Square:音楽ストリーミングサービス「TIDAL」買収へ|NFT活用の可能性も?

by BITTIMES

米国のモバイル決済サービス大手「Square(スクエア)」は2021年3月4日に、音楽ストリーミングサービス「TIDAL(タイダル)」の株式の過半数を2億9,700万ドルで取得するための最終合意に達したことを発表しました。公式発表では仮想通貨やブロックチェーンなどについて言及はされていないものの、業界では『今後はTIDALのサービスでブロックチェーンやNFTなどの技術が活用されていく可能性がある』と期待されています。

こちらから読む:MicroStrategy、BTC10億円相当を追加購入「暗号資産」関連ニュース

Square「TIDAL株の過半数」取得へ

Square(スクエア)は2021年3月4日に、音楽ストリーミングサービス「TIDAL(タイダル)」の株式の過半数を2億9,700万ドルで取得するための最終合意に達したことを発表しました。「TIDAL」は世界56カ国で利用可能な高音質が特徴の音楽ストリーミングサービスであり、7,000万曲以上、25万本の高品質ビデオ、ポッドキャスト、プレイリストなどを提供しています。

この2億9,700万ドルは現金と株式を組み合わせて支払われる予定となっており、TIDALの取締役でありながら株主でもある著名ラッパーのJAY-Z(Shawn Corey Carter)氏は、取引完了の条件として「Square」の取締役会に加わる予定であるとも報告されています。

なお、買収後も「TIDAL」の株式を保有するアーティスト陣は引き続き株主として留まることになっており、TIDALのサービス運営はSquareの決済アプリサービスなどとは独立して行われると説明されています。

ブロックチェーンやNFTを活用する可能性も?

Square(スクエア)の発表の中では「仮想通貨やブロックチェーン技術の活用」については触れられていないものの、SquareのCEOであるJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏は2021年3月4日のツイートで『Squareは今回の買収を通じて全く新しいリスニング体験や新しい補完的な収入源などに取り組む』と語っているため、業界では『TIDALのサービスでブロックチェーンやNFTが活用される可能性がある』と期待されています。

Non-Fungible Token(NFT)とはブロックチェーン技術を用いて発行される代替不可能なトークンであり、現在は「ゲーム内アイテムアート作品音楽作品不動産」などといった様々なものがNFTとして発行されています。

音楽業界では「楽曲をNFT形式で発行することによって、アーティストに適切な報酬を還元する」といった取り組みが多数行われているため、TIDALでもそのようなサービスが開始される可能性があると予想されます。

Jack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏は以前からビットコイン(BTC)ブロックチェーン技術を強く支持しており、先月12日にはJay-Z氏と共同でビットコインの開発を促進するための基金「₿trust」を設立することなども発表されているため、両者がTIDALのサービスでブロックチェーン技術を活用する可能性は十分にあると考えられています。

>>「Square」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

大手取引所Bitstamp「米国居住者向けのXRP取引・入金サービス」2021年に停止へ

大手取引所Bitstamp「米国居住者向けのXRP取引・入金サービス」2021年に停止へ

日本市場で「セキュリティトークン関連ソリューション」展開へ:HashPort×Tokensoft

日本市場で「セキュリティトークン関連ソリューション」展開へ:HashPort×Tokensoft

オハイオ州:ビットコインによる税金支払いサービスの「一時停止」を発表

オハイオ州:ビットコインによる税金支払いサービスの「一時停止」を発表

【Sorare】ドイツのサッカークラブ「FCバイエルン・ミュンヘン」が新規加入

【Sorare】ドイツのサッカークラブ「FCバイエルン・ミュンヘン」が新規加入

Cardano開発企業:2020年は「教育活動」に注力|教材・講義・学習コースなど展開へ

Cardano開発企業:2020年は「教育活動」に注力|教材・講義・学習コースなど展開へ

Ubisoft × Sorare:NFTカード用いたサッカーゲーム「One Shot League」を開発

Ubisoft × Sorare:NFTカード用いたサッカーゲーム「One Shot League」を開発

注目度の高い仮想通貨ニュース

野村HD×Crypto Garage「デジタル資産カストディ事業での協業」を検討

野村HD×Crypto Garage「デジタル資産カストディ事業での協業」を検討

Chiliz&Socios:NBAチーム「Miami Heat・San Antonio Spurs」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Miami Heat・San Antonio Spurs」と提携

ビットコイン・イーサリアムに「約28億円」を投資:米テキサス州の消防士年金基金

ビットコイン・イーサリアムに「約28億円」を投資:米テキサス州の消防士年金基金

ビットバンク:取引所マッチングエンジンで「大幅な性能向上」を実現

ビットバンク:取引所マッチングエンジンで「大幅な性能向上」を実現

銀行の暗号資産取扱いに関する「明確な規制」を準備:米連邦預金保険公社(FDIC)会長

銀行の暗号資産取扱いに関する「明確な規制」を準備:米連邦預金保険公社(FDIC)会長

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

XANALIA:NFT技術導入で「Chainlink(チェーンリンク)」と提携

XANALIA:NFT技術導入で「Chainlink(チェーンリンク)」と提携

Chiliz&Socios:イタリアの古豪クラブ「Bologna FC」と提携|$BFCファントークン発行へ

Chiliz&Socios:イタリアの古豪クラブ「Bologna FC」と提携|$BFCファントークン発行へ

【重要】コインチェック:IOSTなど「仮想通貨の誤送金」について注意喚起

【重要】コインチェック:IOSTなど「仮想通貨の誤送金」について注意喚起

ポルカドット(DOT)「パラチェーンオークションの日程」を提案|投票受付開始

ポルカドット(DOT)「パラチェーンオークションの日程」を提案|投票受付開始

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

BINANCE:Polkadotのパラチェーンオークション「サポートする」と発表

BINANCE:Polkadotのパラチェーンオークション「サポートする」と発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す