Tesla(テスラ)「ビットコイン決済の一時停止」を発表|別の仮想通貨への対応も検討

by BITTIMES

米国の大手電気自動車メーカー「Tesla(テスラ)」のCEOであるElon Musk(イーロン・マスク)氏は2021年5月13日に、ビットコイン(BTC)のマイニングで化石燃料が使用され、地球環境に影響を与えていることを理由として、ビットコイン決済の受け入れを中止することを発表しました。同社は「BTCよりもエコな仮想通貨への対応を検討していること」も明かしています。

こちらから読む:BraveのBAT報酬、bitFlyerで受け取り可能に「暗号資産」関連ニュース

「地球環境への悪影響」を理由にBTC決済を一時停止

Tesla(テスラ)は2021年2月にビットコイン(BTC)に投資したことを発表しており、2021年3月にはビットコイン決済に対応したことを発表していましたが、同社のCEOであるElon Musk(イーロン・マスク)氏は2021年5月13日のツイートで『Tesla社がビットコイン決済の受け入れを一時停止したこと』を報告しました。

ビットコイン決済を一時停止した理由としては『ビットコインのマイニングと取引で、石炭などの化石燃料を使用するケースが急増していること』が挙げられており、『仮想通貨は素晴らしいアイデアで将来有望な技術ではあるが、そのために地球環境に大きなリスクを与えることはできない』と説明されています。

しかし『テスラ社がすでに保有しているビットコインは売却しない』とされており、『ビットコインのマイニング・取引が再生可能エネルギーなどの持続可能なエネルギーで行われるようになれば、ビットコインの取引を再開する予定』だと説明されています。

また、文章の最後では『エネルギー消費量がビットコインの1%未満に抑えられている他の仮想通貨も検討している』と説明されているため、将来的にはプルーフ・オブ・ステーク(PoS)などのより環境に優しい仕組みを採用した暗号資産が採用される可能性もあると予想されます。

Tesla社「ビットコインを使用した車両の購入」を一時停止しました。私たちはビットコインのマイニングと取引で化石燃料、特に燃料の中で最も排出量が少ない燃料である石炭の使用が急増していることを懸念しています。仮想通貨は素晴らしいアイデアであり将来有望であると信じてはいますが、そのために環境に大きな負担を与えることはできません。

テスラが保有しているビットコインは売却しません。持続可能エネルギーでマイニング・取引が行われるようになれば、再びビットコインを取引に使用する予定です。また、エネルギー消費量などがビットコインの1%未満に抑えられている他の仮想通貨も検討しています。

ビットコインマイニングには膨大な電力が必要とされるため、業界では以前から『マイニングのための発電で大量の化石燃料が使用されれば、地球環境に悪影響が及ぶ可能性がある』と指摘する声が出ていました。

しかし、これまでには『ビットコインのマイニングでは主に再生可能エネルギーが使用されている』といった調査報告も出ているため、このようなことを理由として今回の発表に反論する声も出ています。

ビットコイン価格は「46,000ドル」まで急落

イーロン・マスク氏のツイートは、日本時間2021年5月13日午前7時3分に投稿されましたが、ビットコインの価格はマスク氏のツイートが投稿された直後に「1BTC=46,000ドル(約505万円)」まで急落したため、仮想通貨業界では『今回の発表がビットコイン売りにつながった』とみられています。

しかしその後は徐々に回復してきており、記事執筆時点のビットコイン価格は「1BTC=50,893ドル(約558万円)」となっています。

2021年5月2日〜2021年5月13日 BTC/USDTの1時間足チャート(画像:BINANCE)2021年5月2日〜2021年5月13日 BTC/USDTの1時間足チャート(画像:BINANCE)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:ベーシック・アテンション・トークン(BAT)の「先物取引」提供へ

BINANCE:ベーシック・アテンション・トークン(BAT)の「先物取引」提供へ

Bybit:F1強豪「Oracle Red Bull Racing」とスポンサー契約|ファントークン発行も視野

Bybit:F1強豪「Oracle Red Bull Racing」とスポンサー契約|ファントークン発行も視野

FTX:EthereumPoW(ETHW)の永久先物取引サービス提供開始

FTX:EthereumPoW(ETHW)の永久先物取引サービス提供開始

BINANCE:カナダ・オンタリオ州を「利用制限地域」に追加

BINANCE:カナダ・オンタリオ州を「利用制限地域」に追加

ビットポイント「IOSTのステーキングサービス」提供へ

ビットポイント「IOSTのステーキングサービス」提供へ

ビットコインは「将来性ある資産」新興国投資の伝道師:Mark Mobius(マーク・モビアス)

ビットコインは「将来性ある資産」新興国投資の伝道師:Mark Mobius(マーク・モビアス)

注目度の高い仮想通貨ニュース

The Sandbox:ゲーム開発会社「LINE Studio」と提携|専用エリア設置へ

The Sandbox:ゲーム開発会社「LINE Studio」と提携|専用エリア設置へ

人気ロックバンド「THE BACK HORN」初のNFT作品販売へ:Fanpla Owner

人気ロックバンド「THE BACK HORN」初のNFT作品販売へ:Fanpla Owner

中島美嘉:自身初のNFT作品を「Fanpla Owner」で販売

中島美嘉:自身初のNFT作品を「Fanpla Owner」で販売

GMO Trustのステーブルコイン「GYEN・ZUSD」ステラネットワーク上で提供開始

GMO Trustのステーブルコイン「GYEN・ZUSD」ステラネットワーク上で提供開始

暗号資産レンディング企業「BlockFi」が破産申請|FTX破綻の影響で

暗号資産レンディング企業「BlockFi」が破産申請|FTX破綻の影響で

コイントレード「XTZのステーキング」が可能に|1万円相当の暗号資産がもらえるキャンペーンも

コイントレード「XTZのステーキング」が可能に|1万円相当の暗号資産がもらえるキャンペーンも

トルコ金融犯罪調査委員会「FTX関連の資産差し押さえ」を発表

トルコ金融犯罪調査委員会「FTX関連の資産差し押さえ」を発表

Jリーグ公認ブロックチェーンゲーム「トレサカ Jリーグ」オープンβ版配信開始

Jリーグ公認ブロックチェーンゲーム「トレサカ Jリーグ」オープンβ版配信開始

BinaryX:Play-to-Own型MMO『Cyberland』のコンセプトアートを公開

BinaryX:Play-to-Own型MMO『Cyberland』のコンセプトアートを公開

Trezor Suite「ビットコインのP2P取引」が可能に|Hodl Hodlと連携

Trezor Suite「ビットコインのP2P取引」が可能に|Hodl Hodlと連携

Trust Wallet:デスクトップ向けの「ブラウザ拡張ウォレット」提供開始

Trust Wallet:デスクトップ向けの「ブラウザ拡張ウォレット」提供開始

カルダノ関連DEX「AdaSwap」メインネットで正式稼働

カルダノ関連DEX「AdaSwap」メインネットで正式稼働

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す