ジョージア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)「デジタル・ラリ」の発行を検討

by BITTIMES

ジョージア(旧:グルジア)の中央銀行である「ジョージア中央銀行(NBG)」は2021年5月5日に、新しいテクノロジーを活用してジョージア国内の決済システムと金融包括の効率を高めるために、中央銀行デジタル通貨(CBDC)「デジタル・ラリ」の発行を検討していることを明らかにしました。

こちらから読む:Gemini、DOGEのセービングサービス開始「暗号資産」関連ニュース

官民で協力しつつ「デジタル・ラリの発行」を検討

ジョージア中央銀行(NBG)は2021年5月5日に『新しいテクノロジーを活用してジョージア国内の決済システムと金融包括の効率を高めるために、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の立ち上げを検討している』と発表しました。

このCBDCプロジェクトでは、同国の法定通貨である「ラリ(GEL)」のデジタルバージョンである『デジタル・ラリ(Digital Gel)』が発行される予定となっており、デジタル・ラリは既存の法定通貨と同じように支払い手段や価値の保存手段として使用することができるとされています。

また、ジョージア中央銀行はCBDCの開発で「テクノロジー企業・フィンテック企業・関心のある金融機関」などと協力する予定であることを語っており、『官民パートナーシップを通じてCBDCの採用が直面する技術・規制・金融の問題を解決するための取り組みを行なっていく』と説明しています。

ジョージア中央銀行は公式発表の中で、中央銀行デジタル通貨について次のようにコメントしています。

CBDCは革新的なビジネスモデルが有する途方もない価値を解き放ち、社会に大きな利益をもたらす可能性を秘めています。CBDCの導入は、金融仲介の効率を高め、新しい金融技術の導入を支援し、金融包括を促進し、これまで銀行口座を持っていなかった人々にもサービスを行き渡らせる可能性があります。また、金融政策の金融伝達メカニズムと社会の福祉効果を改善することにより、金融政策の効率を高めることができます。

ジョージア中央銀行はCBDCの開発において「底コスト・利便性・即時決済・オフライン決済・相互運用性・簡単な技術統合・スマートコントラクト・資金洗浄などへの耐性・サイバー攻撃耐性・取引の制限能力・マルチシグ」などといった様々な項目を考慮していくことを説明していますが、それと同時に『CBDCは完全に新しく、潜在的に破壊的な技術であるため、開発中に健全なリスク管理を確保することが不可欠である』とも説明しています。

今後はCBDCの導入を円滑かつ確実に進めるために、管理された環境下で大規模なCBDCのテストを実施する可能性があるとのことですが、CBDC発行までのスケジュールなどについては明らかにされていません。

ジョージアは人口約400万人の比較的小さな国ではあるものの、仮想通貨・ブロックチェーン関連の取り組みは以前から行われており、2019年6月には『カルダノ(Cardano/ADA)の開発企業であるInput Output Global(IOG)と覚書(MoU)を締結したこと』や『仮想通貨と法定通貨を交換する際にかかる付加価値税(VAT)や、トレーダーに課せられる所得税を免税にしたこと』なども報告されています。

>>「ジョージア中央銀行」が公開した文書はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

1,000%価格高騰に向け「ビットコインが超えるべき抵抗線」

1,000%価格高騰に向け「ビットコインが超えるべき抵抗線」

Coinbase Pro:Ripple(XRP)の取り扱いを開始|上場発表で「10%以上」価格上昇

Coinbase Pro:Ripple(XRP)の取り扱いを開始|上場発表で「10%以上」価格上昇

タイ向け暗号資産取引所「Huobi Thailand」7月1日にプラットフォーム閉鎖へ

タイ向け暗号資産取引所「Huobi Thailand」7月1日にプラットフォーム閉鎖へ

主流の仮想通貨を盗むマルウェア「Masad Clipper and Stealer」に要注意

主流の仮想通貨を盗むマルウェア「Masad Clipper and Stealer」に要注意

【Cardano×eコマース統合計画】Shopifyなどのオンラインストアに「ADA決済」導入へ

【Cardano×eコマース統合計画】Shopifyなどのオンラインストアに「ADA決済」導入へ

Apple:ブロックチェーン活用したサプライチェーン管理の「ガイドライン作成」に関与

Apple:ブロックチェーン活用したサプライチェーン管理の「ガイドライン作成」に関与

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットポイント:BTC・DEP・ADAがもらえる「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:BTC・DEP・ADAがもらえる「口座開設キャンペーン」開始

MoneyGram「Stellar活用したUSDC送金サービス」を準備|ウォレット企業との協業も視野

MoneyGram「Stellar活用したUSDC送金サービス」を準備|ウォレット企業との協業も視野

米証券取引委員会(SEC)BINANCEの独自トークン「BNB」の違法性について調査か=報道

米証券取引委員会(SEC)BINANCEの独自トークン「BNB」の違法性について調査か=報道

Zaif「自動売買おてがるトレード」正式リリース|暗号資産14銘柄に対応

Zaif「自動売買おてがるトレード」正式リリース|暗号資産14銘柄に対応

Bybit:簡単設定で暗号資産を自動売買「グリッド取引ボット」公開|コピー機能も提供

Bybit:簡単設定で暗号資産を自動売買「グリッド取引ボット」公開|コピー機能も提供

Moonstake Wallet:Oasis Network(ROSE)のステーキングをサポート

Moonstake Wallet:Oasis Network(ROSE)のステーキングをサポート

Brave Search:検索結果ランキングをカスタムできる新機能「Goggles」ベータ版公開

Brave Search:検索結果ランキングをカスタムできる新機能「Goggles」ベータ版公開

Zaif:新サービス「自動売買おてがるトレード」6月20日から提供開始

Zaif:新サービス「自動売買おてがるトレード」6月20日から提供開始

Grayscale:カルダノ(ADA)への配分を「34%」に増加|月末には大型アップグレードも

Grayscale:カルダノ(ADA)への配分を「34%」に増加|月末には大型アップグレードも

Huobi Japan:取扱い銘柄数国内No.1記念「3つのキャンペーン」を同時開催

Huobi Japan:取扱い銘柄数国内No.1記念「3つのキャンペーン」を同時開催

Huobi Japan:日本円出金手数料「最大3,300円キャッシュバック」キャンペーン開始

Huobi Japan:日本円出金手数料「最大3,300円キャッシュバック」キャンペーン開始

ビル・ゲイツ氏:暗号資産・NFTは「大馬鹿理論に基づく資産」BAYCにも皮肉

ビル・ゲイツ氏:暗号資産・NFTは「大馬鹿理論に基づく資産」BAYCにも皮肉

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す