Tesla(テスラ)「ビットコイン決済の一時停止」を発表|別の仮想通貨への対応も検討

by BITTIMES

米国の大手電気自動車メーカー「Tesla(テスラ)」のCEOであるElon Musk(イーロン・マスク)氏は2021年5月13日に、ビットコイン(BTC)のマイニングで化石燃料が使用され、地球環境に影響を与えていることを理由として、ビットコイン決済の受け入れを中止することを発表しました。同社は「BTCよりもエコな仮想通貨への対応を検討していること」も明かしています。

こちらから読む:BraveのBAT報酬、bitFlyerで受け取り可能に「暗号資産」関連ニュース

「地球環境への悪影響」を理由にBTC決済を一時停止

Tesla(テスラ)は2021年2月にビットコイン(BTC)に投資したことを発表しており、2021年3月にはビットコイン決済に対応したことを発表していましたが、同社のCEOであるElon Musk(イーロン・マスク)氏は2021年5月13日のツイートで『Tesla社がビットコイン決済の受け入れを一時停止したこと』を報告しました。

ビットコイン決済を一時停止した理由としては『ビットコインのマイニングと取引で、石炭などの化石燃料を使用するケースが急増していること』が挙げられており、『仮想通貨は素晴らしいアイデアで将来有望な技術ではあるが、そのために地球環境に大きなリスクを与えることはできない』と説明されています。

しかし『テスラ社がすでに保有しているビットコインは売却しない』とされており、『ビットコインのマイニング・取引が再生可能エネルギーなどの持続可能なエネルギーで行われるようになれば、ビットコインの取引を再開する予定』だと説明されています。

また、文章の最後では『エネルギー消費量がビットコインの1%未満に抑えられている他の仮想通貨も検討している』と説明されているため、将来的にはプルーフ・オブ・ステーク(PoS)などのより環境に優しい仕組みを採用した暗号資産が採用される可能性もあると予想されます。

Tesla社「ビットコインを使用した車両の購入」を一時停止しました。私たちはビットコインのマイニングと取引で化石燃料、特に燃料の中で最も排出量が少ない燃料である石炭の使用が急増していることを懸念しています。仮想通貨は素晴らしいアイデアであり将来有望であると信じてはいますが、そのために環境に大きな負担を与えることはできません。

テスラが保有しているビットコインは売却しません。持続可能エネルギーでマイニング・取引が行われるようになれば、再びビットコインを取引に使用する予定です。また、エネルギー消費量などがビットコインの1%未満に抑えられている他の仮想通貨も検討しています。

ビットコインマイニングには膨大な電力が必要とされるため、業界では以前から『マイニングのための発電で大量の化石燃料が使用されれば、地球環境に悪影響が及ぶ可能性がある』と指摘する声が出ていました。

しかし、これまでには『ビットコインのマイニングでは主に再生可能エネルギーが使用されている』といった調査報告も出ているため、このようなことを理由として今回の発表に反論する声も出ています。

ビットコイン価格は「46,000ドル」まで急落

イーロン・マスク氏のツイートは、日本時間2021年5月13日午前7時3分に投稿されましたが、ビットコインの価格はマスク氏のツイートが投稿された直後に「1BTC=46,000ドル(約505万円)」まで急落したため、仮想通貨業界では『今回の発表がビットコイン売りにつながった』とみられています。

しかしその後は徐々に回復してきており、記事執筆時点のビットコイン価格は「1BTC=50,893ドル(約558万円)」となっています。

2021年5月2日〜2021年5月13日 BTC/USDTの1時間足チャート(画像:BINANCE)2021年5月2日〜2021年5月13日 BTC/USDTの1時間足チャート(画像:BINANCE)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨の「所得税・付加価値税」を免除:ジョージア共和国

仮想通貨の「所得税・付加価値税」を免除:ジョージア共和国

マクロミルポイント「仮想通貨3銘柄」への交換が可能に|コインチェックが新サービス

マクロミルポイント「仮想通貨3銘柄」への交換が可能に|コインチェックが新サービス

オランダのドミノ・ピザフランチャイズ「ビットコイン」で給料の受け取りが可能に

オランダのドミノ・ピザフランチャイズ「ビットコイン」で給料の受け取りが可能に

たとえ銀行が結束しても「ビットコインには敵わない」億万長者ティム・ドレイパー

たとえ銀行が結束しても「ビットコインには敵わない」億万長者ティム・ドレイパー

ビットコイン(BTC)でカリブ海諸国の市民権が購入できる|仮想通貨決済の重要性

ビットコイン(BTC)でカリブ海諸国の市民権が購入できる|仮想通貨決済の重要性

Ripple社「ローン関連の新事業」展開か|公式サイトで製品管理ディレクターの求人募集

Ripple社「ローン関連の新事業」展開か|公式サイトで製品管理ディレクターの求人募集

注目度の高い仮想通貨ニュース

Huobi Japan「ベーシックアテンショントークン(BAT)」取扱いへ

Huobi Japan「ベーシックアテンショントークン(BAT)」取扱いへ

暗号資産取引所FTX「NFTマーケットプレイス」公開|オリジナルグッズなども出品

暗号資産取引所FTX「NFTマーケットプレイス」公開|オリジナルグッズなども出品

バイナンス「Binance NFTの公開日」を発表|一部参加アーティストなども明らかに

バイナンス「Binance NFTの公開日」を発表|一部参加アーティストなども明らかに

HashHubレンディング:ステーブルコイン「USDコイン(USDC)」取扱い開始

HashHubレンディング:ステーブルコイン「USDコイン(USDC)」取扱い開始

Chiliz&Socios:サッカーアルゼンチン代表チームの「$ARGトークン販売」詳細を発表

Chiliz&Socios:サッカーアルゼンチン代表チームの「$ARGトークン販売」詳細を発表

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」100枚限定販売へ

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」100枚限定販売へ

Moonstakeウォレット「IOSTのステーキング」に対応|特別キャンペーンも開催中

Moonstakeウォレット「IOSTのステーキング」に対応|特別キャンペーンも開催中

ビットコイン(BTC)が「エルサルバドルの法定通貨」に?大統領が法案提出を表明

ビットコイン(BTC)が「エルサルバドルの法定通貨」に?大統領が法案提出を表明

ローカルビットコイン「ADA・LINK・DOGE」など複数のアルトコインをサポート

ローカルビットコイン「ADA・LINK・DOGE」など複数のアルトコインをサポート

プロが選んだアート作品を小口購入「crowd ART」公開|NFT発行なども予定

プロが選んだアート作品を小口購入「crowd ART」公開|NFT発行なども予定

Zofuku:仮想通貨決済対応の「不動産売買仲介サービス」開始|BTC・ETH・DOTなど

Zofuku:仮想通貨決済対応の「不動産売買仲介サービス」開始|BTC・ETH・DOTなど

SBI証券など4社、セキュリティトークン扱うコンソーシアム「ibet for Fin」運営開始

SBI証券など4社、セキュリティトークン扱うコンソーシアム「ibet for Fin」運営開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す