Cardano×Nervos:相互運用性のための「クロスチェーンブリッジ」構築へ

by BITTIMES

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)の開発を担当している「Input Output」は2021年6月2日に、中国を拠点とするブロックチェーンプロジェクト「ネルボス(Nervos/CKB)」と提携し、それぞれのブロックチェーンに相互運用性をもたらすためのクロスチェーンブリッジを構築していることを明らかにしました。

こちらから読む:Google、仮想通貨広告のポリシーを明確化「暗号資産」関連ニュース

Cardano・Nervosの「クロスチェーンブリッジ」を構築

Input Output(IOHK)は2021年6月2日に、中国を拠点とするブロックチェーンプロジェクト「Nervos」と提携して「カルダノ(Cardano/ADA)」と「ネルボス(Nervos/CKB)」の間に相互運用性をもたらすためのクロスチェーンブリッジを構築していることを発表しました。

クロスチェーンブリッジとは「異なるブロックチェーン同士を繋ぐ橋」のようなものであり、このブリッジが構築されることによってそれぞれの仮想通貨であるADAとCKBをブロックチェーン間で移動できるようになる他、両方をブロックチェーン上で発行された独自トークンを両方のブロックチェーン上で使用することができるようになります。

ブリッジが構築されると両方のブロックチェーンの開発者がそれぞれのサービスや機能にアクセスすることができるようになるため、CardanoとNervos両方のDApps(分散型アプリ)のエコシステムやユーザー基盤が拡大すると期待されます。

IOHKは今回の提携について『IOHKとNervosは、CardanoとNervosのネットワーク間で相互運用性のブリッジを構築するために協力している。これが完了するとこの先駆的なクロスチェーンブリッジによって、ユーザーは2つのブロックチェーン間で資産を取引できるようになる。最終目標はNervosとCardano 両方のグローバルリーチと有用性を拡大しながら、相互運用性の向上を促進することだ』と説明しています。

イーサリアムに続く2番目のブリッジ

Nervosは既に「イーサリアム(Ethereum/ETH)」とのブリッジを構築していましたが、イーサリアム意外のブロックチェーンとの間でブリッジが構築されるのは今回が初であると報告されています。

イーサリアムのネットワークでは"ガス代高騰"などの問題が発生していますが、カルダノは高速かつ安い手数料での取引環境を実現しているため、Cardanoとのブリッジは「新たな代替手段の提供」にもつながると期待されています。

IOHKのCTOであるRomain Pellerin氏は『ブロックチェーン技術が広く採用されるためには、様々なプラットフォームを横断して資産や機能にアクセスできる必要があるため、今回のようなブリッジはユーザーにシームレスな体験を提供するために必要不可欠である』と述べています。

ブロックチェーン技術は、エンドユーザーが1つのブロックチェーンや標準に縛られず、使用しているブロックチェーンに関係なく、様々なプラットフォームでシームレスに資産と機能にアクセスできる場合にのみ、広く採用されるようになると信じています。そのため、このようなブリッジはユーザーにシームレスな体験を提供するために必要不可欠です。

Nervosとの協力のように、コミュニティを結んで協力するための革新的な新しい方法を見つけることによって、ブロックチェーンは「より公平で効率的なグローバル金融オペレーティングシステムを作成する」という約束を確実に果たすことができます。

なお、CardanoとNervosのクロスチェーンブリッジは現在構築作業が進められている段階となっており、公式発表では今後6週間ほどで作業が完了する予定だと報告されています。

>>「Input Output」の公式発表はこちら
>>「Nervos」の公式発表はこちら

2021年6月3日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は先月24日に120円付近まで下落したものの、その後は徐々に回復してきており、2021年6月3日時点では「1ADA=196.70円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2021年5月4日〜2021年6月3日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2021年5月4日〜2021年6月3日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

元Google CEO「Chainlink Labs」に戦略アドバイザーとして参加

元Google CEO「Chainlink Labs」に戦略アドバイザーとして参加

米Coinbase:元Facebook幹部が「最高マーケティング責任者」に就任

米Coinbase:元Facebook幹部が「最高マーケティング責任者」に就任

LINEがICON財団と提携しunchainを設立|ブロックチェーン拡大へ

LINEがICON財団と提携しunchainを設立|ブロックチェーン拡大へ

暗号資産損益計算のGtax:秘密鍵の共有管理サービス「N Suite」と提携

暗号資産損益計算のGtax:秘密鍵の共有管理サービス「N Suite」と提携

イタリアの自動車メーカー「Fiat」EVドライバーに仮想通貨報酬を付与

イタリアの自動車メーカー「Fiat」EVドライバーに仮想通貨報酬を付与

Fidelity×BlockFi「ビットコイン担保の現金融資サービス」提供へ

Fidelity×BlockFi「ビットコイン担保の現金融資サービス」提供へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

渋谷スクランブル交差点でARゲーム『NEO TOKYO CLASH』展開:STYLY × NEO TOKYO PUNKS

渋谷スクランブル交差点でARゲーム『NEO TOKYO CLASH』展開:STYLY × NEO TOKYO PUNKS

Reebok:NFT・メタバース関連の商標出願|マーケットプレイスも展開?

Reebok:NFT・メタバース関連の商標出願|マーケットプレイスも展開?

関東財務局「FTX Japanに対する行政処分」を発表|業務停止・業務改善を命令

関東財務局「FTX Japanに対する行政処分」を発表|業務停止・業務改善を命令

Twitter:決済サービス展開に向け事業者登録|仮想通貨活用にも期待高まる

Twitter:決済サービス展開に向け事業者登録|仮想通貨活用にも期待高まる

Cornucopias:史上初の「BSC-Cardanoブリッジ」を稼働

Cornucopias:史上初の「BSC-Cardanoブリッジ」を稼働

ビットバンク:イーサリアム保有者に対する「ETHF」の付与方針を発表

ビットバンク:イーサリアム保有者に対する「ETHF」の付与方針を発表

Step App「iOS・Android版アプリ」正式リリース

Step App「iOS・Android版アプリ」正式リリース

エイプコインとドージコインがミームコイン採用を先行。ビッグアイズコインは同じ道を辿ることができるか?

エイプコインとドージコインがミームコイン採用を先行。ビッグアイズコインは同じ道を辿ることができるか?

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月20日〜26日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月20日〜26日

ドージコインとBNBが急騰、ビッグアイズコインのプレセールは参加すべきか?

ドージコインとBNBが急騰、ビッグアイズコインのプレセールは参加すべきか?

OpenSea「クリエイター手数料のオンチェーン執行ツール」を発表|ロイヤリティ還元制度を見直し

OpenSea「クリエイター手数料のオンチェーン執行ツール」を発表|ロイヤリティ還元制度を見直し

ジャスミー株式会社「AVITA Technologies」との共同事業を開始

ジャスミー株式会社「AVITA Technologies」との共同事業を開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す