仮想通貨決済サービス「Binance Pay」アルファ版公開|小売店での支払いが可能に

by BITTIMES

暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」は2021年3月12日に、同社が提供する非接触型の仮想通貨決済サービス「Binance Pay(バイナンスペイ)」のアルファ版をリリースしたことを発表しました。これによって同アプリの利用者は、世界中にある対応店舗で"利用手数料なしの仮想通貨決済"を行うことが可能となりました。

こちらから読む:Chiliz(CHZ)、1年間で15,000%価格上昇「暗号資産」関連ニュース

「仮想通貨33銘柄・法定通貨5通貨」をサポート

BINANCE(バイナンス)は2021年3月12日に、バイナンスアプリで利用可能な非接触型の仮想通貨決済サービス「Binance Pay(バイナンスペイ)」のアルファ版をリリースしたことを発表しました。

Binance Pay(バイナンスペイ)はBINANCEが提供する世界中で利用可能な仮想通貨決済サービスであり、2020年2月には「P2P決済専用のベータ版」がリリースされていましたが、今回の発表では小売店での支払いにも利用できるアルファ版がリリースされたことが報告されています。

バイナンスペイは特定の地域に関係なく「Binance.com」で本人確認手続きを完了している全てのユーザーが利用できるとのことで、実際に仮想通貨決済を行う場合には「スポットウォレット」から「ペイウォレット」に資金を移動することによって、支払いを行うことができるとされています。

「Binance Pay」でサポートされている仮想通貨は以下の33銘柄となっており、法定通貨は「ユーロ・英ポンド・豪ドル・ブラジルレアル・トルコリラ」の5通貨をサポートしているとされています。

【Binance Pay対応の仮想通貨】
BTC、BNB、BUSD、ETH、ADA、ATOM、BCH、DASH、DOGE、DOT、EOS、ETC、FIL、HBAR、LINK、LTC、MATIC、NEO、PAX、QTUM、TRX、TUSD、UNI、USDC、VET、WRX、XLM、XMR、XRP、XTZ、ZEC、USDT、SXP

従来の金融サービスの問題・制約を解決

BINANCEのCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は『従来の決済インフラサービスでは高い取引手数料がかかっていた』と指摘しており、『Binance Payは従来の金融サービスにおける多くの問題と制約を解決する方法の1つになると考えている』と語っています。

従来の決済インフラサービスでは高い取引手数料がかかります。「Binance pay」は従来の金融サービスにおける多くの問題と制約を解決する方法の1つになると考えています。

金融は今まさにデジタル世界・デジタル経済に向かって進んでいます。仮想通貨はこの変化の中核にあり、それを必要とする世界中の多くの人々に利益をもたらしています。

今回の発表では「Binance Pay」が2021年3月12日に仮想通貨対応の宿泊予約サイト「Travala.com」でサポートされたことも報告されており、これによって300万を超える旅行商品を予約することができるようになったと説明されています。

また、現在は「Binance Pay」を通じた仮想通貨決済をサポートしたい店舗も募集しているとされているため、今後は利用可能な店舗がさらに増えていくことになると予想されます。

>>「BINANCE」の公式発表はこちら
>>「BINANCE」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ロシア中銀:中央銀行デジタル通貨「デジタルルーブル」の発行可能性を調査

ロシア中銀:中央銀行デジタル通貨「デジタルルーブル」の発行可能性を調査

ドイツ政府「ブロックチェーン用いたデジタル証券」を合法化

ドイツ政府「ブロックチェーン用いたデジタル証券」を合法化

Zaif:オリジナルグッズ・大根カレーが当たる「プレゼントキャンペーン」開始

Zaif:オリジナルグッズ・大根カレーが当たる「プレゼントキャンペーン」開始

仮想通貨ウォレット+アクセサリー|Troveとは?

仮想通貨ウォレット+アクセサリー|Troveとは?

SEBC:暗号資産について無料相談できる「ビットコインの相談窓口」提供開始

SEBC:暗号資産について無料相談できる「ビットコインの相談窓口」提供開始

英暗号資産取引所EXMOで「DDoS攻撃」の被害発生|2ヶ月間で2度標的に

英暗号資産取引所EXMOで「DDoS攻撃」の被害発生|2ヶ月間で2度標的に

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年10月10日〜16日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年10月10日〜16日

エルサルバドル政府「150BTCを追加購入」保有するビットコインは合計700BTCに

エルサルバドル政府「150BTCを追加購入」保有するビットコインは合計700BTCに

ロバート・キヨサキ氏「ビットコインの未来は明るい」投資・買い増しは慎重にとも説明

ロバート・キヨサキ氏「ビットコインの未来は明るい」投資・買い増しは慎重にとも説明

bitFlyer・bitbank:Lightning Network普及促進に向け「Diamond Hands」を支援

bitFlyer・bitbank:Lightning Network普及促進に向け「Diamond Hands」を支援

NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」リリース:CryptoGames株式会社

NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」リリース:CryptoGames株式会社

エルサルバドル:仮想通貨ATMの設置台数ランキングで「世界第3位」に

エルサルバドル:仮想通貨ATMの設置台数ランキングで「世界第3位」に

韓国大手暗号資産取引所「Upbit」本人確認未完了ユーザーに利用制限

韓国大手暗号資産取引所「Upbit」本人確認未完了ユーザーに利用制限

コインチェック:シンボル(Symbol/XYM)の付与「2021年度中」に実施へ

コインチェック:シンボル(Symbol/XYM)の付与「2021年度中」に実施へ

スヌープ・ドッグ氏:匿名NFTコレクター「Cozomo de’ Medici」であると暴露

スヌープ・ドッグ氏:匿名NFTコレクター「Cozomo de’ Medici」であると暴露

中国マクドナルド:新本社ビルオープン記念NFT「Big Mac Rubik's Cube」を発行

中国マクドナルド:新本社ビルオープン記念NFT「Big Mac Rubik's Cube」を発行

BINANCE「南アフリカ」でも一部サービスに利用制限

BINANCE「南アフリカ」でも一部サービスに利用制限

暗号資産取引所「東京ハッシュ(Tokyo Hash)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「東京ハッシュ(Tokyo Hash)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す