BINANCE:Apple・Microstrategy・Microsoftの「株式トークン」取扱いへ

by BITTIMES

暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」は2021年4月26日に、同社が新たに提供を開始した"トークン化された株式"の取引サービス「Stock Tokens」において「Microstrategy(マイクロストラテジー)、Apple(アップル)、Microsoft(マイクロソフト)」の株トークン取扱いを開始することを発表しました。

こちらから読む:エミネム、限定枚数のNFT作品販売開始「暗号資産」関連ニュース

「Microstrategy、Apple、Microsoft」の株トークン追加

BINANCE(バイナンス)は2021年4月26日に、同社が新たに提供を開始した"トークン化された株式"の取引サービス「Stock Tokens」において「Microstrategy(マイクロストラテジー)、Apple(アップル)、Microsoft(マイクロソフト)」の株式トークン取扱いを開始することを発表しました。

新たに追加される取引ペアは以下の3種類となっており、各取引ペアは以下のようなスケジュールで順次追加される予定だと報告されています。

取引ペア取引開始日時(日本時間)
Microstrategy(MSTR/BUSD)2021年4月26日22時30分
Apple(AAPL/BUSD)2021年4月28日22時30分
Microsoft(MSFT/BUSD)2021年4月30日22時30分

なお、これら3つの株式トークンが追加されることによって、BINANCEが取扱う株式トークンは以下の合計5種類となります。
Tesla(TSLA)
Coinbase(COIN)
Microstrategy(MSTR)
Apple(AAPL)
Microsoft(MSFT)

「株式トークンは証券法違反の可能性がある」との報道も

BINANCE(バイナンス)が提供する株式トークンに関しては、最近の報道で「香港の法律事務所」「イギリスの金融行動監視機構(FCA)」「ドイツの連邦金融監督庁(BaFin)」などが『証券法違反の可能性がある』として問題視していることが報じられています。

Finacial Times」が2021年4月22日に報じた内容によると、イギリスの金融行動監視機構は『当該商品の詳細と、それに適応される可能性のある規制、宣伝方法などを理解するためにBINANCEと協力している』と語ったとされており、ドイツの連邦金融監督庁(BaFin)は具体的なコメントは控えながらも『トークンが譲渡可能で、暗号資産取引所で取引でき、配当や現金決済などの経済的権利を備えている場合、それらは証券であり、目論見書を発表する義務がある』と語ったとされています。

しかし、BINANCE側はこれに対して<『株式トークンはEUのMiFID 2(第2次金融商品市場指令)とBaFinの銀行規制を遵守しており、ミュンヘンにある認可済みの投資グループ「CM-Equity(CMエクイティ)の限定された場でのみ売買されるため、目論見書は必要ない』と説明しています。

またBINANCEは、株式トークンが法定通貨ではなく、仮想通貨である「バイナンスUSD(Binance USD/BUSD)」で取引されることや、普通株に与えられる投票権が付与されないことなども説明しています。

>>「BINANCE」の公式発表はこちら
>>「BINANCE」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

GMOコイン:スナップショットに伴う「NEM関連の一部サービス停止」を発表

GMOコイン:スナップショットに伴う「NEM関連の一部サービス停止」を発表

HuobiがJCBA(日本仮想通貨事業者協会)に参加|今後どうなる?

HuobiがJCBA(日本仮想通貨事業者協会)に参加|今後どうなる?

人権財団:仮想通貨「ビットコイン」による寄付を受け入れ|BTCPay Serverを採用

人権財団:仮想通貨「ビットコイン」による寄付を受け入れ|BTCPay Serverを採用

暗号資産取引所「AMDAX」オランダ初の運営ライセンス取得

暗号資産取引所「AMDAX」オランダ初の運営ライセンス取得

国税庁:暗号資産の税金に関するFAQに「貸付・貸出・レンディング関連の内容」を追記

国税庁:暗号資産の税金に関するFAQに「貸付・貸出・レンディング関連の内容」を追記

食品大手Dole:ブロックチェーン技術、2025年までに「すべての部門」で活用へ

食品大手Dole:ブロックチェーン技術、2025年までに「すべての部門」で活用へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

Cardano(ADA)価格下落の中で取引活発化「BTCに次いで2番目に多い取引量」を記録

Cardano(ADA)価格下落の中で取引活発化「BTCに次いで2番目に多い取引量」を記録

Cardano(ADA)「Daedalus 4.5.1」公開|ステークプールの過剰飽和警告機能などを追加

Cardano(ADA)「Daedalus 4.5.1」公開|ステークプールの過剰飽和警告機能などを追加

Zaif:Symbol(XYM)取引で「1万円相当のCICC」が当たるキャンペーン開始

Zaif:Symbol(XYM)取引で「1万円相当のCICC」が当たるキャンペーン開始

Kraken CEO「英国でMonero(XMR)を上場廃止にした理由」について説明

Kraken CEO「英国でMonero(XMR)を上場廃止にした理由」について説明

暗号資産自動損益計算ツールのクリプタクト「BINANCE」とのAPI連携開始

暗号資産自動損益計算ツールのクリプタクト「BINANCE」とのAPI連携開始

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Chiliz Exchange:デビスカップby楽天の「$DAVISファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:デビスカップby楽天の「$DAVISファントークン」本日取引開始

TAOTAO「ビットコイン”Taproot”アップグレード記念キャンペーン」開始

TAOTAO「ビットコイン”Taproot”アップグレード記念キャンペーン」開始

Cardano:ネットワーク拡大に向けた「調整プログラム」実施へ|ブロックサイズは12.5%増に

Cardano:ネットワーク拡大に向けた「調整プログラム」実施へ|ブロックサイズは12.5%増に

バルバドス政府:Decentraland(MANA)で「世界初のメタバース大使館」建設へ

バルバドス政府:Decentraland(MANA)で「世界初のメタバース大使館」建設へ

Apple社CEO「暗号資産保有している」と公表|仮想通貨決済・NFT関連の質問にも回答

Apple社CEO「暗号資産保有している」と公表|仮想通貨決済・NFT関連の質問にも回答

ビットコインが貯まる「bitFlyer クレカ」わずか3日で申込件数10,000件を突破

ビットコインが貯まる「bitFlyer クレカ」わずか3日で申込件数10,000件を突破

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す