デジタル・ドル・プロジェクト「米国初のCBDCテスト」2021年内に開始

by BITTIMES

Accenture(アクセンチュア)は2021年5月4日に、同社が「Digital Dollar Foundation(デジタル・ドル財団)」と協力して立ち上げた非営利団体「Digital Dollar Project」が、米国中央銀行デジタル通貨(CBDC)の試験運用を2021年内に開始することを明らかにしました。デジタル・ドル・プロジェクトは今後12ヶ月間で合計5つのパイロットプロジェクトを実施することを予定しています。

こちらから読む:ドージコイン価格、70円台まで高騰「暗号資産」関連ニュース

今後1年間で「最低5つの試験的プログラム」を実施

Accenture(アクセンチュア)は2021年5月4日に、同社が「Digital Dollar Foundation(デジタル・ドル財団)」と協力して立ち上げた非営利団体「Digital Dollar Project」が、米国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)の試験運用を2021年内に開始することを明らかにしました。

デジタル・ドル・プロジェクト(Digital Dollar Project/DDP)は米国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関する調査進めるために立ち上げられたプロジェクトであり、プロジェクトの目的は『デジタルドルの潜在的な利点に関する研究と公開討論を奨励し、民間部門の思想的指導者と関係者を招集し、公共部門を支援するための可能なモデルを提案すること』だと説明されています。

アクセンチュアはデジタル・ドル・プロジェクトの今後の取り組みについて『関心の利害関係者やDDP参加者とともに、今後12ヶ月間で少なくとも5つのパイロットプロジェクトを開始し、米国版CBDCの価値を測定して将来の設計に役立てるための情報を政策立案者に提供する』と述べています。

最初のパイロットプロジェクトでは「技術的・機能的要件の調査・分析・特定」「メリットや未解決課題の評価」「アプリケーションとアプローチのテスト」「小売・卸売の商業利用におけるユースケースの検討」などを行うとされており、これらのテストの結果などは一般向けに公開すると報告されています。

また「デジタル・ドル・プロジェクト」のパイロットフェーズで焦点を当てる分野としては以下の3点が挙げられています。

  • 公的機関が検討する必要のある公共政策・技術的決定を通知するための経験的な証拠を収集する
  • 米国版CBDCの「メリット、課題、機会、設計、実装方法、具体的な使用方法」などを全ての利害関係者に知らせる
  • 「国際的な相互運用性、主要な規範、消費者保護」などといった米国版CBDCのための基準と政策を評価・カタログ化する

「米国商品先物取引委員会(CFTC)」の元委員長でありながら、「デジタル・ドル財団」の共同設立者でもあるChristopher Giancarlo(クリストファー・ジャンカルロ)氏は、デジタル・ドル・プロジェクトの取り組みについて次のように語っています。

米国はCBDCを第一に考える必要はありませんが、未来のデジタル通貨の基準を設定するリーダーである必要があるため、アクセンチュアや他のパートナーとパイロットテストで協力することは非常に重要です。

CBDCの複雑な問題のバランスをとる方法と、プライバシー・金融包摂・法律などといった主要な社会的価値を組み込む方法をよりよく理解する必要があります。

デジタル・ドル・プロジェクトのチームは、公共政策に情報を提供するために、オープンな方法で研究・実験を行い、思想的リーダーシップを築きます。

デジタル・ドル・プロジェクトは、今後2ヶ月間で3つのパイロットプログラムを実施し、デジタルドルの機能的・社会的・ビジネス的なメリットに関するデータを作成すると報告されています。

>>「Accenture」の公式発表はこちら
>>「Digital Dollar Project」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

国内スタートアップ「暗号資産」で資金調達可能に?日本政府がVC投資に関する改正案

国内スタートアップ「暗号資産」で資金調達可能に?日本政府がVC投資に関する改正案

暗号資産ウォレット「偽のアップデート通知」に要注意|2年間で約23億円相当の被害

暗号資産ウォレット「偽のアップデート通知」に要注意|2年間で約23億円相当の被害

仮想通貨詐欺の疑いがある「99のウェブサイト」公開 ー ベルギー

仮想通貨詐欺の疑いがある「99のウェブサイト」公開 ー ベルギー

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

MetaMask × Banxa「Apple Pay」を用いた1クリックでの仮想通貨購入が可能に

MetaMask × Banxa「Apple Pay」を用いた1クリックでの仮想通貨購入が可能に

SBIレミット「XRP活用した国際送金サービス」を強化|3カ国の銀行口座宛送金が可能に

SBIレミット「XRP活用した国際送金サービス」を強化|3カ国の銀行口座宛送金が可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

Solana系の最新ミームコインDogWifCat、24時間で3,000%以上の価格高騰

Solana系の最新ミームコインDogWifCat、24時間で3,000%以上の価格高騰

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

今注目の仮想通貨エアドロップ?!99Bitcoinsが99,999ドルをプレゼント開始!

今注目の仮想通貨エアドロップ?!99Bitcoinsが99,999ドルをプレゼント開始!

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

フィンテックの未来が見える「Wiki Finance Expo 香港 2024」香港が再び世界の脚光を浴びる

フィンテックの未来が見える「Wiki Finance Expo 香港 2024」香港が再び世界の脚光を浴びる

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す