Gemini:暗号資産の購入方法に「Apple Pay・Google Pay」を追加

by BITTIMES

米国の暗号資産取引所「Gemini(ジェミナイ)」は2021年4月23日に、アップル社やグーグル社が提供している非接触型決済サービス「Apple Pay」や「Google Pay」などでビットコインなどの仮想通貨を購入できるようになったことを発表しました。

こちらから読む:ワイオミング州、DAOの法人化法案を承認「暗号資産」関連ニュース

「一回購入・定期購入」も選択可能

Gemini(ジェミナイ)は2021年4月23日に、Apple(アップル)Google(グーグル)が提供している非接触型決済サービスである「Apple Pay」や「Google Pay」などでビットコインなどの仮想通貨を購入できるようになったことを発表しました。

公式発表によると、Geminiユーザーは自分のデビットカードを「Apple Pay」や「Google Pay」に接続させることによって、簡単に法定通貨で仮想通貨を購入することができるようになるとのことで、これらの方法で購入した暗号資産は購入してから1時間後には出金することができるとされています。

購入可能な暗号資産は「ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)ライトコイン(LTC)」などGeminiが取り扱っている暗号資産30種類以上だと伝えられており、「一回だけの購入」だけでなく「定期購入」も選択することができるとされています。

「Apple Pay」で仮想通貨を購入できるようにする動きはその他の企業でも進められており、昨年12月には世界中のユーザー向けにサービスを提供している仮想通貨ウォレット「Lumi Wallet(ルミ・ウォレット)」が対応、今年2月には大手仮想通貨決済プロバイダーである「BitPay(ビットペイ)」が同社の仮想通貨プリペイドカードをApple Payに登録できるようになったことを発表しています。

なお「Lumi Wallet」は『Apple Pay対応後にビットコイン購入が200%増加し、新規利用者も増加した』とも報告しています。

>>「Gemini」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Solanaバリデーターを簡単3ステップで立ち上げ「solv2」リリース

Solanaバリデーターを簡単3ステップで立ち上げ「solv2」リリース

CARDANO財団の「資金問題」解決に糸口|マイケル・パーソンズ会長辞任へ

CARDANO財団の「資金問題」解決に糸口|マイケル・パーソンズ会長辞任へ

【速報】BINANCE:ハッキングでビットコイン「約44億円」相当が流出

【速報】BINANCE:ハッキングでビットコイン「約44億円」相当が流出

アブハジア共和国:仮想通貨マイニング禁止措置を撤廃し「適切な規制」導入へ

アブハジア共和国:仮想通貨マイニング禁止措置を撤廃し「適切な規制」導入へ

OKCoinJapan:積立サービスで「自動ステーキング機能」提供開始

OKCoinJapan:積立サービスで「自動ステーキング機能」提供開始

Big Time Studios:NFT活用した本格アクションRPG「ビッグタイム」開発へ

Big Time Studios:NFT活用した本格アクションRPG「ビッグタイム」開発へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説