死亡した仮想通貨を確認できるサイト「Dead Coins」をリニューアル:99Bitcoins

by BITTIMES

ビットコイン教育ポータルである「99Bitcoins」は2021年2月17日に、様々な理由から"死んだ"とみなされた仮想通貨をウェブサイト上で公開している「Dead Coins(デッド・コインズ)」のプロジェクトを引き継いだことを発表しました。同社は今回の引継ぎにあたって掲載されているアルトコインを再評価し、より正確な情報に更新しています。

こちらから読む:ビットコイン時価総額"1兆ドル"に到達「暗号資産」関連ニュース

「死亡した仮想通貨リスト」をより正確に再構築

ビットコイン教育ポータルである「99Bitcoins」は2021年2月17日に、様々な理由から"死んだ"とみなされた仮想通貨をウェブサイト上で公開している「Dead Coins(デッド・コインズ)」のプロジェクトを引き継いだことを発表しました。

Dead Coins(デッド・コインズ)は『開発活動が行われていない、取引高・流動性が低い、取引所に上場していない、ウェブサイトがダウンしている、詐欺であることが判明した』などといった複数の項目に基づいて"死んだ"と考えられる仮想通貨を選別して公開しており、サイト利用者は『自分が保有している仮想通貨が死亡状態になっていないか』を簡単に確認することができるようになっています。

「99Bitcoins」はこのプロジェクトを引き継ぐにあたって『掲載されている情報が正確であるか』を再調査しており、99Bitcoinsの創設者であるOfir Beigel氏は「BTCTRXDOGEUSDT」などといったジョークで掲載された一部の仮想通貨をリストから削除したと報告しています。

「Dead Coins」プロジェクトは少し磨きをかける必要のある素晴らしいアイデアだと思います。『誰もが自分で死んだコインを追加することができる』という事実は、死亡コインリストの情報を非常に不正確なものにしていました。例えば「ビットコイン・トロン・ドージコイン・テザー」などの仮想通貨はプロジェクトを引き継いだ時に削除されました。

コミュニティは時々「シットコイン」を「デッドコイン」と間違えることがあると思います。『コインが本当に死んでいるかどうか』を簡単に判断できるようにするために「死亡コインの明確な基準」を設定しました。私たちは引き続き「コミュニティから提出された意見」をもとにしてリストを作成していますが、提出された情報の正確さを検証するために以前とは異なるフィルターを通しています。

イニシャル・コイン・オファリング(ICO)などの流行によって仮想通貨業界では大量のアルトコインが発行されたため、それらのプロジェクトが現在も進められているかどうかを確認するのは困難になっていましたが、「Dead Coins」のプロジェクトが更新されたことによって、各アルトコインの状況を確認するのがより簡単になると期待されます。

「Dead Coins」のデータは記事執筆時点で2021年2月17日に最後の更新がなされており、『現在は合計1,559枚の死んだコインがある』と記載されています。

>>「99Bitcoins」の発表はこちら
>>「Dead Coins」の公式ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:シンガポールで「営業ライセンス」申請|仮想通貨取引サービス継続に向け

BINANCE:シンガポールで「営業ライセンス」申請|仮想通貨取引サービス継続に向け

Enjin:SDGs実現に向け「国連グローバル・コンパクト」に参加【NFT関連企業初】

Enjin:SDGs実現に向け「国連グローバル・コンパクト」に参加【NFT関連企業初】

米Kraken「チリーズ(Chiliz/CHZ)」取扱い開始|カナダ・オーストラリアでも

米Kraken「チリーズ(Chiliz/CHZ)」取扱い開始|カナダ・オーストラリアでも

Moonstake:イーサリアム(ETH)が当たる「ウォレット乗り換えキャンペーン」開催

Moonstake:イーサリアム(ETH)が当たる「ウォレット乗り換えキャンペーン」開催

サムスンの家電・電化製品購入者に「最大1.5%のビットコイン還元」Lolli(ロリー)

サムスンの家電・電化製品購入者に「最大1.5%のビットコイン還元」Lolli(ロリー)

【Chiliz&Socios】インド・プロクリケットリーグ(IPL)所属の「3チーム」と提携

【Chiliz&Socios】インド・プロクリケットリーグ(IPL)所属の「3チーム」と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

ロシア:友好国との国際貿易で「ステーブルコイン決済基盤」を構築=報道

ロシア:友好国との国際貿易で「ステーブルコイン決済基盤」を構築=報道

PoW版イーサリアム「ETHW」暗号資産取引所に続々と上場|ETHW・ETFの受取方法も

PoW版イーサリアム「ETHW」暗号資産取引所に続々と上場|ETHW・ETFの受取方法も

ビットポイント「IOSTのステーキングサービス」提供へ

ビットポイント「IOSTのステーキングサービス」提供へ

FTX Japan:アバランチ(Avalanche/AVAX)取扱開始|上場記念キャンペーンも

FTX Japan:アバランチ(Avalanche/AVAX)取扱開始|上場記念キャンペーンも

M2Eアプリ「Step App」iOS・Androidアプリのリリース日が判明

M2Eアプリ「Step App」iOS・Androidアプリのリリース日が判明

デジタル庁「Web3.0研究会」立ち上げ|Web3推進に向け環境整備

デジタル庁「Web3.0研究会」立ち上げ|Web3推進に向け環境整備

DappRadar:カルダノ(Cardano/ADA)のブロックチェーン対応へ

DappRadar:カルダノ(Cardano/ADA)のブロックチェーン対応へ

ビットバンク:アスター(Astar/ASTR)取扱開始|取引手数料無料キャンペーンも

ビットバンク:アスター(Astar/ASTR)取扱開始|取引手数料無料キャンペーンも

GMOコイン:取引所(現物取引)専用の高機能ツール「WebTrader」提供へ

GMOコイン:取引所(現物取引)専用の高機能ツール「WebTrader」提供へ

ビットバンク:アスター(Astar/ASTR)取扱いへ|日本国内初上場

ビットバンク:アスター(Astar/ASTR)取扱いへ|日本国内初上場

イーサリアム上の「JPYC v2」発行開始|公式サイトでv1から交換可能に

イーサリアム上の「JPYC v2」発行開始|公式サイトでv1から交換可能に

韓国科学情報通信省「メタバースのための法律制定」を提言

韓国科学情報通信省「メタバースのための法律制定」を提言

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す