【Cardano Africa 2021】Input Output「World Mobile Group」と提携

by BITTIMES

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)の開発を担当している「Input Output Global(IOG)」と、ブロックチェーン技術を用いたモバイルネットワークを構築している「World Mobile Group」は2021年4月30日に、Cardanoのアフリカ関連プロジェクトについての発表が行われたイベント『Cardano Africa 2021』の中で両社のパートナーシップについて発表を行いました。

こちらから読む:BABYMETAL、NFTトレーディングカード発売へ「暗号資産」関連ニュース

Input Output「World Mobile Group」と提携

Input Output Global(IOG)」と「World Mobile Group」は2021年4月30日に、Cardanoのアフリカ関連プロジェクトについての発表が行われたイベント『Cardano Africa 2021』の中で、両社の新しいパートナーシップについて発表を行いました、

「World Mobile Group」はブロックチェーン技術やトークンを活用したモバイルネットワークを構築している企業であり、インターネット接続を持たない世界中の40億人の人々にネット接続を提供するために、手頃な価格のネットワークノードを地元の事業者に販売して、仮想通貨報酬を共有しながら人々をインターネットで繋ぐための環境を構築しています。

「Input Output」と「World Mobile Group」は今回、アフリカのデジタル・金融・社会サービスへのアクセスを民主化するためのパートナーシップを発表しており、『両社はザンジバルとタンザニアを皮切りとして、再生可能な太陽光発電エネルギーを使用して、持続可能なインターネット接続環境を実現することを目指している』と説明しています。

具体的には『インターネット接続のローカルリレーとして機能する、カルダノブロックチェーンのインフラに基づいた手頃なネットワークノードを地元の事業者に提供する』とされており、これらのネットワーク加入者はCardano基盤の分散型IDソリューションである「Atala PRISM」にアクセスできるようになるため、デジタルバンキング・医療・教育などのサービスを利用できるようになると報告されています。

「World Mobile Group」はすでに大学をインターネットに接続しており、ザンジバルとタンザニアの大都市圏にスマートビレッジを作成していますが、今回の提携によってWorld MobileユーザーはCardanoブロックチェーンを介して検証可能なデジタルIDを作成し「銀行・医療・教育・人権保護」などといった重要なサービスにアクセスできるようになるとされています。

アフリカの人々にインターネット接続環境を

アフリカでは人口の半分以上である7億人以上の人々がインターネット接続環境を有していないため『一部の人々は教育・銀行・医療などの基本的なサービスを利用できない』といった問題が発生していました。

Input Outputが提供するCardano基盤の分散型ID「Atala PRISM」は、様々な個人情報を安全に記録することができるデジタルIDとして機能するため、インターネット接続を持たない人々に各種サービスへのアクセス環境を提供するたの重要な一歩になると期待されています。

World Mobile Groupは『ザンジバルとタンザニアの大都市圏で実施された調査は、"コミュニティが独自の持続可能なスマートビレッジを作成し、自分たちをつなぐことができる"という実例である』と述べており、『彼らのネットワークは約2年間稼働しており、地元の漁師はビジネスを成長させて利益を5倍にし、地元の店やレストランの数を3倍にすることができた』と説明しています。

World Mobile Groupは現在『2022年の第1四半期までに数十万の顧客をつなぐこと』を目標として、より大規模なプロジェクトを進めているとのことです。

両社代表者のコメント

「World Mobile Chain」のCEOであるMicky Watkins氏と、「Input Output」のCEOであるCharles Hoskinson氏は、今回の提携について次のようにコメントしています。

【World Mobile Chain:Micky Watkins氏】
私たちはみんな1つの惑星に住んでいますが、その一部の人々は何年もの間無視されており、第三世界とさえ呼ばれています。Word Mobileは所有権・ガバナンス・IDの機能によってユーザーに権限を与え、全ての人々が接続できるようにするための新しいネットワークを構築しました。「Input Output」と提携できたことを非常に嬉しく思います。私たちは共に努力し、新しい世界を切り開いていきます。

【Input Output:Charles Hoskinson】
「World Mobile Group」への出資はアフリカ大陸における長期的な取り組みを示すものです。私たちは、ブロックチェーン技術を「社会的利益のための強力な力」と見なしています。私たちのデジタルIDソリューションである「Atala PRISM」によって、以前までは身元を確認できず、医療などの重要なサービスを利用することができなかった人々が、それらのサービスを利用できるようになります。

また「Atala PRISM」は、市民が資格や財産所有権文書などの重要な文書のバックアップコピーを提供できるようにします。これにより、帰国した難民の人々は家を取り戻すことができます。最終的には、地理的な場所・文化・背景に関係なく、誰もが平等にアクセスできるグローバルマーケットプレイスを作成したいと考えています。

発展途上国、特にアフリカは、ブロックチェーン技術の世界的な採用をリードすることになるでしょう。発展途上国の成長は「基盤となるインフラの欠如」によって妨げられてきましたが、今後はそのようなインフラの欠如が有利に働き始める可能性があります。

従来のインフラが欠如していることによって「ブロックチェーン基盤のインフラ」へと比較的少ない摩擦で移行することができるため、発展途上国は次世代インフラを採用することによって先進国へと飛躍する可能性があります。長年の準備期間を得て、これらのテクノロジーはそれを実現できるところにまで成熟しました。

アフリカ地域での技術活用に積極的に取り組んでいるCardanoチームは、その他複数の分野でも技術活用を進めており、先日は教育分野での「Atala PRISM」活用に向けてエチオピア政府と提携したことも発表されています。「カルダノ×アフリカ」の各プロジェクトの詳細は『Cardano Africa 2021』の公式サイトでも確認することができます。

>>「World Mobile Group」の発表はこちら
>>「Cardano Africa 2021」の公式サイトはこちら

2021年4月30日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は仮想通貨市場全体の下落に伴い一時的に110円付近まで下落していたものの、その後は再び回復しており、2021年4月30日時点では「1ADA=142.68円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2021年3月31日〜2021年4月30日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2021年3月31日〜2021年4月30日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|取引所・貸暗号資産サービスでサポート

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|取引所・貸暗号資産サービスでサポート

NEM:Symbol(XYM)の「ロードマップ」公開|日本取引所への上場に関する説明も

NEM:Symbol(XYM)の「ロードマップ」公開|日本取引所への上場に関する説明も

MetaMask:Portfolio Dappで「イーサリアムのステーキング」が可能に

MetaMask:Portfolio Dappで「イーサリアムのステーキング」が可能に

NFT取引所「miime」日本円によるデジタルアイテムの決済機能を導入【世界初】

NFT取引所「miime」日本円によるデジタルアイテムの決済機能を導入【世界初】

カナダ大手銀行RBC:仮想通貨取引に関する「4件の特許」を申請

カナダ大手銀行RBC:仮想通貨取引に関する「4件の特許」を申請

注目度の高い仮想通貨ニュース

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

BlastUPプレセール、投資ブームが最後の2週間に突入

BlastUPプレセール、投資ブームが最後の2週間に突入

MEWが価格調整を始め、スポットライトはSlothanaへ!

MEWが価格調整を始め、スポットライトはSlothanaへ!

Bitcoin MinetrixがUniswapでローンチ!チームはBTCMTXの10%トークン焼却を発表

Bitcoin MinetrixがUniswapでローンチ!チームはBTCMTXの10%トークン焼却を発表

シバイヌ提携のD3「*SHIBドメインとウォレットアドレスの紐付け」が可能に|連携方法も紹介

シバイヌ提携のD3「*SHIBドメインとウォレットアドレスの紐付け」が可能に|連携方法も紹介

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

バイナンスジャパン:日本円入金における「振込依頼人名の記載ミス」で注意喚起

バイナンスジャパン:日本円入金における「振込依頼人名の記載ミス」で注意喚起

世界初VR・ARコイン5SCAPEが第一弾のゲームとなるケージ・コンクエストをローンチ!プレセールは600万ドル間近

世界初VR・ARコイン5SCAPEが第一弾のゲームとなるケージ・コンクエストをローンチ!プレセールは600万ドル間近

ソラナDEX:Drift Protocol(DRIFT)エアドロップ請求可能に|Coinbaseにも上場予定

ソラナDEX:Drift Protocol(DRIFT)エアドロップ請求可能に|Coinbaseにも上場予定

ナスダック上場企業「Tiger Brokers」香港で仮想通貨取引サービス開始|18銘柄を取扱い

ナスダック上場企業「Tiger Brokers」香港で仮想通貨取引サービス開始|18銘柄を取扱い

史上初マルチチェーン・犬コインDogeverseがプレセールで1000万ドルの大台を超える

史上初マルチチェーン・犬コインDogeverseがプレセールで1000万ドルの大台を超える

X Payments「必要とされるすべての機能」を提供予定|決済・資産運用なども可能に?

X Payments「必要とされるすべての機能」を提供予定|決済・資産運用なども可能に?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す