ビットコインの法定通貨化「経済・法律面で複数の懸念」国際通貨基金(IMF)

by BITTIMES

国際金融・為替相場の安定化を目的として設立された国連の専門機関「国際通貨基金(IMF)」のGerry Rice(ジェリー・ライス)報道官は2021年6月10日に開かれた記者会見の中で、エルサルバドルが『仮想通貨ビットコイン(BTC)を法定通貨として採用すること』を決定したことについて、『法的・経済的リスクに繋がる可能性がある』との懸念を示しました。

こちらから読む:Perfume初の"NFTアート作品"本日リリース「暗号資産」関連ニュース

エルサルバドルのブケレ大統領とも議論

国際通貨基金(IMF)のジェリー・ライス報道官は2021年6月10日に開かれた記者会見の中で、エルサルバドルが『仮想通貨ビットコイン(BTC)を法定通貨として採用すること』を決定したことについて、『法的・経済的リスクに繋がる可能性がある』との懸念を示しました。

ジェリー・ライス氏は『ビットコインを法定通貨として採用すると、マクロ経済・金融・法律などの面で複数の問題を引き起こす可能性がある』と指摘しており、『このような問題やリスクには非常に慎重な対応が必要とされるため、IMFは今後も引き続き複数の関係当局との協議を続けていく』と説明しています。

報告によると、IMFは本日11日にビットコイン法案を可決したエルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領と会談を行うとのことで、ブケレ大統領も『ビットコイン法について今後IMFと会議を行う予定がある』と発言しているとも報じられています。

急速に進む「ビットコイン採用」の動き

エルサルバドルのビットコイン法案に関する計画は今月5日に明らかにされましたが、その後は急速にそれらの取り組みが進められており、先日9日には『ビットコイン法案が正式に可決されたこと』が報告され、その後10日には『ブケレ大統領がエルサルバドルの国営地熱発電所に"火山エネルギーを用いたBTCマイニング施設の計画を立てるように"と指示したこと』が報告されています。

また、エルサルバドルの決定はその他の国の政治家にも大きな影響を与えており、現時点でも「パラグアイパナマブラジルアルゼンチンメキシコ・トンガ王国」などの政治家が"ビットコイン法案などの支持"を表明しているため、今後はこのような影響がその他の国にも拡大していく可能性があると予想する声も出ています。

ビットコインコミュニティの間では数年前から『ビットコインが世界共通の新しい通貨になること』を望む声が多数出ていましたが、その一方で政府関係者や規制当局などからは『ビットコインは国際的な金融システムに深刻な影響をもたらす可能性がある』といった懸念の声も出ていたため、今回エルサルバドルでビットコイン法案が可決されたことによって、今後はそのようなビットコイン・仮想通貨関連の議論がさらに活発に進められていくことになると予想されます。

>>「IMFが公開した動画」はこちら

2021年6月11日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は先日9日に346万円付近まで下落していたものの、その後は徐々に回復してきており、2021年6月11日時点では「1BTC=4,069,979円」で取引されています。

2021年5月12日〜2021年6月11日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2021年5月12日〜2021年6月11日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

通信大手Verizon:ブロックチェーン活用した「仮想SIM」の特許を取得

通信大手Verizon:ブロックチェーン活用した「仮想SIM」の特許を取得

Grayscale親会社「約270億円分のビットコイン投資信託(GBTC)購入」を計画

Grayscale親会社「約270億円分のビットコイン投資信託(GBTC)購入」を計画

バーレーン大学:ブロックチェーン「卒業証明書」発行へ|国際規格Blockcertsを採用

バーレーン大学:ブロックチェーン「卒業証明書」発行へ|国際規格Blockcertsを採用

強気派Brian Kellyが語る「ビットコイン市場の懸念点」今後価格はどう動くのか?

強気派Brian Kellyが語る「ビットコイン市場の懸念点」今後価格はどう動くのか?

BTCBOX「最大10万円相当のビットコイン」が当たるキャンペーン開催

BTCBOX「最大10万円相当のビットコイン」が当たるキャンペーン開催

仮想通貨交換業にフィデリティ(Fidelity)参入か

仮想通貨交換業にフィデリティ(Fidelity)参入か

注目度の高い仮想通貨ニュース

Apple:仮想通貨業界での経験有する「決済関連の事業開発マネージャー」を募集

Apple:仮想通貨業界での経験有する「決済関連の事業開発マネージャー」を募集

Bank of America「ブロックチェーン基盤の株式取引ネットワーク」に参加

Bank of America「ブロックチェーン基盤の株式取引ネットワーク」に参加

Chiliz Exchange:マンチェスター・シティFCの「$CITYトークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:マンチェスター・シティFCの「$CITYトークン」本日取引開始

中南米諸国の政治家、続々と「ビットコイン支持」を表明|エルサルバドルに続く

中南米諸国の政治家、続々と「ビットコイン支持」を表明|エルサルバドルに続く

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年5月16日〜22日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年5月16日〜22日

ビットポイント「TRX・XRPのレバレッジ取引サービス」提供へ

ビットポイント「TRX・XRPのレバレッジ取引サービス」提供へ

米Kraken(クラーケン)Android・iOS対応の「スマホ向けアプリ」リリース

米Kraken(クラーケン)Android・iOS対応の「スマホ向けアプリ」リリース

Perfume初のNFTアート作品「Imaginary Museum “Time Warp”」本日リリース

Perfume初のNFTアート作品「Imaginary Museum “Time Warp”」本日リリース

スイスの資産運用会社Valour「CardanoとPolkadotの上場投資商品(ETP)」を発表

スイスの資産運用会社Valour「CardanoとPolkadotの上場投資商品(ETP)」を発表

日本暗号資産ビジネス協会「2022年税制改正要望に向けたアンケート調査」開始

日本暗号資産ビジネス協会「2022年税制改正要望に向けたアンケート調査」開始

イーロン・マスク氏「ビットコイン価格操作の批判」に反論|BTC決済再開の可能性も

イーロン・マスク氏「ビットコイン価格操作の批判」に反論|BTC決済再開の可能性も

仮想通貨決済対応の鮨店、NFT「SUSHI TOP SHOT」をリリース【銀座渡利】

仮想通貨決済対応の鮨店、NFT「SUSHI TOP SHOT」をリリース【銀座渡利】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す