日本円ステーブルコインJPYC「Polygon・xDAI」に対応|手数料高騰問題に対処

by BITTIMES   

日本暗号資産市場株式会社は2021年3月8日に、同社が発行している前払式支払手段扱いの日本円ステーブルコイン「JPYC(JPYCoin)」が「xDAI」と「Polygon」に対応したことを発表しました。今回の対応によって、ネットワーク手数料を大幅に削減することができるとされています。

こちらから読む:GMOコイン、Enjin Coin(ENJ)取扱い開始「国内ニュース」

JPYC「xDAI」と「Polygon」に対応

日本暗号資産市場株式会社は2021年3月8日に、同社が発行している「1JPYC=1円」で取引可能な前払式支払手段扱いの日本円ステーブルコイン「JPYC(JPYCoin)」が「xDAI」と「Polygon」に対応したことを発表しました。

「xDAI」は価値を保持するトランザクションをサポートするために構築された独立したネットワークであり、イーサリアムブロックチェーンで問題となっている"ネットワーク手数料高騰"の問題の有力な解決策として期待されています。

「Polygon(旧:Matic Network)」はイーサリアム互換のブロックチェーンネットワークを構築・接続するためのプロトコルおよびフレームワークであり、こちらもイーサリアムの手数料高騰問題を解決する有力策として注目されています。

日本暗号資産市場株式会社は『今回xDAIとPolygonに対応したことによって、ネットワーク手数料の大幅に改善することが可能になった』と述べており、今回の対応を機に「Uniswap」などの二次流通市場で利用されている日本円ステーブルコインの利用者にさらなる体験を提供していくと説明しています。

日本暗号資産市場株式会社の代表取締役である岡部典孝氏は、今回の対応について次のようにコメントしています。

PolygonやxDAIにはJPYC利用者の手によっていち早くJPYCがブリッジされていた為、当社としてもいち早く対応することにしました。これによりPolygonやxDAI上のJPYCを購入された利用者はEthereumのGAS代負担から解放されます。これにより、少額のJPYCをNPO法人やDAOにギフトとして送る、といった新しい使い方も現実的になります。

また、PolygonやxDAI上の分散型金融(QuickSwapやHoneySwap等)の利用者もJPYCを経由して簡単にモノを購入することができるようになります。当社はこれからも分散型金融の発展に貢献して参りますので、DeFiの新しい活用法を見つけた方はお気軽にご連絡下さい。

「xDai・MATIC プレゼントキャンペーン」も開始

日本暗号資産市場株式会社は今回の発表の中で、xDAIとPolygonへの対応を記念して『xDAI・MATIC プレゼントキャンペーン』を開催することも発表しています。

『xDAI・MATIC プレゼントキャンペーン』では、JPYCを公式サイトから購入した方に以下のようなプレゼント内容で「xDAI」や「MATIC」がプレゼントされると説明されています。

【Ethereum上のJPYCを購入された方】
xDAIネットワークにて、1円相当のxDAI
Polygonネットワークにて、1円相当のMATIC

【Polygon上のJPYCを購入された方】
Polygonネットワークにて、1円相当のMATIC

【xDAI上のJPYCを購入された方】
xDAIネットワークにて、1円相当のxDAI

>>「日本暗号資産市場」の発表はこちら
>>「JPYC」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Huobi:抽選100名に「500円相当のリップル(XRP)」プレゼント!キャンペーン開催中

Huobi:抽選100名に「500円相当のリップル(XRP)」プレゼント!キャンペーン開催中

【速報】GMOコイン:暗号資産「オーエムジー(OMG)」の取り扱い開始|日本国内初

【速報】GMOコイン:暗号資産「オーエムジー(OMG)」の取り扱い開始|日本国内初

南米ウルグアイ「初の仮想通貨ATM」を設置|ビットコインなど5銘柄に対応

南米ウルグアイ「初の仮想通貨ATM」を設置|ビットコインなど5銘柄に対応

人権財団:仮想通貨「ビットコイン」による寄付を受け入れ|BTCPay Serverを採用

人権財団:仮想通貨「ビットコイン」による寄付を受け入れ|BTCPay Serverを採用

コインチェック「IOST保有者に対するDONエアドロップ」への対応方針を発表

コインチェック「IOST保有者に対するDONエアドロップ」への対応方針を発表

SKE48のブロックチェーントレーディングカード「いきなりNFTトレカ」販売決定

SKE48のブロックチェーントレーディングカード「いきなりNFTトレカ」販売決定

注目度の高い仮想通貨ニュース

FTX:仮想通貨が使えるVisaデビットカード「FTX Card」リリースへ

FTX:仮想通貨が使えるVisaデビットカード「FTX Card」リリースへ

日本文化に特化したNFTマーケット「ORADA」グローバル展開へ|出品作品も募集開始

日本文化に特化したNFTマーケット「ORADA」グローバル展開へ|出品作品も募集開始

ニューヨーク新市長:初任給は「ビットコイン・イーサリアム」で受け取り

ニューヨーク新市長:初任給は「ビットコイン・イーサリアム」で受け取り

Cardano基盤のDEX「SundaeSwap」イールドファーミング機能の提供開始

Cardano基盤のDEX「SundaeSwap」イールドファーミング機能の提供開始

Huobi Japan:2,000円相当の暗号資産がもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

Huobi Japan:2,000円相当の暗号資産がもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

Cardano(ADA)基盤のNFTマーケットプレイス「Fiborite」事前登録受付開始:EMURGO

Cardano(ADA)基盤のNFTマーケットプレイス「Fiborite」事前登録受付開始:EMURGO

JPYC株式会社「一般社団法人Fintech協会」にベンチャー会員として入会

JPYC株式会社「一般社団法人Fintech協会」にベンチャー会員として入会

サムスン:Decentralandのメタバースで「Samsung 837X」オープン|MANA価格も上昇

サムスン:Decentralandのメタバースで「Samsung 837X」オープン|MANA価格も上昇

HEXA:ガス代・仮想通貨不要で利用できる「日本円ベースのNFT二次流通マーケット」追加

HEXA:ガス代・仮想通貨不要で利用できる「日本円ベースのNFT二次流通マーケット」追加

Liquid「Liquidアカウント間の暗号資産出庫手数料」を無料化|BTC・ETHなど全銘柄で

Liquid「Liquidアカウント間の暗号資産出庫手数料」を無料化|BTC・ETHなど全銘柄で

Chiliz&Socios:イタリア・プロサッカーリーグ「セリエA」と提携

Chiliz&Socios:イタリア・プロサッカーリーグ「セリエA」と提携

エルサルバドル大統領「ビットコイン価格=10万ドル」など2022年の予想語る

エルサルバドル大統領「ビットコイン価格=10万ドル」など2022年の予想語る

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す