Liquid Global:日本円ステーブルコイン「GYEN」取り扱いへ【世界初】

by BITTIMES

暗号資産取引所「Liquid Global(リキッド・グローバル)」は2021年2月17日に、GMOインターネットの米国子会社である「GMO-Z.com Trust Company」が発行している日本円ステーブルコイン「GYEN」の取り扱いを開始することを発表しました。Liquid Globalは「GMO-Z.com」が発行する米ドル建ステーブルコインの「ZUSD」の取り扱い開始も予定しています。

こちらから読む:日本暗号資産市場、スマートアプリと提携「暗号資産」関連ニュース

Liquid Global「GYEN・ZUSD」取り扱いへ

Liquid Global(リキッド・グローバル)」は2021年2月17日に、GMOインターネットの米国子会社である「GMO-Z.com Trust Company」が発行している日本円ステーブルコイン「GYEN」の取り扱いを開始することを発表しました。

同取引所は「GMO-Z.com」が発行する米ドル建ステーブルコインの「ZUSD」の取り扱い開始も予定しており、2021年3月3日には「GYEN/JPY」の取り扱いが開始されると報告されています。また「Liquid Global」は、GYENとZUSDを介して「USD/JPYの合成FXペア」を提供することも予定しているとも説明しています。

GYENはGMOインターネットの米国子会社である「GMO-Z.com Trust Company」が発行している日本円建ステーブルコインであり、2020年12月に「ニューヨーク州金融サービス局(NYDFG)」から認可を受けた『世界初の日本円裏付けのステーブルコイン』として知られています。

「GYEN・ZUSDのユースケース」について

Liquid Globalは「GYEN・ZUSDのユースケース」について次のような利用が想定されると説明しています。

【仮想通貨取引での活用】

  • 極端な価格変動が発生している際にGYEN・ZUSDに仮想通貨を交換することによって、大幅な下落から資産を保護することができる
  • 他の様々なデジタル資産を購入・換金するための手段として活用することができる
  • 利回り獲得やヘッジ戦略の効率的な手段となる

【決済分野での活用】

  • 現在の金融システムの制限を暖和して、24時間365日年中無休で決済することが可能となる
  • 国際送金ソリューションとして活用することができる
  • 世界中でいつでもどこでも簡単かつ安全に送金することができる
  • P2P取引で効率的に利用することができる

米ドルに価値が連動したステーブルコインはすでに複数発行されており、暗号資産取引所でも頻繁に取引されていますが、日本円に価値が連動したステーブルコインはまだ広く流通していないため、「Liquid Global」でGYENの取り扱いが開始されることによって、今後はその他の暗号資産取引所などにもGYENが広がっていくと期待されています。

>>「Liquid Global」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

経済産業省「NFT活用した初の実証実験」ファッション分野で2022年2月から

経済産業省「NFT活用した初の実証実験」ファッション分野で2022年2月から

Kava Labs:リップル(XRP)活用したステーブルコイン「USDX」の開発に着手

Kava Labs:リップル(XRP)活用したステーブルコイン「USDX」の開発に着手

GMOコイン:暗号資産FXで「最大30万円がもらえる」キャッシュバックキャンペーン開催

GMOコイン:暗号資産FXで「最大30万円がもらえる」キャッシュバックキャンペーン開催

暗号資産企業Diginex:NASDAQ上場に向け「新たな仮想通貨取引所」立ち上げ

暗号資産企業Diginex:NASDAQ上場に向け「新たな仮想通貨取引所」立ち上げ

コインチェック:NFT取引所miime運営の「メタップスアルファ」を完全子会社化

コインチェック:NFT取引所miime運営の「メタップスアルファ」を完全子会社化

【重要】BINANCE:全取引ユーザーが「本人確認必須」に|KYCなしで取引・入金は不可

【重要】BINANCE:全取引ユーザーが「本人確認必須」に|KYCなしで取引・入金は不可

注目度の高い仮想通貨ニュース

クリプトガレージ「暗号資産交換業登録に基づくサービス提供開始」国内初のL-BTC取扱い

クリプトガレージ「暗号資産交換業登録に基づくサービス提供開始」国内初のL-BTC取扱い

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年1月9日〜15日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年1月9日〜15日

ビットバンク:販売所サービスで「チェーンリンク(LINK)」取扱い開始

ビットバンク:販売所サービスで「チェーンリンク(LINK)」取扱い開始

NFTコレクション「BAYC・MAYC」のiOS向けモバイルゲーム近日公開へ

NFTコレクション「BAYC・MAYC」のiOS向けモバイルゲーム近日公開へ

コナミ:悪魔城ドラキュラ35周年記念「KONAMI MEMORIAL NFT」発売へ

コナミ:悪魔城ドラキュラ35周年記念「KONAMI MEMORIAL NFT」発売へ

Socios.com:米ニューヨークのスポーツ持株会社「MSG Sports」と提携|NHL・NBA提携を拡大

Socios.com:米ニューヨークのスポーツ持株会社「MSG Sports」と提携|NHL・NBA提携を拡大

ビットバンク:国内初「メイカー(Maker/MKR)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

ビットバンク:国内初「メイカー(Maker/MKR)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

Cardano(ADA)基盤のNFTマーケットプレイス「Fiborite」事前登録受付開始:EMURGO

Cardano(ADA)基盤のNFTマーケットプレイス「Fiborite」事前登録受付開始:EMURGO

現代自動車:メタバースと現実世界をロボットで繋ぐ「メタモビリティ」構想

現代自動車:メタバースと現実世界をロボットで繋ぐ「メタモビリティ」構想

Kraken:取引所・販売所で「OMG・BAT・LINK」取扱い開始|米ドル・ユーロ建取引も

Kraken:取引所・販売所で「OMG・BAT・LINK」取扱い開始|米ドル・ユーロ建取引も

ドージコインで「ステーキング」が可能に?イーサリアム共同創設者と提案作成

ドージコインで「ステーキング」が可能に?イーサリアム共同創設者と提案作成

Huobi Japan「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

Huobi Japan「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す