Square:音楽ストリーミングサービス「TIDAL」買収へ|NFT活用の可能性も?

by BITTIMES

米国のモバイル決済サービス大手「Square(スクエア)」は2021年3月4日に、音楽ストリーミングサービス「TIDAL(タイダル)」の株式の過半数を2億9,700万ドルで取得するための最終合意に達したことを発表しました。公式発表では仮想通貨やブロックチェーンなどについて言及はされていないものの、業界では『今後はTIDALのサービスでブロックチェーンやNFTなどの技術が活用されていく可能性がある』と期待されています。

こちらから読む:MicroStrategy、BTC10億円相当を追加購入「暗号資産」関連ニュース

Square「TIDAL株の過半数」取得へ

Square(スクエア)は2021年3月4日に、音楽ストリーミングサービス「TIDAL(タイダル)」の株式の過半数を2億9,700万ドルで取得するための最終合意に達したことを発表しました。「TIDAL」は世界56カ国で利用可能な高音質が特徴の音楽ストリーミングサービスであり、7,000万曲以上、25万本の高品質ビデオ、ポッドキャスト、プレイリストなどを提供しています。

この2億9,700万ドルは現金と株式を組み合わせて支払われる予定となっており、TIDALの取締役でありながら株主でもある著名ラッパーのJAY-Z(Shawn Corey Carter)氏は、取引完了の条件として「Square」の取締役会に加わる予定であるとも報告されています。

なお、買収後も「TIDAL」の株式を保有するアーティスト陣は引き続き株主として留まることになっており、TIDALのサービス運営はSquareの決済アプリサービスなどとは独立して行われると説明されています。

ブロックチェーンやNFTを活用する可能性も?

Square(スクエア)の発表の中では「仮想通貨やブロックチェーン技術の活用」については触れられていないものの、SquareのCEOであるJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏は2021年3月4日のツイートで『Squareは今回の買収を通じて全く新しいリスニング体験や新しい補完的な収入源などに取り組む』と語っているため、業界では『TIDALのサービスでブロックチェーンやNFTが活用される可能性がある』と期待されています。

Non-Fungible Token(NFT)とはブロックチェーン技術を用いて発行される代替不可能なトークンであり、現在は「ゲーム内アイテムアート作品音楽作品不動産」などといった様々なものがNFTとして発行されています。

音楽業界では「楽曲をNFT形式で発行することによって、アーティストに適切な報酬を還元する」といった取り組みが多数行われているため、TIDALでもそのようなサービスが開始される可能性があると予想されます。

Jack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏は以前からビットコイン(BTC)ブロックチェーン技術を強く支持しており、先月12日にはJay-Z氏と共同でビットコインの開発を促進するための基金「₿trust」を設立することなども発表されているため、両者がTIDALのサービスでブロックチェーン技術を活用する可能性は十分にあると考えられています。

>>「Square」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

クロアチアのガソリンスタンド「仮想通貨決済」に対応|BTC・ETHなど合計5銘柄

クロアチアのガソリンスタンド「仮想通貨決済」に対応|BTC・ETHなど合計5銘柄

仮想通貨取引所「STREAMEX(ストリームEX)」とは?基本情報や特徴をわかりやすく解説

仮想通貨取引所「STREAMEX(ストリームEX)」とは?基本情報や特徴をわかりやすく解説

アルトコイン価格「大幅上昇」ビットコインからの資金流入で50%以上の回復も

アルトコイン価格「大幅上昇」ビットコインからの資金流入で50%以上の回復も

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年11月17日〜23日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年11月17日〜23日

スマホでの「仮想通貨取引」をもっと気軽に|Samsungウォレット・Geminiアプリが連携

スマホでの「仮想通貨取引」をもっと気軽に|Samsungウォレット・Geminiアプリが連携

イギリス当局:暗号資産デリバティブ「個人投資家への販売禁止」を正式決定

イギリス当局:暗号資産デリバティブ「個人投資家への販売禁止」を正式決定

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコインで不動産購入「イエリーチBTC決済」公開へ:ネクサスエージェント

ビットコインで不動産購入「イエリーチBTC決済」公開へ:ネクサスエージェント

SQUARE ENIX:2021年夏に「NFTデジタルシール」発売へ|double jump.tokyoと協業

SQUARE ENIX:2021年夏に「NFTデジタルシール」発売へ|double jump.tokyoと協業

カナダ当局「3つのイーサリアムETF(上場投資信託)」を承認|20日から取引開始予定

カナダ当局「3つのイーサリアムETF(上場投資信託)」を承認|20日から取引開始予定

米大手暗号資産取引所「コインベース」NASDAQに上場|株価は一時430ドルを記録

米大手暗号資産取引所「コインベース」NASDAQに上場|株価は一時430ドルを記録

スイスの暗号資産取引所Lykke「XRP取引サービスの再開」を決定

スイスの暗号資産取引所Lykke「XRP取引サービスの再開」を決定

Cardano(ADA)「ブロック生成の完全分散化」を実現|新たな資金提供プロジェクトも決定

Cardano(ADA)「ブロック生成の完全分散化」を実現|新たな資金提供プロジェクトも決定

FiNANCiE「NFTのオンチェーン対応+クリエイター支援サービス開始」を発表

FiNANCiE「NFTのオンチェーン対応+クリエイター支援サービス開始」を発表

世界初「ボカロ楽曲の共創NFT」1枚限定オークション開始【Nor × double jump.tokyo】

世界初「ボカロ楽曲の共創NFT」1枚限定オークション開始【Nor × double jump.tokyo】

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

Crypto.com「Crypto.org Chain(CRO)」のメインネット公開

Crypto.com「Crypto.org Chain(CRO)」のメインネット公開

Jump Trading:スポーツ関連仮想通貨プロジェクト「Chiliz」に投資|CHZ価格も上昇

Jump Trading:スポーツ関連仮想通貨プロジェクト「Chiliz」に投資|CHZ価格も上昇

米SEC元委員長のクレイトン氏「暗号資産運用会社の規制諮問委員会」に参加

米SEC元委員長のクレイトン氏「暗号資産運用会社の規制諮問委員会」に参加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す