パラグアイの議員:話題の仮想通貨法案は「BTCを法定通貨化するものではない」と説明

by BITTIMES

「ビットコイン(BTC)を法定通貨化する法案を提出する可能性がある」として注目されていたパラグアイのCarlos Rejala議員が『私たちが推進している法案は、ビットコインを法定通貨とするものではなく、デジタル資産を適切に規制するためのものだ』と説明したことがロイターの報道で明らかになりました。

こちらから読む:英規制当局、BINANCEについて消費者に警告「暗号資産」関連ニュース

「デジタル資産を適切に規制するための法案」だと説明

エルサルバドルでは今月9日に「仮想通貨ビットコインを法定通貨として認める法案」が可決されましたが、その後はその他の中南米諸国の議員からも「ビットコイン関連法案導入」を支持する声が多数出ているため、仮想通貨業界では『エルサルバドル以外でも"ビットコインの法定通貨化"が進む可能性がある』として注目が集まっています。

パラグアイのCarlitos Rejala議員は2021年6月25日のツイートで『パラグアイの議員はビットコイン法定通貨化法案の提出を予定している』という内容の記事をリツイートしていたため、仮想通貨業界では「ビットコインの法定通貨化でパラグアイがエルサルバドルに続く可能性がある」と注目が集まっていましたが、ロイターの報道ではそのような解釈に誤解があることが報告されています。

ロイターの報道によると、Carlitos Rejala議員が推進している法案は「仮想通貨を法定通貨とするもの」ではなく「仮想通貨を適切に規制するための法案」だとされており、Rejala議員は『パラグアイで仮想通貨を法定通貨とするようなことは不可能』だと語ったと報告されています。

これは「デジタル資産に関する法案」であり、「ビットコインを法定通貨として捉えているエルサルバドルの法案」とは異なるものです。パラグアイでビットコインを法定通貨として採用することは不可能でしょう。

デジタル資産法案は「2021年7月14日頃」に提出予定

報道によると、Rejala議員は4名から構成される小さな政党のリーダーであるとのことで、現在は「デジタル資産を適切に規制するための法案」を可決するための取り組みを推進、デジタル資産規制法案は2021年7月14日頃に提出される予定だと報告されています。

Rejala議員の政党は小規模な党であるものの、同氏が推進している「デジタル資産規制法案」は他の政党に所属する議員からも興味・関心を得ているとのことで、Rejala議員は法案の可決に自信を持っていると伝えられています。

Carlitos Rejala議員は同氏が提出を予定している仮想通貨規制法案の目的について次のように語っており、『私たちは仮想通貨に友好的な国になることを望んでいる』と説明しています。

私たちはパラグアイ人や外国人がデジタル資産を合法的に使用できるように、規制当局や銀行にも参加してもらいたいと思っています。なぜなら、違法取引が国内外で行われていることを知っているからです。

私たちは"仮想通貨フレンドリー"な国になることを望んでいます。

>>「ロイター」の報道はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カルダノ(ADA)価格上昇で「68円」まで回復|XRPを抜き時価総額ランキング4位に

カルダノ(ADA)価格上昇で「68円」まで回復|XRPを抜き時価総額ランキング4位に

パレット:TikTokクリエイターのNFTマーケット「studio15 market for NFT」で技術採用

パレット:TikTokクリエイターのNFTマーケット「studio15 market for NFT」で技術採用

未来予測市場オーガー:大型アップグレード「Augur v2」の公開日が明らかに

未来予測市場オーガー:大型アップグレード「Augur v2」の公開日が明らかに

イスラエル証券庁:Kiroboの仮想通貨を「セキュリティトークン」と判断

イスラエル証券庁:Kiroboの仮想通貨を「セキュリティトークン」と判断

Googleクラウドグループ「Web3.0(分散型ウェブ)専門チーム」設立へ=報道

Googleクラウドグループ「Web3.0(分散型ウェブ)専門チーム」設立へ=報道

【iOS版】仮想通貨ウォレット搭載ブラウザ「Opera Touch」リリース|DAppsとの提携も

【iOS版】仮想通貨ウォレット搭載ブラウザ「Opera Touch」リリース|DAppsとの提携も

注目度の高い仮想通貨ニュース

アスター(ASTR)本格的にアメリカ進出|米暗号資産取引所「Binance US」に上場

アスター(ASTR)本格的にアメリカ進出|米暗号資産取引所「Binance US」に上場

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Socios.com:ボクシングプロモーターの「Matchroom」と提携

Socios.com:ボクシングプロモーターの「Matchroom」と提携

Mt.Gox「弁済方法選択・弁済先情報登録」の機能リリース

Mt.Gox「弁済方法選択・弁済先情報登録」の機能リリース

米MicroStrategy:ビットコインを買い増し|保有量は合計13万BTCに

米MicroStrategy:ビットコインを買い増し|保有量は合計13万BTCに

不動産セキュリティトークンの公募・発行で協業:三井物産デジタル・アセットマネジメントなど4社

不動産セキュリティトークンの公募・発行で協業:三井物産デジタル・アセットマネジメントなど4社

Coincheck NFT:フクロウモチーフのNFT「Moonbirds」取扱いへ

Coincheck NFT:フクロウモチーフのNFT「Moonbirds」取扱いへ

岸田首相:所信表明演説で「メタバース・NFT・Web3.0」について言及

岸田首相:所信表明演説で「メタバース・NFT・Web3.0」について言及

LUNC復興に取り組む「Terra Rebels」ロードマップ公開|バーン活動も活発化

LUNC復興に取り組む「Terra Rebels」ロードマップ公開|バーン活動も活発化

CoinTrade:ステーキングサービスで「ADA・DOT」を新規サポート

CoinTrade:ステーキングサービスで「ADA・DOT」を新規サポート

Bitget:現物取引手数料をゼロに|30万ドルと1億LUNCの報酬山分けキャンペーンも

Bitget:現物取引手数料をゼロに|30万ドルと1億LUNCの報酬山分けキャンペーンも

Bitget launchpool、賞金総額1,000ETCの新キャンペーンを開始

Bitget launchpool、賞金総額1,000ETCの新キャンペーンを開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す