Cardano(ADA)「ブロック生成の完全分散化」を実現|新たな資金提供プロジェクトも決定

by BITTIMES

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)のネットワークにおけるブロック生成が完全に分散化されたことが明らかになりました。Cardanoネットワークでは以前までカルダノ開発企業である「Input Output」のノードがブロック生成で重要な役割をになっていましたが、現在はブロック生成の100%がコミュニティ主導のステークプールオペレーターによって行われています。

こちらから読む:Coinbase、NASDAQ上場予定日が決定「暗号資産」関連ニュース

ブロック生成の100%が「コミュニティ主導」に

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)の開発を担当している「Input Output」は2020年8月に『カルダノネットワークの完全分散化に向けたスケジュール』を公開し、Cardanoネットワークにおけるブロック生成(取引承認)を徐々に"コミュニティ主導"のものへと移行させていく計画を発表していました。

2020年8月16日時点のブロック生成率は「ステークプールのブロック生成率が10%」「Input Outputのノードのブロック生成率が90%」となっていましたが、その後は徐々にその割合が変更されていき、日本時間2021年4月1日には『Cardanoブロックの100%がコミュニティ主導のステークプールによって生成されるようになった』ということが報告されています。

(画像:Daedalus Wallet)(画像:Daedalus Wallet)

これはCardanoブロックチェーンにおける取引承認の全てが「コミュニティ主導」で行われるようになったことを意味するものであり、"完全分散型のブロックチェーンネットワーク"を構築するための重要な節目に到達したことを示しています。

「完全分散型の取引承認環境」を実現

特定の企業や団体が取引承認作業を行なっている場合にはそれらの団体が取引内容を改ざんすることが可能となるため、金融資産の取引などが行われるブロックチェーンネットワークでは「取引承認作業の分散化」が特に重要視されています。

Cardanoブロックチェーンでは「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」と呼ばれる仕組みが採用されているため、取引承認(ブロック生成)はコミュニティが主導する「ステークプール運営者」によって行われ、一般のADA保有者は「信頼できるステークプールを選んで、その報酬の一部を受け取ることができる」という、より平等な仕組みとなっています。

現在のCardanoネットワークではブロック生成全体が約2,000のステークプールに委ねられており、ネットワークの基盤となるプロトコルでのみ機能し続けるようになっているため、「一部団体による取引内容の改ざん防止」という点だけでなく、「持続可能な形でのネットワーク運営」という点でも大きな進歩が見られたと考えられます。

「Project Catalyst」でも進展

Cardanoは「Project Catalyst(プロジェクト・カタリスト)」と呼ばれるプロジェクトを通じて『Cardanoが資金提供を行うプロジェクト』もコミュニティ主導で決定する仕組みを採用していますが、先日は『3度目の資金提供先となるプロジェクト』もコミュニティ投票で決定されているため、今後はCardanoプロジェクト全体の分散化が進んでいくことになると期待されます。

なお「CatalystFUND3」で選ばれたのは以下の20提案であり、現在は日本のCardanoアンバサダーである「YUTA氏(@yuta_cryptox)」による各プロジェクトの解説記事も公開されています。

  • iqwid: Cardano DeFi Liquidity Pools
  • da Tx to Trigger IoT + IO HW Spins
  • ython Module
  • isual Studio Smart Contract Plugin
  • ardanoSharp - .NET Library
  • iqwid Developer Portal: Cardano SDK
  • ardano IntelliJ IDEA Plugin (MVP)
  • ardano serialization library in Go
  • omprehensive NFT Framework Collab
  • BCD
  • DA MakerSpace - DEV lessons
  • rite Dapps as continuous workflows
  • eveloper & SPO Tools [CNTools]
  • ecentralized Accounting <- IFRS
  • etadata Oracle Node
  • etadata Oracle Explorer
  • igital Asset Inheritance
  • apps for Business Contracts
  • ood traceability solution - Africa
  • he Basket DApp for the People

>>「YUTA氏の解説記事」はこちら

2021年4月2日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は今月18日に160円付近まで上昇したものの、その後は横ばいの状態が続いており、2021年4月2日時点では「1ADA=132.21円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2021年1月2日〜2021年4月2日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2021年1月2日〜2021年4月2日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【Socios.com】The Sandboxで「スポーツ&エンタメ空間」構築へ|大型地所を購入

【Socios.com】The Sandboxで「スポーツ&エンタメ空間」構築へ|大型地所を購入

仮想通貨、決済手段としての使用率は「1%未満」オーストラリア中央銀行が報告

仮想通貨、決済手段としての使用率は「1%未満」オーストラリア中央銀行が報告

メルセデス・ベンツ:ブロックチェーンで「コバルト」の生産情報管理

メルセデス・ベンツ:ブロックチェーンで「コバルト」の生産情報管理

Cardano:商用インフラ「CCCI」近日発表へ|京都イベントはオンライン開催の可能性

Cardano:商用インフラ「CCCI」近日発表へ|京都イベントはオンライン開催の可能性

GMOコイン:スマホ向けアプリを「大幅リニューアル」便利機能を多数搭載

GMOコイン:スマホ向けアプリを「大幅リニューアル」便利機能を多数搭載

実業家:本田圭佑「ブロックチェーン・ファンド」設立へ|新たなビジネス構想も

実業家:本田圭佑「ブロックチェーン・ファンド」設立へ|新たなビジネス構想も

注目度の高い仮想通貨ニュース

【Coincheck NFT】The Sandboxの仮想土地「LAND」発売へ|合計33個を販売予定

【Coincheck NFT】The Sandboxの仮想土地「LAND」発売へ|合計33個を販売予定

ブルームバーグターミナル「Cardano/ADA」の情報を追加

ブルームバーグターミナル「Cardano/ADA」の情報を追加

コイントレード:暗号資産取引サービス提供開始「新規口座開設キャンペーン」も開催

コイントレード:暗号資産取引サービス提供開始「新規口座開設キャンペーン」も開催

BINANCE:新通貨PUNDIX対応に向け「NPXSの取引サービス」を停止

BINANCE:新通貨PUNDIX対応に向け「NPXSの取引サービス」を停止

Cardano(ADA)「Coinbase.com」と「iOS・Androidアプリ」でも利用可能に

Cardano(ADA)「Coinbase.com」と「iOS・Androidアプリ」でも利用可能に

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想土地「LAND」追加販売へ|合計310箇所を順次販売

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想土地「LAND」追加販売へ|合計310箇所を順次販売

日本銀行「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の連絡協議会」を設置|民間事業者も参加

日本銀行「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の連絡協議会」を設置|民間事業者も参加

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

【Cardano/ADA】スマートコントラクト機能「7月頃」に実装予定|NFT関連でも期待高まる

【Cardano/ADA】スマートコントラクト機能「7月頃」に実装予定|NFT関連でも期待高まる

Braveクリエイターの「bitFlyer連携サービス」開始|登録・設定方法も画像付きで解説

Braveクリエイターの「bitFlyer連携サービス」開始|登録・設定方法も画像付きで解説

ウォール街の狼Jordan Belfort氏「ビットコイン価格=1,000万円」を予想

ウォール街の狼Jordan Belfort氏「ビットコイン価格=1,000万円」を予想

Overbitが仮想通貨及び従来市場のトレーダーを対象に、取引決定要因とパターンを調べる為のトレーダー調査を実施



Overbitが仮想通貨及び従来市場のトレーダーを対象に、取引決定要因とパターンを調べる為のトレーダー調査を実施



仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す