Lumi Wallet:Apple Pay対応後、ビットコイン購入が「200%」増加

by BITTIMES

複数の暗号資産に対応している仮想通貨ウォレット「Lumi Wallet(ルミ・ウォレット)」は、同社のiOSアプリで「Apple Pay(アップルペイ)」による暗号資産の購入が可能になった後に、ビットコイン(BTC)購入が200%増加したことを明らかにしました。

こちらから読む:Chrome拡張機能"Theta Wallet"公開「暗号資産」関連ニュース

Apple Pay対応で「BTC購入・新規利用者」が増加

Lumi Wallet(ルミ・ウォレット)は日本を含めた世界中のユーザー向けにサービスを提供している複数の暗号資産に対応した仮想通貨ウォレットであり、ビットコインイーサリアムテザーなどといった主流の暗号資産に加えて、1,200種類以上のトークンやステーブルコインなどもサポートしています。

同社は今月11日にiOS版アプリで「Apple Pay(アップルペイ)」による仮想通貨の購入が可能になったことを発表していましたが、最新の報告では『Apple Pay対応後にビットコイン購入が200%増加して、新規利用者も増加した』と報告されています。

報道によると『Apple Payに対応したことによって仮想通貨の購入手続きが簡素化され、取引にかかる時間が約7分の1にまで短縮された』と伝えられています。従来の一般的な方法を仮想通貨を購入する場合には、本人確認手続きなどによって約10分〜14分ほどの時間がかかるものの、Apple Payを採用することによってこの確認手順をスキップすることができるようになるため、購入時間が15秒未満に短縮されるとのことです。

仮想通貨メディア「AMB Crypto」の報道によると、Lumi WalletのCEOであるDiana Furman氏はApple Payの導入について次のように語ったと報じられています。

Apple Payはビットコインの採用を促進するだけでなく、ウォレットの重要な機能になると確信していました。私たちのチームは市場参加者として暗号資産を可能な限り簡単に扱えるものする必要があることを理解しています。

Lumi Wallet(ルミ・ウォレット)は世界中で75万人以上のユーザーに利用されていますが、ビットコイン購入の大部分は米国にユーザーによって行われているとのことで、全ての購入の33%が米国で行われていると報告されています。しかしながら、新規利用者の数が最も多かったのはラテンアメリカで11月から29%増加しているとも伝えられています。

「Apple payによる仮想通貨の購入」をサポートするウォレットアプリは増えてきており、今月7日には仮想通貨やトークン化された株式などに投資することができるウォレットアプリ「Abra(アブラ)」も「Apple Pay・Google Pay・Samsung Pay」などといった様々な決済手段に対応した新サービスを開始したことを発表しているため、このような動きが新規利用者の増加・仮想通貨購入量の増加につながると期待されます。

>>「Lumi Wallet」の発表はこちら
>>「Lumi Wallet」の公式サイトはこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

G20:仮想通貨の将来性・懸念点・今後の基準についての見解を表明

G20:仮想通貨の将来性・懸念点・今後の基準についての見解を表明

ビットコインクジラ、100万円付近での「押し目買い」を確認|恐怖指数は減少傾向

ビットコインクジラ、100万円付近での「押し目買い」を確認|恐怖指数は減少傾向

バハマ中央銀行:CBDC「Sand Dollars(サンドドル)」2020年10月発行へ

バハマ中央銀行:CBDC「Sand Dollars(サンドドル)」2020年10月発行へ

ブロックチェーンゲーム「Age of Rust」2021年3月にSteamで配信へ

ブロックチェーンゲーム「Age of Rust」2021年3月にSteamで配信へ

スイスの大学がビットコインによる学費受付開始「仮想通貨大国への一歩」

スイスの大学がビットコインによる学費受付開始「仮想通貨大国への一歩」

Zaif:NEM取引で「10,000円相当のフィスココイン」が当たるキャンペーン開始

Zaif:NEM取引で「10,000円相当のフィスココイン」が当たるキャンペーン開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

世界最大級の決済端末メーカー「Verifone」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

世界最大級の決済端末メーカー「Verifone」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

Chiliz&Socios:トルコのサッカークラブ「Gaziantep F.K.」と提携|$GFKファントークン発行へ

Chiliz&Socios:トルコのサッカークラブ「Gaziantep F.K.」と提携|$GFKファントークン発行へ

コインベース:NFTマーケットプレイス「Coinbase NFT」提供へ|事前登録受付開始

コインベース:NFTマーケットプレイス「Coinbase NFT」提供へ|事前登録受付開始

Mastercard×Bakkt「仮想通貨報酬還元」などを可能にする新サービス提供へ

Mastercard×Bakkt「仮想通貨報酬還元」などを可能にする新サービス提供へ

SBI:日本初の「NFTアートオークション」開催へ|合計8作品を出品

SBI:日本初の「NFTアートオークション」開催へ|合計8作品を出品

NFTアイコン販売サービス「iconee」キャラクター権利元企業からの事前申込受付開始

NFTアイコン販売サービス「iconee」キャラクター権利元企業からの事前申込受付開始

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

Chiliz&Socios:アルゼンチンの「Racing Club」と提携|$RACINGファントークン発行へ

Chiliz&Socios:アルゼンチンの「Racing Club」と提携|$RACINGファントークン発行へ

ProSharesのビットコイン先物ETF「10月19日」にローンチ【米国初】

ProSharesのビットコイン先物ETF「10月19日」にローンチ【米国初】

【重要】Symbolの技術を悪用した「XYM送金詐欺」に要注意|ウォレット利用者が標的に

【重要】Symbolの技術を悪用した「XYM送金詐欺」に要注意|ウォレット利用者が標的に

Bakkt:今月18日に「ニューヨーク証券取引所(NYSE)」上場へ

Bakkt:今月18日に「ニューヨーク証券取引所(NYSE)」上場へ

Chiliz&Socios:NBA所属プロバスケチーム「Phoenix Suns」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属プロバスケチーム「Phoenix Suns」と提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す