンゲーム「Age of Rust」2021年3月にSteamで配信へ

ブロックチェーンゲーム「Age of Rust」2021年3月にSteamで配信へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年2月14日〜20日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年2月14日〜20日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す