VISA:銀行の暗号資産関連サービス提供を可能にする「Crypto API」提供へ

by BITTIMES

決済大手「VISA(ビザ)」は2021年2月3日に、機関投資家向けのデジタル資産保管サービスを提供している「Anchorage(アンカレッジ)」と連携して『ネオバンク(*1)などの銀行がビットコインなどのデジタル資産関連サービスを提供できるようにするための試験プログラムを2021年後半に開始すること』を発表しました。この試験プログラムの最初のパートナーには、差別を受けている黒人コミュニティのための金融サービスを提供している「First Boulevard(ファースト・ブールバード)」が選ばれています。
(*1)ネオバンク:銀行免許を持たずに、既存の銀行と提携してネット上で金融サービスを提供する企業のこと

こちらから読む:米マイアミ市長、BTC給料支払いなどを検討「暗号資産」関連ニュース

Crypto APIsの試験プログラム「2021年後半」に開始

VISA(ビザ)は2021年2月3日に、ネオバンクなどの銀行・企業がデジタル資産の購入・取引・保管サービスを提供できるようにするためのAPIである「Visa Crypto APIs」の展開に向けて、差別を受けている黒人コミュニティのためのネオバンクである「First Boulevard(ファースト・ブールバード)」と提携したことを発表しました。

「Visa Crypto APIs」は、デジタル資産関連サービスを手軽に提供することができるAPIとなっており、このAPIを利用するクライアントはVisaのパートナーである「Anchorage(アンカレッジ)」が保有するビットコインなどのデジタル資産を簡単に購入・保管・取引できるようになると説明されています。

Visaはこの新事業における最初のパートナーとなる「First Boulevard」との提携を通じて「Visa Crypto APIs」の試験プログラムを2021年後半に開始することを予定しています。

Visaの最高製品責任者であるJack Forestell(ジャック・フォーステル)氏は『この試験プログラムで暗号資産とブロックチェーンネットワークに簡単にアクセスできる仕組みを提供することによって、ネオバンク・金融機関などでVisaの価値を高めていきたいと考えている』と語っています。

最先端技術へのアクセスを平等に提供するために

Visaは今回の発表の中で『Visaは世界的に受け入れられているブランドとして、パートナーシップと市場開拓戦略に多様性と包括性を組み込むことに取り組んでいる』と述べており、『First Boulevardようなパートナーを優先することによって、最先端テクノロジーへのアクセスに関する競争の場を平準化することを目指している』と説明しています。

米国では依然として"黒人差別"の問題が残っているため、一部では『米国では黒人が銀行サービスを十分に受けれていない』との調査結果も出ていますが、「Visa Crypto APIs」を活用すれば差別を受けている黒人コミュニティの人々にデジタル資産へのアクセスを提供することができるようになり、格差是正につながると期待されています。

「First Boulevard」の最高経営責任者であるDonald Hawkins(ドナルド・ホーキンス)氏は『First Boulevardの使命は、アフリカ系アメリカ人が富を築くのを支援することだ』と説明した上で『Visa Crypto APIsを活用して黒人コミュニティに暗号資産へのアクセスを提供するための別の機会を提供できることに興奮している』と語っています。

なお、Visaは『First Boulevardとの提携による試験プログラムの実施』に合わせて『黒人コミュニティの財政的ギャップを埋めるためのパートナーシップ』についても発表を行なっています。

>>「Visa」の公式発表はこちら
>>「Visa Crypto Solutions」の詳細はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

給料はビットコインで!加熱するイスラエルの求人事情

給料はビットコインで!加熱するイスラエルの求人事情

仮想通貨取引所「STREAMEX(ストリームEX)」とは?基本情報や特徴をわかりやすく解説

仮想通貨取引所「STREAMEX(ストリームEX)」とは?基本情報や特徴をわかりやすく解説

ノルウェー独自の仮想通貨CBDCとは?|北欧で進むキャッシュレス化

ノルウェー独自の仮想通貨CBDCとは?|北欧で進むキャッシュレス化

チリーズ(Chiliz)Socios.comで「独自のステーキングサービス」提供へ

チリーズ(Chiliz)Socios.comで「独自のステーキングサービス」提供へ

RippleNetに総資産49兆円の米大手銀行「PNC Bank」が参加

RippleNetに総資産49兆円の米大手銀行「PNC Bank」が参加

Jack Dorsey:ブロックチェーンの可能性と「Twitter」への応用について語る

Jack Dorsey:ブロックチェーンの可能性と「Twitter」への応用について語る

注目度の高い仮想通貨ニュース

プロテニス選手の大阪なおみ氏「NFTアート作品」のオークション販売開始

プロテニス選手の大阪なおみ氏「NFTアート作品」のオークション販売開始

オーストラリア証券取引所「複数の仮想通貨ETF」を審査|2021年内ローンチの可能性も

オーストラリア証券取引所「複数の仮想通貨ETF」を審査|2021年内ローンチの可能性も

不動産売買サイト「Viila」公開|仮想通貨決済対応・所有権のトークン化なども予定

不動産売買サイト「Viila」公開|仮想通貨決済対応・所有権のトークン化なども予定

カナダ・トロント証券取引所に「新たなビットコインETF」3iQ Coinshares Bitcoin ETF

カナダ・トロント証券取引所に「新たなビットコインETF」3iQ Coinshares Bitcoin ETF

Chiliz関連ファントークン「楽天ポイント」と交換可能に|楽天ヨーロッパと提携

Chiliz関連ファントークン「楽天ポイント」と交換可能に|楽天ヨーロッパと提携

米郵便公社(USPS)「NFT形式の郵便切手」発行へ|CaseMail社の技術を活用

米郵便公社(USPS)「NFT形式の郵便切手」発行へ|CaseMail社の技術を活用

Socios.com:米NHL所属のプロアイスホッケーチーム「New Jersey Devils」と提携

Socios.com:米NHL所属のプロアイスホッケーチーム「New Jersey Devils」と提携

ゲーム大手NEXON(ネクソン)「ビットコイン111億円相当」を購入【国内初】

ゲーム大手NEXON(ネクソン)「ビットコイン111億円相当」を購入【国内初】

Tesla(テスラ)「保有するビットコインの10%」を売却|流動性の高さを賞賛

Tesla(テスラ)「保有するビットコインの10%」を売却|流動性の高さを賞賛

米メトロマイル:自動車保険で「ビットコイン」に対応|10億円相当のBTC購入も予定

米メトロマイル:自動車保険で「ビットコイン」に対応|10億円相当のBTC購入も予定

SEGA(セガ)NFTコンテンツのグローバル展開に向け「double jump.tokyo」と提携

SEGA(セガ)NFTコンテンツのグローバル展開に向け「double jump.tokyo」と提携

Gemini:暗号資産の購入方法に「Apple Pay・Google Pay」を追加

Gemini:暗号資産の購入方法に「Apple Pay・Google Pay」を追加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す