Cardano×Nervos:相互運用性のための「クロスチェーンブリッジ」構築へ

by BITTIMES

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)の開発を担当している「Input Output」は2021年6月2日に、中国を拠点とするブロックチェーンプロジェクト「ネルボス(Nervos/CKB)」と提携し、それぞれのブロックチェーンに相互運用性をもたらすためのクロスチェーンブリッジを構築していることを明らかにしました。

こちらから読む:Google、仮想通貨広告のポリシーを明確化「暗号資産」関連ニュース

Cardano・Nervosの「クロスチェーンブリッジ」を構築

Input Output(IOHK)は2021年6月2日に、中国を拠点とするブロックチェーンプロジェクト「Nervos」と提携して「カルダノ(Cardano/ADA)」と「ネルボス(Nervos/CKB)」の間に相互運用性をもたらすためのクロスチェーンブリッジを構築していることを発表しました。

クロスチェーンブリッジとは「異なるブロックチェーン同士を繋ぐ橋」のようなものであり、このブリッジが構築されることによってそれぞれの仮想通貨であるADAとCKBをブロックチェーン間で移動できるようになる他、両方をブロックチェーン上で発行された独自トークンを両方のブロックチェーン上で使用することができるようになります。

ブリッジが構築されると両方のブロックチェーンの開発者がそれぞれのサービスや機能にアクセスすることができるようになるため、CardanoとNervos両方のDApps(分散型アプリ)のエコシステムやユーザー基盤が拡大すると期待されます。

IOHKは今回の提携について『IOHKとNervosは、CardanoとNervosのネットワーク間で相互運用性のブリッジを構築するために協力している。これが完了するとこの先駆的なクロスチェーンブリッジによって、ユーザーは2つのブロックチェーン間で資産を取引できるようになる。最終目標はNervosとCardano 両方のグローバルリーチと有用性を拡大しながら、相互運用性の向上を促進することだ』と説明しています。

イーサリアムに続く2番目のブリッジ

Nervosは既に「イーサリアム(Ethereum/ETH)」とのブリッジを構築していましたが、イーサリアム意外のブロックチェーンとの間でブリッジが構築されるのは今回が初であると報告されています。

イーサリアムのネットワークでは"ガス代高騰"などの問題が発生していますが、カルダノは高速かつ安い手数料での取引環境を実現しているため、Cardanoとのブリッジは「新たな代替手段の提供」にもつながると期待されています。

IOHKのCTOであるRomain Pellerin氏は『ブロックチェーン技術が広く採用されるためには、様々なプラットフォームを横断して資産や機能にアクセスできる必要があるため、今回のようなブリッジはユーザーにシームレスな体験を提供するために必要不可欠である』と述べています。

ブロックチェーン技術は、エンドユーザーが1つのブロックチェーンや標準に縛られず、使用しているブロックチェーンに関係なく、様々なプラットフォームでシームレスに資産と機能にアクセスできる場合にのみ、広く採用されるようになると信じています。そのため、このようなブリッジはユーザーにシームレスな体験を提供するために必要不可欠です。

Nervosとの協力のように、コミュニティを結んで協力するための革新的な新しい方法を見つけることによって、ブロックチェーンは「より公平で効率的なグローバル金融オペレーティングシステムを作成する」という約束を確実に果たすことができます。

なお、CardanoとNervosのクロスチェーンブリッジは現在構築作業が進められている段階となっており、公式発表では今後6週間ほどで作業が完了する予定だと報告されています。

>>「Input Output」の公式発表はこちら
>>「Nervos」の公式発表はこちら

2021年6月3日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は先月24日に120円付近まで下落したものの、その後は徐々に回復してきており、2021年6月3日時点では「1ADA=196.70円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2021年5月4日〜2021年6月3日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2021年5月4日〜2021年6月3日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

GMOコイン:最大現金10万円が当たる「2つのキャンペーン」を同時開催

GMOコイン:最大現金10万円が当たる「2つのキャンペーン」を同時開催

ビットコイン宝くじの「Crypto Millions Lotto」プレミアリーグのサッカークラブと提携

ビットコイン宝くじの「Crypto Millions Lotto」プレミアリーグのサッカークラブと提携

米取引所コインベース:上場検討中の暗号資産「18銘柄」を公開

米取引所コインベース:上場検討中の暗号資産「18銘柄」を公開

バイナンスがBinance Chainなどの大規模計画を発表

バイナンスがBinance Chainなどの大規模計画を発表

国税庁:暗号資産の税金制度「変更予定はない」と発言|藤巻議員が矛盾点を指摘

国税庁:暗号資産の税金制度「変更予定はない」と発言|藤巻議員が矛盾点を指摘

ブロックチェーンスマートフォン「XPhone」を発表 ー PundiX

ブロックチェーンスマートフォン「XPhone」を発表 ー PundiX

注目度の高い仮想通貨ニュース

トランプ前大統領「ビットコインは詐欺のよう、私は好きではない」と発言

トランプ前大統領「ビットコインは詐欺のよう、私は好きではない」と発言

JPYC株式会社「東京法務局への供託完了+発行体としての届出書提出」を報告

JPYC株式会社「東京法務局への供託完了+発行体としての届出書提出」を報告

チケット売買マッチングサイト「金券広場」仮想通貨決済に対応|BTC・XRPが利用可能に

チケット売買マッチングサイト「金券広場」仮想通貨決済に対応|BTC・XRPが利用可能に

バイナンスが支援するNFTプラットフォーム「Featured by Binance」公開

バイナンスが支援するNFTプラットフォーム「Featured by Binance」公開

Anchorage Digital「イーサリアム担保型の米ドル融資サービス」提供へ

Anchorage Digital「イーサリアム担保型の米ドル融資サービス」提供へ

PlanB氏「最悪の場合の2021年ビットコイン価格予想」を提示|下落はいつまで続く?

PlanB氏「最悪の場合の2021年ビットコイン価格予想」を提示|下落はいつまで続く?

米コンビニ大手「Sheetz(シーツ)」仮想通貨決済対応へ|BTC・ETHなどを受け入れ

米コンビニ大手「Sheetz(シーツ)」仮想通貨決済対応へ|BTC・ETHなどを受け入れ

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン暴落について「買いのチャンス」だと強調

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン暴落について「買いのチャンス」だと強調

MicroStrategy:ビットコイン購入に向けた資金調達を完了「10億ドル相当の株式売却」も計画

MicroStrategy:ビットコイン購入に向けた資金調達を完了「10億ドル相当の株式売却」も計画

暗号資産デリバティブ大手「Bybit」中国のIPアドレス関連アカウント停止へ

暗号資産デリバティブ大手「Bybit」中国のIPアドレス関連アカウント停止へ

ビットフライヤー「NHK クローズアップ現代+放映記念キャンペーン」開始

ビットフライヤー「NHK クローズアップ現代+放映記念キャンペーン」開始

金融庁:暗号資産デリバティブ取引所「Bybit(バイビット)」に警告

金融庁:暗号資産デリバティブ取引所「Bybit(バイビット)」に警告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す