BINANCE:Apple・Microstrategy・Microsoftの「株式トークン」取扱いへ

by BITTIMES

暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」は2021年4月26日に、同社が新たに提供を開始した"トークン化された株式"の取引サービス「Stock Tokens」において「Microstrategy(マイクロストラテジー)、Apple(アップル)、Microsoft(マイクロソフト)」の株トークン取扱いを開始することを発表しました。

こちらから読む:エミネム、限定枚数のNFT作品販売開始「暗号資産」関連ニュース

「Microstrategy、Apple、Microsoft」の株トークン追加

BINANCE(バイナンス)は2021年4月26日に、同社が新たに提供を開始した"トークン化された株式"の取引サービス「Stock Tokens」において「Microstrategy(マイクロストラテジー)、Apple(アップル)、Microsoft(マイクロソフト)」の株式トークン取扱いを開始することを発表しました。

新たに追加される取引ペアは以下の3種類となっており、各取引ペアは以下のようなスケジュールで順次追加される予定だと報告されています。

取引ペア取引開始日時(日本時間)
Microstrategy(MSTR/BUSD)2021年4月26日22時30分
Apple(AAPL/BUSD)2021年4月28日22時30分
Microsoft(MSFT/BUSD)2021年4月30日22時30分

なお、これら3つの株式トークンが追加されることによって、BINANCEが取扱う株式トークンは以下の合計5種類となります。
Tesla(TSLA)
Coinbase(COIN)
Microstrategy(MSTR)
Apple(AAPL)
Microsoft(MSFT)

「株式トークンは証券法違反の可能性がある」との報道も

BINANCE(バイナンス)が提供する株式トークンに関しては、最近の報道で「香港の法律事務所」「イギリスの金融行動監視機構(FCA)」「ドイツの連邦金融監督庁(BaFin)」などが『証券法違反の可能性がある』として問題視していることが報じられています。

Finacial Times」が2021年4月22日に報じた内容によると、イギリスの金融行動監視機構は『当該商品の詳細と、それに適応される可能性のある規制、宣伝方法などを理解するためにBINANCEと協力している』と語ったとされており、ドイツの連邦金融監督庁(BaFin)は具体的なコメントは控えながらも『トークンが譲渡可能で、暗号資産取引所で取引でき、配当や現金決済などの経済的権利を備えている場合、それらは証券であり、目論見書を発表する義務がある』と語ったとされています。

しかし、BINANCE側はこれに対して<『株式トークンはEUのMiFID 2(第2次金融商品市場指令)とBaFinの銀行規制を遵守しており、ミュンヘンにある認可済みの投資グループ「CM-Equity(CMエクイティ)の限定された場でのみ売買されるため、目論見書は必要ない』と説明しています。

またBINANCEは、株式トークンが法定通貨ではなく、仮想通貨である「バイナンスUSD(Binance USD/BUSD)」で取引されることや、普通株に与えられる投票権が付与されないことなども説明しています。

>>「BINANCE」の公式発表はこちら
>>「BINANCE」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardano創設者「なりすましの詐欺メール」について注意喚起|本物と見分ける方法は?

Cardano創設者「なりすましの詐欺メール」について注意喚起|本物と見分ける方法は?

ドイツのブロックチェーン企業「Gapless」ポルシェなどから合計6億円の資金調達

ドイツのブロックチェーン企業「Gapless」ポルシェなどから合計6億円の資金調達

仮想通貨投資ができるリヒテンシュタインの銀行

仮想通貨投資ができるリヒテンシュタインの銀行

NFTカンファレンス「Non Fungible Tokyo」オンライン会場の一般受付開始【参加費無料】

NFTカンファレンス「Non Fungible Tokyo」オンライン会場の一般受付開始【参加費無料】

ドージコインは「1,000円」を超える?著名アナリストのDOGE価格予想

ドージコインは「1,000円」を超える?著名アナリストのDOGE価格予想

Mt.Gox再生管財人「債権者の弁済手続き」に関する案内メール送付|弁済受領に近づく

Mt.Gox再生管財人「債権者の弁済手続き」に関する案内メール送付|弁済受領に近づく

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン投資家のための銀行設立を可能に|エルサルバドル政府が法改正案を提出

ビットコイン投資家のための銀行設立を可能に|エルサルバドル政府が法改正案を提出

LINE BITMAX:XRP保有者に対する「FLRのエアドロップ」を完了|出庫サービスも開始

LINE BITMAX:XRP保有者に対する「FLRのエアドロップ」を完了|出庫サービスも開始

プレセールで200万ドルの資金調達に成功した注目の新BRC-20トークン99Bitcoins

プレセールで200万ドルの資金調達に成功した注目の新BRC-20トークン99Bitcoins

「ビットコインマイニングはCBDCに対する最後の防衛線」トランプ前大統領

「ビットコインマイニングはCBDCに対する最後の防衛線」トランプ前大統領

新しいソラナL2「SolanaVM」プレセール初日に75万ドルを調達|SolanaのTVLは先月40%急上昇

新しいソラナL2「SolanaVM」プレセール初日に75万ドルを調達|SolanaのTVLは先月40%急上昇

OKCoinJapan:ネオ(NEO)取扱いへ【国内初上場】

OKCoinJapan:ネオ(NEO)取扱いへ【国内初上場】

Astar Network(ASTR)総供給量の5%を処分する「大規模バーン」を提案

Astar Network(ASTR)総供給量の5%を処分する「大規模バーン」を提案

40万円が「1億7,300万円」に|シバイヌ(SHIB)初期投資家が3年半を経て利確

40万円が「1億7,300万円」に|シバイヌ(SHIB)初期投資家が3年半を経て利確

Atomic Wallet:Shibariumのネイティブトークン「BONE」をサポート

Atomic Wallet:Shibariumのネイティブトークン「BONE」をサポート

AI取引ボット:ビットボットが支配する10億ドル規模の市場

AI取引ボット:ビットボットが支配する10億ドル規模の市場

Flare基盤DEXのBlazeSwap:Sceptreの「sFLRトークン」をサポート

Flare基盤DEXのBlazeSwap:Sceptreの「sFLRトークン」をサポート

ミームネーターの登場:今年注目のミームコインと期待される理由

ミームネーターの登場:今年注目のミームコインと期待される理由

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

人気のタグから探す