Ripple社:暗号資産に友好的な「ワイオミング州」で事業登録

by BITTIMES

Ripple(リップル)社がアメリカ・ワイオミング州で事業登録を行なったことが明らかになりました。Ripple社関係者は以前から米国の仮想通貨規制が明確化されていないことや厳しいことなどを理由に『米国外に本社を移転する可能性がある』ということを語っていましたが、ワイオミング州は暗号資産企業に友好的な州法を定めていることでも知られています。

こちらから読む:ビットコイン価格、"600万円"に到達「暗号資産」関連ニュース

仮想通貨フレンドリーな「ワイオミング州」で事業登録

Ripple(リップル)社がアメリカ・ワイオミング州で事業登録を行なったことが明らかになりました。ワイオミング州務長官が管轄する事業体登録記録には、2020年11月2日に「Ripple Markets WY」という名称で登録申請が行われたことが記されており、現在の状態は「アクティブ(活動中)」とされています。

Ripple社は現在サンフランシスコに本社を構えていますが、Ripple社のCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏や共同創業者であるChris Larsen(クリス・ラーセン)氏などは、米国の仮想通貨規制環境などを理由として以前から「本社移転の可能性があること」を語っていたため、今回の事業登録には注目が集まっています。

デジタル銀行「Avanti(アバンティ)」の創業者兼CEOであるCaitlin Long(ケイトリン・ロング)氏は、2021年2月22日のツイートで今回の事業登録について『ワイオミング州は仮想通貨に友好的な州法を定めており、仮想通貨企業はワイオミング州に拠点を構える利点に気付き始めている』とコメントしており、以下のような利点があることを説明しています。

  • 州の法人税・フランチャイズ税が課されない
  • 仮想通貨は固定資産税、売上税(消費税)が免除される
  • 商法は仮想通貨の法的地位が明確
  • 仮想通貨フレンドリーな銀行がまもなくオープンする
  • 州政府・議員・連邦上院議員が仮想通貨に対してオープン
  • 全ての法律はオープンソース

『Ripple社がワイオミング州に本社を移転するか』は現時点で不明となっているものの、ワイオミング州が仮想通貨関連企業に注目されていることは事実であり、カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)の開発を担当している「IOHK」も香港からワイオミング州に本拠を移転しています。

また「ワイオミング州銀行委員会」は、2020年に大手暗号資産取引所「Kraken(クラーケン)」の銀行部門である「Kraken Financial」に対して"特別目的預金金融機関(SPDI)"としての銀行運営の認可を与えており、「Avanti Bank」に対してトークン化された米ドル「Avit」を発行するための承認も与えています。

>>「公開された書類」はこちら

2021年2月22日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は今月13日に66円付近まで回復した後にやや下落していたもののの、本日2021年2月22日15時頃には55円から67円付近まで急騰しました。その後はやや下落しており、2021年2月22日16時40分点では「1XRP=62.54円」で取引されています。

2021年1月23日〜2021年2月22日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2021年1月23日〜2021年2月22日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

下落相場は今後も続く?ビットコイン価格、再び「110万円台」に急落

下落相場は今後も続く?ビットコイン価格、再び「110万円台」に急落

米国版Huobi:リップル(Ripple/XRP)上場予定日を発表「3種類」の通貨ペア追加へ

米国版Huobi:リップル(Ripple/XRP)上場予定日を発表「3種類」の通貨ペア追加へ

アルトコイン価格「大幅上昇」ビットコインからの資金流入で50%以上の回復も

アルトコイン価格「大幅上昇」ビットコインからの資金流入で50%以上の回復も

今のビットコインは「1999年のインターネット株」のよう:伝説の投資家Paul Tudor Jones

今のビットコインは「1999年のインターネット株」のよう:伝説の投資家Paul Tudor Jones

築150年の「教会」ビットコイン(BTC)でも購入可能に:英不動産会社

築150年の「教会」ビットコイン(BTC)でも購入可能に:英不動産会社

ビットコイン価格:2022年には「2,750万円」に ー 著名投資家Tim Draper予想

ビットコイン価格:2022年には「2,750万円」に ー 著名投資家Tim Draper予想

注目度の高い仮想通貨ニュース

FXcoin:暗号資産現物取引で「最大10万円がもらえるキャンペーン」開始

FXcoin:暗号資産現物取引で「最大10万円がもらえるキャンペーン」開始

XRP価格:一時的に「50円台」まで回復|Ripple社は米SECの訴状に対する答弁書を提出

XRP価格:一時的に「50円台」まで回復|Ripple社は米SECの訴状に対する答弁書を提出

XRP保有者に対するSparkトークン配布「2021年第2四半期後半」を予定:Flare Networks

XRP保有者に対するSparkトークン配布「2021年第2四半期後半」を予定:Flare Networks

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

LINE Pay × RIZAP「105,600円相当のLINKリワード」がもらえるキャンペーン開始

LINE Pay × RIZAP「105,600円相当のLINKリワード」がもらえるキャンペーン開始

【重要】GMOコイン:暗号資産FX・取引所サービスの「レバレッジ倍率」変更へ

【重要】GMOコイン:暗号資産FX・取引所サービスの「レバレッジ倍率」変更へ

富山グラウジーズ:ブロックチェーン用いた「応援体験アプリケーション」導入へ

富山グラウジーズ:ブロックチェーン用いた「応援体験アプリケーション」導入へ

Socios.com:9万枚のファントークンを無料配布「Token Hunt Explosion」開催

Socios.com:9万枚のファントークンを無料配布「Token Hunt Explosion」開催

Bitfinex:Tether社からの借入金を「全額返済」5.5億ドルを支払い

Bitfinex:Tether社からの借入金を「全額返済」5.5億ドルを支払い

DMMビットコイン「マーケットレポート連動スプレッド縮小キャンペーン」開始

DMMビットコイン「マーケットレポート連動スプレッド縮小キャンペーン」開始

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

マイニング最大手ビットメインの社内闘争「Jihan Wu氏の辞任」で最終決着

マイニング最大手ビットメインの社内闘争「Jihan Wu氏の辞任」で最終決着

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す