日本円ステーブルコインJPYC「Polygon・xDAI」に対応|手数料高騰問題に対処

by BITTIMES

日本暗号資産市場株式会社は2021年3月8日に、同社が発行している前払式支払手段扱いの日本円ステーブルコイン「JPYC(JPYCoin)」が「xDAI」と「Polygon」に対応したことを発表しました。今回の対応によって、ネットワーク手数料を大幅に削減することができるとされています。

こちらから読む:GMOコイン、Enjin Coin(ENJ)取扱い開始「国内ニュース」

JPYC「xDAI」と「Polygon」に対応

日本暗号資産市場株式会社は2021年3月8日に、同社が発行している「1JPYC=1円」で取引可能な前払式支払手段扱いの日本円ステーブルコイン「JPYC(JPYCoin)」が「xDAI」と「Polygon」に対応したことを発表しました。

「xDAI」は価値を保持するトランザクションをサポートするために構築された独立したネットワークであり、イーサリアムブロックチェーンで問題となっている"ネットワーク手数料高騰"の問題の有力な解決策として期待されています。

「Polygon(旧:Matic Network)」はイーサリアム互換のブロックチェーンネットワークを構築・接続するためのプロトコルおよびフレームワークであり、こちらもイーサリアムの手数料高騰問題を解決する有力策として注目されています。

日本暗号資産市場株式会社は『今回xDAIとPolygonに対応したことによって、ネットワーク手数料の大幅に改善することが可能になった』と述べており、今回の対応を機に「Uniswap」などの二次流通市場で利用されている日本円ステーブルコインの利用者にさらなる体験を提供していくと説明しています。

日本暗号資産市場株式会社の代表取締役である岡部典孝氏は、今回の対応について次のようにコメントしています。

PolygonやxDAIにはJPYC利用者の手によっていち早くJPYCがブリッジされていた為、当社としてもいち早く対応することにしました。これによりPolygonやxDAI上のJPYCを購入された利用者はEthereumのGAS代負担から解放されます。これにより、少額のJPYCをNPO法人やDAOにギフトとして送る、といった新しい使い方も現実的になります。

また、PolygonやxDAI上の分散型金融(QuickSwapやHoneySwap等)の利用者もJPYCを経由して簡単にモノを購入することができるようになります。当社はこれからも分散型金融の発展に貢献して参りますので、DeFiの新しい活用法を見つけた方はお気軽にご連絡下さい。

「xDai・MATIC プレゼントキャンペーン」も開始

日本暗号資産市場株式会社は今回の発表の中で、xDAIとPolygonへの対応を記念して『xDAI・MATIC プレゼントキャンペーン』を開催することも発表しています。

『xDAI・MATIC プレゼントキャンペーン』では、JPYCを公式サイトから購入した方に以下のようなプレゼント内容で「xDAI」や「MATIC」がプレゼントされると説明されています。

【Ethereum上のJPYCを購入された方】
xDAIネットワークにて、1円相当のxDAI
Polygonネットワークにて、1円相当のMATIC

【Polygon上のJPYCを購入された方】
Polygonネットワークにて、1円相当のMATIC

【xDAI上のJPYCを購入された方】
xDAIネットワークにて、1円相当のxDAI

>>「日本暗号資産市場」の発表はこちら
>>「JPYC」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

アダルトサイト大手「ポルノハブ」ビットコイン・ライトコイン決済に対応

アダルトサイト大手「ポルノハブ」ビットコイン・ライトコイン決済に対応

BITMAX(ビットマックス)「固定期間型の暗号資産貸出サービス」提供へ

BITMAX(ビットマックス)「固定期間型の暗号資産貸出サービス」提供へ

仮想通貨決済にも対応か?Softbank・TOYOTAのMaaS連合に「bitFlyer」が参加

仮想通貨決済にも対応か?Softbank・TOYOTAのMaaS連合に「bitFlyer」が参加

【戦略×アクション】ブロックチェーンゲーム「Crypto Alchemist」オープンβテスト開始

【戦略×アクション】ブロックチェーンゲーム「Crypto Alchemist」オープンβテスト開始

bitFlyer:毎日ビットコインが当たる「アプリ限定ログインボーナスプログラム」開始

bitFlyer:毎日ビットコインが当たる「アプリ限定ログインボーナスプログラム」開始

Ontology:自動車大手「Daimler Mobility AG」と提携|新サービス開発で技術活用

Ontology:自動車大手「Daimler Mobility AG」と提携|新サービス開発で技術活用

注目度の高い仮想通貨ニュース

中国人民銀行:銀行・企業に「暗号資産関連の取り締まり強化」を指示

中国人民銀行:銀行・企業に「暗号資産関連の取り締まり強化」を指示

LINE BITMAX Wallet「NFTマーケット」提供へ|デジタルトークンの売買が可能に

LINE BITMAX Wallet「NFTマーケット」提供へ|デジタルトークンの売買が可能に

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年6月13日〜19日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年6月13日〜19日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年6月6日〜12日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年6月6日〜12日

Chiliz&Socios「Roush Fenway Racing」の公式ファントークン販売日時を発表

Chiliz&Socios「Roush Fenway Racing」の公式ファントークン販売日時を発表

Cardano(ADA)は「次のイーサリアムキラー」となるか?PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

Cardano(ADA)は「次のイーサリアムキラー」となるか?PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

今注目のNFTやDeFiを活用するプロジェクトTimeCoinProtocol、VTuberプロダクションやゲームプレイヤーマッチングサービスも!

今注目のNFTやDeFiを活用するプロジェクトTimeCoinProtocol、VTuberプロダクションやゲームプレイヤーマッチングサービスも!

バイナンスが支援するNFTプラットフォーム「Featured by Binance」公開

バイナンスが支援するNFTプラットフォーム「Featured by Binance」公開

オーストリア・ポスト:NFCチップ内蔵のNFT切手「Crypto Stamp 3.0」発売へ

オーストリア・ポスト:NFCチップ内蔵のNFT切手「Crypto Stamp 3.0」発売へ

ローカルビットコイン「ADA・LINK・DOGE」など複数のアルトコインをサポート

ローカルビットコイン「ADA・LINK・DOGE」など複数のアルトコインをサポート

SEBC:暗号資産について無料相談できる「ビットコインの相談窓口」提供開始

SEBC:暗号資産について無料相談できる「ビットコインの相談窓口」提供開始

NFTカンファレンス「Non Fungible Tokyo」オンライン会場の一般受付開始【参加費無料】

NFTカンファレンス「Non Fungible Tokyo」オンライン会場の一般受付開始【参加費無料】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す