BINANCE「約650億円相当のBNB」をバーン|価格高騰で過去最高の焼却金額に

by BITTIMES

大手暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」は2021年4月16日に、同社が発行している仮想通貨「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」のバーン(焼却)を実施したことを発表しました。第15回目となる今回のバーンでは過去最高額約650億円に相当する「1,099,888 BNB」が焼却処分されています。

こちらから読む:コインブック、暗号資産交換業者の登録を完了「暗号資産」関連ニュース

過去最高額「650億円相当のBNB」を焼却処分

BINANCE(バイナンス)は2021年4月16日に、同社が発行している仮想通貨「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」のバーン(焼却)したことを発表しました。バーン(Burn)とは、運営者が保有している仮想通貨の一部を永久に使えないようにする行為のことであり、市場に流通する通貨が減少することによって希少価値が高まり、通貨の価格が上昇することなどが期待されています。

バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)の総発行枚数は2億BNBとなっていますが、BINANCEは四半期ごとに前四半期の取引高に応じて一定量のBNBを買い戻した上でそのBNBをバーンしており、最終的には流通枚数が1億BNBまで半減する仕組みとなっています。

今回実施された第15回目のBNBバーンでは「1,099,888 BNB」がバーンされたと報告されていますが、2021年1月時点で約4,000円となっていたBNB価格はわずか1四半期で16.8倍となる約70,000円まで高騰しているため、今回バーンされた1,099,888 BNBはドル価格で換算すると過去最高額となる595,314,380ドル(約650億円)相当になると報告されています。

(画像:BINANCE)(画像:BINANCE)

バイナンスコイン(BNB)価格上昇の要因は?

バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)の価格が大幅上昇した理由については『明確な答えを見つけることはできないが、以下のような複数のことが要因として考えられる』と説明されています。

  • 過去3.5年間にわたるコミュニティとチームの絶え間ない開発活動
  • Binance Smart Chain(BSC)における分散型金融(DeFi)およびその他プロジェクトの成長
  • Coinbaseの上場。これはBNBにもプラスの影響
  • 仮想通貨業界全体の成長
  • 最も重要なのは「BINANCEエコシステムに対するユーザーのサポートと貢献」

BINANCEでは「BNBで取引手数料を支払うことによって、手数料割引を受けることができる仕組み」が採用されているため、BINANCEでの取引が増加すればBNB買いの動きも高まることになると考えられます。

BINANCEは非常に多くの暗号資産を取り扱っている世界最大の暗号資産取引所であり、仮想通貨の価格は現在も上昇を続けているため、現在の仮想通貨取引が活発な状態が続けば、BNB価格もさらに上昇していくことになると予想されます。

>>「BINANCE」の公式発表はこちら

2021年4月17日|Binance Coin(BNB)の価格

バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)の価格は今月13日に66,000円付近まで高騰したものの、その後はやや下落しており、2021年4月17日時点では「1BNB=58,386円」で取引されています。

>>BNBを取り扱っている「BINANCE」の公式サイトはこちら

2021年1月17日〜2021年4月17日 BNBのチャート(画像:CoinMarketCap)2021年1月17日〜2021年4月17日 BNBのチャート(画像:CoinMarketCap)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

PayPal:英国の全ユーザー向けに「仮想通貨取引サービス」提供開始

PayPal:英国の全ユーザー向けに「仮想通貨取引サービス」提供開始

人気マンガ「ULTRAMAN」のNFTをグローバル展開:ヒーローズ×NOBORDER.z

人気マンガ「ULTRAMAN」のNFTをグローバル展開:ヒーローズ×NOBORDER.z

【重要】コインチェック:IOSTなど「仮想通貨の誤送金」について注意喚起

【重要】コインチェック:IOSTなど「仮想通貨の誤送金」について注意喚起

ビットトレックス、米国で破産申請「Bittrex Globalには影響しない」とも説明

ビットトレックス、米国で破産申請「Bittrex Globalには影響しない」とも説明

ブロックチェーンで「運転免許証」をデジタル化:豪ニューサウスウェールズ州

ブロックチェーンで「運転免許証」をデジタル化:豪ニューサウスウェールズ州

Binance US:削除予定の取引ペアを「合計10種類」に変更|USDTペアは廃止せず

Binance US:削除予定の取引ペアを「合計10種類」に変更|USDTペアは廃止せず

注目度の高い仮想通貨ニュース

中国国営テレビの「暗号資産ニュース」が話題に|香港の新ルール導入について報道

中国国営テレビの「暗号資産ニュース」が話題に|香港の新ルール導入について報道

Brave Talk:NFT保有者限定で通話できる「トークンゲート機能」追加

Brave Talk:NFT保有者限定で通話できる「トークンゲート機能」追加

Rakuten NFT:3Dで鑑賞できる「3D NFT」提供開始|AR機能も利用可能に

Rakuten NFT:3Dで鑑賞できる「3D NFT」提供開始|AR機能も利用可能に

2023年のクリプト投資:アルトシグナルのプレセールは注目すべき?

2023年のクリプト投資:アルトシグナルのプレセールは注目すべき?

P2P暗号資産取引所「Paxful」マーケットプレイス再開を発表

P2P暗号資産取引所「Paxful」マーケットプレイス再開を発表

Symbol活用のNFT特化型ウォレット「NFTDriveEX」発表|様々な機能を搭載

Symbol活用のNFT特化型ウォレット「NFTDriveEX」発表|様々な機能を搭載

「デジタル通貨はこれ以上必要ない」米SECのゲイリー・ゲンスラー委員長

「デジタル通貨はこれ以上必要ない」米SECのゲイリー・ゲンスラー委員長

OpenSea Pro:ミームコイン「PEPE」を決済手段として採用

OpenSea Pro:ミームコイン「PEPE」を決済手段として採用

XDC Network(XDC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

XDC Network(XDC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Symbol活用する「Opening Line」AIRファンド・ラックから資金調達を実施

Symbol活用する「Opening Line」AIRファンド・ラックから資金調達を実施

Tether社「ビットコインの定期購入計画」を発表|準備金強化のための投資戦略

Tether社「ビットコインの定期購入計画」を発表|準備金強化のための投資戦略

仮想通貨取引所Hotbit「運営停止」を発表|ユーザーは期日までに出金手続きを

仮想通貨取引所Hotbit「運営停止」を発表|ユーザーは期日までに出金手続きを

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

XDC Network(XDC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

XDC Network(XDC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

PROJECT XENO・GXEとは?基本情報・特徴・取扱う暗号資産取引所などを解説

PROJECT XENO・GXEとは?基本情報・特徴・取扱う暗号資産取引所などを解説

Uniswap(ユニスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

Uniswap(ユニスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

価格上昇で注目が集まるミームコイン「PEPE」とは?基本情報・特徴など

価格上昇で注目が集まるミームコイン「PEPE」とは?基本情報・特徴など

クリプトGPT(CryptoGPT/GPT)とは?基本情報・特徴などを解説

クリプトGPT(CryptoGPT/GPT)とは?基本情報・特徴などを解説

人気のタグから探す