カルダノ財団×セーブ・ザ・チルドレン×COTI「ADA Pay」でアフリカの子どもたちを支援

by BITTIMES

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)の発展を監督する独立した非営利団体である「Cardano Foundation(カルダノ財団)」は2021年4月30日に開催されたアフリカ関連プロジェクトに関する発表イベント『Cardano Africa 2021』の中で、子どもたちのための民間国際援助団体(NGO)である「Save the Children(セーブ・ザ・チルドレン)」とのコラボレーションを発表しました。

こちらから読む:Zaif、Symbol(XYM)の配布日時を発表「暗号資産」関連ニュース

ADAPayで「Kumwe Hub」への寄付が可能に

Cardano Foundation(カルダノ財団)は2021年4月30日に開催されたアフリカ関連プロジェクトに関する発表イベント『Cardano Africa 2021』の中で、子どもたちのための民間国際援助団体(NGO)である「Save the Children(セーブ・ザ・チルドレン)」とのコラボレーションを発表しました。

Save the Children(セーブ・ザ・チルドレン)は1919年にイギリスで設立された非政府組織(NGO)であり、世界中の子どもたちの権利を保護することを目標とした活動を世界中の様々な地域で行っています。

カルダノ財団は東アフリカに位置する内陸国「ルワンダ共和国」のSave the Childrenチームと協力しており、同地域の子どもたちの教育・健康・保護などの支援活動を行っている「Kumwe Hub」に仮想通貨ADAで寄付を行える仕組みを提供しています。

「Kumwe Hub」への寄付では、Cardanoベンチャーファンド「cFund」が投資している企業「COTI(コティ)」が提供しているADA決済ソリューション「ADA Pay(エイダペイ)」が採用されており、「Kumwe Hub」の公式サイトから簡単な手順でADAに寄付ができるようになっています。

「Kumwe Hub」の公式サイトではすでにADAPayによる寄付が可能(画像:Kumwe Hub)「Kumwe Hub」の公式サイトではすでにADAPayによる寄付が可能(画像:Kumwe Hub

セーブ・ザ・チルドレン「Kumwe Hub」のKatherine Uwimana氏は、Cardano財団とのパートナーシップについて次のようにコメントしています。

セーブ・ザ・チルドレンはカルダノとのパートナーシップを歓迎します。私たちは共に協力して、ブロックチェーンソリューションや分散型インフラがもたらすメリットをルワンダと東アフリカ全体の子どもたち・家族の利益のために活用しています。

私たちは「失業した若者のための取り組みを進める地元の起業家への投資」から「国境を越えた難民の子供たちの学習記録をデジタル化するための取り組み」など、現在アフリカの子供たちが直面している大きな問題を解決するために、新しいテクノロジーを最大限に活用しています。

カルダノ財団の最高事業成長責任者であるEva Oberholzer氏は今回の取り組みについて「仮想通貨ADAの有用性を証明し、社会的利益に役立つツールとしての地位を確固たるものにしたこと」「ADA決済を受け入れることがいかに簡単であるかを証明したこと」という2つの点で特に重要であると述べており、『将来より多くの慈善団体と協力できることを楽しみにしている。私たちはそのための話し合いを行っている』とコメントしています。

Cardanoチームは『Cardano Africa 2021』の中で様々な新しい取り組みについて発表を行っており、カルダノ基盤の分散型IDソリューションである「Atala PRISM」を教育分野で活用するためにエチオピア政府と提携したことや、カルダノ開発企業である「Input Output Global(IOG)」がブロックチェーン技術を用いたモバイルネットワークを構築している「World Mobile Group」と提携したことなども報告されています。

『Cardano Africa 2021』の内容は以下の公式サイトで確認することができます。
>>「Cardano Africa 2021」の公式サイトはこちら
>>「カルダノ財団」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

1BTC=8,000ドル以下なら「ドルコスト平均法」が最適な投資手法:仮想通貨ファンド創設者

1BTC=8,000ドル以下なら「ドルコスト平均法」が最適な投資手法:仮想通貨ファンド創設者

中南米のeコマース大手「Mercado Libre」ビットコイン8.5億円相当を購入

中南米のeコマース大手「Mercado Libre」ビットコイン8.5億円相当を購入

Levi's:ブロックチェーンベースの「労働安全衛生マネジメントシステム」導入へ

Levi's:ブロックチェーンベースの「労働安全衛生マネジメントシステム」導入へ

Coincheck IEO:フィナンシェトークンの購入申込受付開始|記念キャンペーンも開催

Coincheck IEO:フィナンシェトークンの購入申込受付開始|記念キャンペーンも開催

ビットコイン流通量の60%は「長期投資目的」残りの40%は?=Chainalysis調査報告

ビットコイン流通量の60%は「長期投資目的」残りの40%は?=Chainalysis調査報告

ニューヨーク新市長:初任給は「ビットコイン・イーサリアム」で受け取り

ニューヨーク新市長:初任給は「ビットコイン・イーサリアム」で受け取り

注目度の高い仮想通貨ニュース

BRICSの仮想通貨発行で米ドルが暴落する?ロバート・キヨサキ氏が警告

BRICSの仮想通貨発行で米ドルが暴落する?ロバート・キヨサキ氏が警告

ビットコイン:円建て過去最高値「1110万円」を突破|イーサリアム現物ETF承認の噂が影響か

ビットコイン:円建て過去最高値「1110万円」を突破|イーサリアム現物ETF承認の噂が影響か

ToncoinとPEPEは上昇トレンドを維持し、Rebel Satoshi($RECQ)のプレセールは注目プロジェクトとして急上昇

ToncoinとPEPEは上昇トレンドを維持し、Rebel Satoshi($RECQ)のプレセールは注目プロジェクトとして急上昇

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

ビットコイン「2030年までに380万ドル」キャシー・ウッド氏が価格予想を引き上げ

ビットコイン「2030年までに380万ドル」キャシー・ウッド氏が価格予想を引き上げ

Shibariumのハードフォークについて詳しく説明「The Shib:Edition 23」公開

Shibariumのハードフォークについて詳しく説明「The Shib:Edition 23」公開

カルダノ分散委任ツールのAtrium「2回目の報酬付きテスト」6月から実施へ

カルダノ分散委任ツールのAtrium「2回目の報酬付きテスト」6月から実施へ

シバイヌのネットフローが3,015%急増|新たなミームコイン「Milei Moneda(MEDA)」が今年の爆発的成長を目指す

シバイヌのネットフローが3,015%急増|新たなミームコイン「Milei Moneda(MEDA)」が今年の爆発的成長を目指す

シバイヌ提携のD3「*SHIBドメインとウォレットアドレスの紐付け」が可能に|連携方法も紹介

シバイヌ提携のD3「*SHIBドメインとウォレットアドレスの紐付け」が可能に|連携方法も紹介

コインベース:ニューヨーク州で「XRPの取引サービス」を再開

コインベース:ニューヨーク州で「XRPの取引サービス」を再開

カルダノ財団:ドバイ・ブロックチェーン・センター(DBCC)と提携

カルダノ財団:ドバイ・ブロックチェーン・センター(DBCC)と提携

ドラファクトリー、1,000万ドルを戦略的資金調達

ドラファクトリー、1,000万ドルを戦略的資金調達

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す