Ripple社:パートナー企業MoneyGramの株式「約3分の1」売却へ

by BITTIMES

Ripple(リップル)社が同社のパートナー企業である「MoneyGram(マネーグラム)」の株式の約3分の1を売却する予定であることが米国証券取引委員会(SEC)が2020年11月27日に公開した書類で明らかになりました。

こちらから読む:カナダ上場企業、ビットコインを追加購入「暗号資産」関連ニュース

MoneyGramと「最大4,000,000株の売却契約」

米国証券取引委員会(SEC)が2020年11月27日に公開した書類によると、Ripple(リップル)社は同社のパートナー企業でもある米国の国際送金大手「MoneyGram(マネーグラム)」の株式の約3分の1を売却する予定であるとされています。

Ripple社は現在マネーグラムの普通株式「6,237,523株」に加えて「最大5,957,600株を購入する権利がある"新株引受権証書(*1)"」を有しているため合計約1,220万株を所有していることになりますが、今回の書類では『Ripple社が2020年11月25日に結んだMoneyGram社との契約に基づいて、最大4,000,000株の普通株式を売却することを許可された』ということが明らかにされています。
(*1)新株引受権証書(ワラント):増資などで新株を発行する際に、新株を引き受ける権利を記した証書のこと

Ripple社が有している約1,220万株は「MoneyGramの発行済み株式の約17%」に相当するものとなっていますが、仮にRipple社が4,000,000株を売却した場合には、同社が保有できる株式の最大割合は約11%に減少することになります。

「関係に問題が生じた訳ではない」との説明も

ただし今回の契約は"Ripple社とMoneyGram社の関係に問題が生じたことを示すものではない"ということも明らかにされており、Ripple社の広報担当者は「Coindesk」の取材に対して『今回の決定はMoneyGramへの投資で利益を実現するための財務上の決定であり、パートナーシップの現状を反映しているものではない。売却後もMoneyGramの重要な株主であり続ける』と説明しています。

Ripple社はMoneyGramのデジタル成長変革における誇り高いパートナーです。今回の契約は「MoneyGram International」への投資でいくらかの利益を実現するための純粋で賢明な財務上の決定であり、パートナーシップの現状を反映するものではありません。

私たちは売却後も「MoneyGram」の重要な株主であり続けます。MoneyGramが200を超える国と地域における国際送金業界のリーダーであることは明らかです。私たちはわずか1年余りで信じられないほどの進歩を遂げました。MoneyGramと協力して国境を超えた支払いを変革し続けていけることを楽しみにしています。

「Coindesk」の報道によると、MoneyGramの株価は今年260%以上上昇しているとされているため、Ripple社はMoneyGramへの投資で大きな利益を得ていると予想されます。なお『この売却は現在も進行中である』とも報告されています。

Ripple社とMoneyGram社は以前から国際送金分野で積極的に協力しており、MoneyGram社はXRPを活用した決済ネットワークである「On-Demand Liquidity(ODL)」も活用しています。

>>「SECが公開した書類」はこちら
>>「Coindesk」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン決済は今後3〜5年で普及「利用量の増加が重要に」BitPay CEO

ブロックチェーン決済は今後3〜5年で普及「利用量の増加が重要に」BitPay CEO

ビットコイン「1,000万円」突破|ユーロ建て過去最高値も更新

ビットコイン「1,000万円」突破|ユーロ建て過去最高値も更新

Libraテストネット:プロジェクト数は「30以上」に|プレメインネットも公開

Libraテストネット:プロジェクト数は「30以上」に|プレメインネットも公開

OKCoinJapan:ジリカ(Zilliqa/ZIL)取扱いへ【国内初上場】

OKCoinJapan:ジリカ(Zilliqa/ZIL)取扱いへ【国内初上場】

Magic Eden「イーサリアム基盤のNFTコレクション」に対応

Magic Eden「イーサリアム基盤のNFTコレクション」に対応

「仮想通貨のほとんどは無価値になる」チャーリー・マンガー氏

「仮想通貨のほとんどは無価値になる」チャーリー・マンガー氏

注目度の高い仮想通貨ニュース

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

2032年に500万ドル「S2Fモデルに基づくビットコイン価格予想」PlanB氏

2032年に500万ドル「S2Fモデルに基づくビットコイン価格予想」PlanB氏

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す