Big Time Studios:NFT活用した本格アクションRPG「ビッグタイム」開発へ

by BITTIMES   

「Epic Games、Blizzard Entertainment、EA、Riot Games」などといったゲーム業界の大手企業に勤務していた経歴を持つベテランメンバーで構成されたブロックチェーンゲーム関連のスタートアップ企業「Big Time Studios(ビッグタイムスタジオ)」は2021年5月12日に、イーサリアム(ETH)を基盤としたロールプレイングゲーム「Big Time(ビッグタイム)」を発表しました。

Big Time Studios(ビッグタイムスタジオ)とは

Big-Time-Studios-logo

Big Time Studios(ビッグタイムスタジオ)は、世界的に有名なブロックチェーン基盤の仮想空間プラットフォーム「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」の創設者兼元CEOであるAri Meilich(アリ・マイリック)氏が立ち上げたブロックチェーンゲーム関連のスタートアップ企業です。

同社の開発チームは「Epic Games、Blizzard Entertainment、EA、Riot Games」などといったゲーム業界の大手企業に勤務していた経歴を持つベテランメンバーで構成されており、一部の開発メンバーは「Fortnite、God of War、Call of Duty、Overwatch」などいった世界的に人気のゲームにも貢献していると報告されています。

Big Time Studiosは2021年5月12日に、FBG Capital社が主導するシリーズA資金調達ラウンドで「North Island Ventures、Digital Currency Group、OKEx Blockdream Ventures、Alameda Research、Circle Financial、Ashton Kutcher Sound Ventures」などから1,030万ドル(約11億円)を調達したことも発表しています。

また同社は、Non-Fungible Token(NFT)の技術を採用するパートナーのゲーム会社に投資することを目的とした1,100万ドル(薬13億円)規模のエコシステム・ファンドも設立する予定だと報告されています。

アクションRPG「Big Time(ビッグタイム)」とは

(画像:Big Time Studios)(画像:Big Time Studios)

Big Time(ビッグタイム)は、イーサリアム(ETH)を基盤としたPC向けのマルチプレイヤーアクションRPGとなっており、ゲームのプレイヤーは最大6人でチームを組んでダンジョンを探索したり、モンスターを倒してNFT形式で発行されるアイテムを獲得することもできるとされています。

ゲームプレイは「God of Warの高速アクションゲームプレイ」と「World of WarcraftやDiabloのような協力プレイ」を組み合わせたようなものになっていると報告されているため、本格的な協力型のアクションRPGを楽しみながらNFTアイテムを収集する楽しみも味わことができるようになると期待されます。

(画像:Big Time Studios)(画像:Big Time Studios)

このゲームの注目すべきポイントは「仮想通貨関連の知識を持たない人も含めた全てプレイヤーが、NFT形式のアイテムを取得・保有・取引できるアクションRPG」となれるように開発されている点であり、『プレイヤーが自分でNFTを管理するのではなく、Big Timeがユーザーのウォレットを管理することによって、ユーザーは簡単にNFTアイテムを扱うことができるように設計されている』と報告されています。

仮想通貨やNFTは「自分で自分の資産を管理できる」という点が利点の1つとなっていますが、暗号資産の取引・管理にはやや複雑なプロセスが含まれているため、「秘密鍵をなくして自分の資産にアクセスできなくなる」といった問題も発生していました。NFTを企業側でも管理できるようになれば、プレイヤーは自分にあった方法でNFTを取り扱うことができるになり、資産管理の問題が解決されるため、NFTやブロックチェーンゲームの一般普及につながると期待されます。

同社は将来的に「ユーザーがゲーム内資産を自分のウォレットに移動させることができる機能」を組み込むことも視野に入れているとのことですが、現時点では『そのような機能にはそれほど需要がない』と考えられており、もしも需要が高まった場合にはそれらの機能が追加される予定だと報じられています。

なお、Big Timeは現在「Windows PC向け」に開発が進められているとのことで、2021年内にはベータ版を公開、2022年には正式にゲームをリリースすることが計画されていると報告されています。「Big Time」の詳細は以下の公式サイトで確認することができます。

>>「Big Time」の公式サイトはこちら
>>「Big Time」の公式Twitterはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインは「アマゾン」のような存在|将来的には金を超える:Lou Kerner

ビットコインは「アマゾン」のような存在|将来的には金を超える:Lou Kerner

暗号資産取引所Coinbase「NASDAQ直接上場」4月14日を予定|米SECが承認

暗号資産取引所Coinbase「NASDAQ直接上場」4月14日を予定|米SECが承認

今年の利益はふるさと納税へ|日本一所得の低い「球磨村」の取り組みとは

今年の利益はふるさと納税へ|日本一所得の低い「球磨村」の取り組みとは

Huobi Japan:独自仮想通貨フォビトークン(HT)「日本国内」でも取扱いへ

Huobi Japan:独自仮想通貨フォビトークン(HT)「日本国内」でも取扱いへ

ティファニー:ダイヤモンドの「原産地情報」公開へ|ブロックチェーン技術には触れず

ティファニー:ダイヤモンドの「原産地情報」公開へ|ブロックチェーン技術には触れず

Twitter連携で仮想通貨を簡単に送受金「Suku Wallet」の利用者が増加

Twitter連携で仮想通貨を簡単に送受金「Suku Wallet」の利用者が増加

注目度の高い仮想通貨ニュース

金持ち父さん著者:キャシー・ウッド氏の「1BTC=230万ドル予想」を支持

金持ち父さん著者:キャシー・ウッド氏の「1BTC=230万ドル予想」を支持

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

ビットポイント:BTC半減期記念「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:BTC半減期記念「口座開設キャンペーン」開始

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す