BINANCE「約650億円相当のBNB」をバーン|価格高騰で過去最高の焼却金額に

by BITTIMES

大手暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」は2021年4月16日に、同社が発行している仮想通貨「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」のバーン(焼却)を実施したことを発表しました。第15回目となる今回のバーンでは過去最高額約650億円に相当する「1,099,888 BNB」が焼却処分されています。

こちらから読む:コインブック、暗号資産交換業者の登録を完了「暗号資産」関連ニュース

過去最高額「650億円相当のBNB」を焼却処分

BINANCE(バイナンス)は2021年4月16日に、同社が発行している仮想通貨「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」のバーン(焼却)したことを発表しました。バーン(Burn)とは、運営者が保有している仮想通貨の一部を永久に使えないようにする行為のことであり、市場に流通する通貨が減少することによって希少価値が高まり、通貨の価格が上昇することなどが期待されています。

バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)の総発行枚数は2億BNBとなっていますが、BINANCEは四半期ごとに前四半期の取引高に応じて一定量のBNBを買い戻した上でそのBNBをバーンしており、最終的には流通枚数が1億BNBまで半減する仕組みとなっています。

今回実施された第15回目のBNBバーンでは「1,099,888 BNB」がバーンされたと報告されていますが、2021年1月時点で約4,000円となっていたBNB価格はわずか1四半期で16.8倍となる約70,000円まで高騰しているため、今回バーンされた1,099,888 BNBはドル価格で換算すると過去最高額となる595,314,380ドル(約650億円)相当になると報告されています。

(画像:BINANCE)(画像:BINANCE)

バイナンスコイン(BNB)価格上昇の要因は?

バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)の価格が大幅上昇した理由については『明確な答えを見つけることはできないが、以下のような複数のことが要因として考えられる』と説明されています。

  • 過去3.5年間にわたるコミュニティとチームの絶え間ない開発活動
  • Binance Smart Chain(BSC)における分散型金融(DeFi)およびその他プロジェクトの成長
  • Coinbaseの上場。これはBNBにもプラスの影響
  • 仮想通貨業界全体の成長
  • 最も重要なのは「BINANCEエコシステムに対するユーザーのサポートと貢献」

BINANCEでは「BNBで取引手数料を支払うことによって、手数料割引を受けることができる仕組み」が採用されているため、BINANCEでの取引が増加すればBNB買いの動きも高まることになると考えられます。

BINANCEは非常に多くの暗号資産を取り扱っている世界最大の暗号資産取引所であり、仮想通貨の価格は現在も上昇を続けているため、現在の仮想通貨取引が活発な状態が続けば、BNB価格もさらに上昇していくことになると予想されます。

>>「BINANCE」の公式発表はこちら

2021年4月17日|Binance Coin(BNB)の価格

バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)の価格は今月13日に66,000円付近まで高騰したものの、その後はやや下落しており、2021年4月17日時点では「1BNB=58,386円」で取引されています。

>>BNBを取り扱っている「BINANCE」の公式サイトはこちら

2021年1月17日〜2021年4月17日 BNBのチャート(画像:CoinMarketCap)2021年1月17日〜2021年4月17日 BNBのチャート(画像:CoinMarketCap)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コスプレトークン(COT)で応援できるNFTサービス「Curecos」β版公開

コスプレトークン(COT)で応援できるNFTサービス「Curecos」β版公開

アクション映画スター育成にブロックチェーン活用「Fight to Fame」設立:Mike Tyson

アクション映画スター育成にブロックチェーン活用「Fight to Fame」設立:Mike Tyson

Cardano(ADA)のパートナーチェーン「Midnight」開発ネットをローンチ

Cardano(ADA)のパートナーチェーン「Midnight」開発ネットをローンチ

SBI VCトレード:1,000円がもらえる「新規口座開設キャンペーン」開始

SBI VCトレード:1,000円がもらえる「新規口座開設キャンペーン」開始

ステーブルコイン:ジェミニドルの流通量「約80%」がHuobiに|集中化の理由と懸念点

ステーブルコイン:ジェミニドルの流通量「約80%」がHuobiに|集中化の理由と懸念点

Galaxy Digital創設者「ビットコイン投資のタイミングは今」景気後退を予想

Galaxy Digital創設者「ビットコイン投資のタイミングは今」景気後退を予想

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

米SEC:イーサリアム現物ETFの19b-4申請を全て承認|年内上場に期待高まる

米SEC:イーサリアム現物ETFの19b-4申請を全て承認|年内上場に期待高まる

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

ToncoinとPEPEは上昇トレンドを維持し、Rebel Satoshi($RECQ)のプレセールは注目プロジェクトとして急上昇

ToncoinとPEPEは上昇トレンドを維持し、Rebel Satoshi($RECQ)のプレセールは注目プロジェクトとして急上昇

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

日本でSolanaエコシステムの成長を促進「Superteam Japan」発足

日本でSolanaエコシステムの成長を促進「Superteam Japan」発足

シバイヌ(Shiba Inu)で大量保有者の動きが注目される中、Borroe Financeが期待を上回る

シバイヌ(Shiba Inu)で大量保有者の動きが注目される中、Borroe Financeが期待を上回る

TradingViewが「仮想通貨/日本円チャート」を拡充|BNB・SOL・ADA・SHIBなど

TradingViewが「仮想通貨/日本円チャート」を拡充|BNB・SOL・ADA・SHIBなど

SHIB提携のD3社「ネームトークンのマーケットプレイスβ版」公開|売買・オファーが可能に

SHIB提携のD3社「ネームトークンのマーケットプレイスβ版」公開|売買・オファーが可能に

VanEck子会社「ミームコイン・インデックス」ローンチ|DOGE・SHIBなど人気6銘柄で構成

VanEck子会社「ミームコイン・インデックス」ローンチ|DOGE・SHIBなど人気6銘柄で構成

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

MoonPay:PayPalで仮想通貨購入可能に「ADA・SHIB・DOGEなど110銘柄以上」に対応

MoonPay:PayPalで仮想通貨購入可能に「ADA・SHIB・DOGEなど110銘柄以上」に対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す