キルギス共和国「暗号資産取引所のライセンス制度導入」を計画

by BITTIMES

キルギス共和国の中央銀行である「キルギス共和国国立銀行(NBKR)」が、投資家保護を目的として"暗号資産取引所のライセンス制度導入"を計画していることが地元メディア「Tazabek」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:Morgan Stanley、ビットコイン投資検討か「暗号資産」関連ニュース

「暗号資産取引所のライセンス制度導入」を計画

キルギス共和国の中央銀行である「キルギス共和国国立銀行(NBKR)」は、投資家保護を目的として"暗号資産取引所のライセンス制度導入"を計画していると伝えられています。

地元メディア「Tazabek」の報道によると、キルギス共和国国立銀行のTolkunbek Abdygulov(トルクンベク・アブディグロフ)総裁は『暗号資産交換業者に仮想通貨の売買サービスを提供するためのライセンスを付与する予定』だと語っており、その背景には『ライセンス制度を導入することによって、従来の法定通貨取引などと同じような環境で仮想通貨を取引できる環境を構築したい』という考えがあることを語っています。

キルギス共和国国立銀行の目標は『キルギス共和国市民のために、顧客のためになる状況を作り出すこと』です。私たちは取引所が信頼できるものである保証を与えるために、暗号資産交換業者に対して「暗号資産売買ライセンス」を付与する予定です。

今日あなたが「キルギス・ソム」を売って「ドル」を買ったとしても、その取引所がキルギス共和国国立銀行からライセンスを取得した取引所であれば、お金を失う危険はありません。仮想通貨に関しても、それと同じような状況を作りたいと考えています。

暗号資産取引所のライセンス制度はすでに日本タイなどといった複数の国で導入されており、ライセンスを付与する取引所などに対して本人確認手続き(KYC)などを義務付けることによって、資金洗浄などの違法行為防止対策が強化されています。

「仮想通貨投資の高いリスク」についても警告

キルギス共和国で「暗号資産取引所のライセンス制度」が導入されれば、同国でも人々がより安全に暗号資産に投資することができるようになると期待されます。

しかし、アブディグロフ総裁は"仮想通貨投資のリスク"についても警告しており『ビットコインが昨日5万ドルに達したとしても、明日には2万ドルまで下落する可能性がある。そうなればあなたが投資したお金は全て燃え尽きてしまうでしょう。これは非常にリスクの高い投資です』と注意を促しています。

キルギス政府は2020年11月に暗号資産法案の原案を提出した後に、2021年1月には「暗号資産の処理に関して」「暗号資産分野の法律に対する修正に関して」という2つの法律案を公開討論のために提示しています。アブディグロフ総裁によると、キルギス当局は2021年末までに最終的な法案をまとめる予定だとされています。

>>「Tazabek」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットバンク:販売所で「メイカー(MKR)・ボバネットワーク(BOBA)」取扱い開始

ビットバンク:販売所で「メイカー(MKR)・ボバネットワーク(BOBA)」取扱い開始

Zaif:スマホ向けアプリの配信終了を発表|ウォレット引継ぎの対応を

Zaif:スマホ向けアプリの配信終了を発表|ウォレット引継ぎの対応を

仮想通貨Libra(リブラ)「2021年1月公開」の可能性=Financial Times報道

仮想通貨Libra(リブラ)「2021年1月公開」の可能性=Financial Times報道

ブロックチェーン動画配信サービス「TaTaTu」映画制作会社3社とライセンス契約

ブロックチェーン動画配信サービス「TaTaTu」映画制作会社3社とライセンス契約

近い将来ブロックチェーンとAIが起こす金融革命|マルタ銀行家協会議長

近い将来ブロックチェーンとAIが起こす金融革命|マルタ銀行家協会議長

EU5ヵ国の財務大臣、欧州委員会に「厳格なステーブルコイン規制」を要請

EU5ヵ国の財務大臣、欧州委員会に「厳格なステーブルコイン規制」を要請

注目度の高い仮想通貨ニュース

Flare基盤の「AI生成NFT」を簡単発行|Atrivがスニークピーク映像公開

Flare基盤の「AI生成NFT」を簡単発行|Atrivがスニークピーク映像公開

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す