ドバイが仮想通貨やブロックチェーンの開発を本格始動?

by BITTIMES   

ドバイ(dubai)政府は、仮想通貨ブロックチェーンなどの開発を今後さらに本格化していく方針を明らかにし、「UAE Blockchain Strategy 2021(2021年UAEブロックチェーン戦略)」の開始を宣言しました。

2021年UAEブロックチェーン戦略

dubai-meeting

アラブ首長国連邦(UAE)の副大統領と首相であり、ドバイ首長国の首長でもあるシェイク・ムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム氏は、「UAE Blockchain Strategy 2021(2021年UAEブロックチェーン戦略)」の開始を宣言しました。

シェイク・ムハンマド殿下は2018年4月13日に開かれた式典で、ブロックチェーン技術の開発をさらに加速するために様々な政策を行うことを語っています。

「UAEは、テクノロジー採用の世界リーダーになる開発途上手段として、多様な側面の『未来産業』を開発する」

「連邦レベルでの政府取引の50%は、2021年までにブロックチェーン技術を使用して実施される」

「この技術の採用はアラブ首長国連邦の生活の質を反映し、市民の幸福度を高める」

「またこの技術は、時間と労力と資源を節約し、個人が自分の生活習慣や仕事に合ったタイムリーな取引を行うことができるようになる」

ブロックチェーンの採用は、ドキュメントを含むすべてのトランザクションにおいて年間約110億AED(約3200億円)と7700万時間の労働時間を節約することに貢献するとのことです。

アラブ首長国連邦のブロックチェーン戦略は、市民と居住者の幸福、政府の効率性、高度な法律、国際的な起業家精神、という4つの柱に焦点を当てています。

UAEは、訓練コース/イベント/ワークショップ/報告書を使用して、ブロックチェーンでの地位を確立し、分野に特化した大学コースや暗号化などの関連科目をサポートします。

政府取引の100%をブロックチェーン化

ドバイは、最終的にブロックチェーン技術を使って政府取引の100%の記録や処理を行うことを目指しており、具体的には次のような分野でブロックチェーンの利点を活用していくことを計画しています。

  • 財産の管理
  • 企業登記上の管理
  • ダイヤモンド取引の管理
  • 遺言書の管理
  • 健康管理
  • 観光業
  • 運送業

独自仮想通貨emCashの本格導入も近い?

ドバイ政府は、ドバイ経済省の子会社であるEmcreditと、イギリスに拠点を置くブロックチェーンのスタートアップ企業Object Tech Grpとパートナーシップを組んで、独自仮想通貨emCashの発行もめざしています。

Emcreditが立ち上げたemPayを活用してemCashを利用することで、非接触決済を可能にし、ドバイ市民は公共料金/子供の学費/送金/毎日のコーヒー代といった様々な支払いを行うことができます。支払い時はドバイの既存通貨ディルハム(AED)かemCashかを選ぶこともできます。

emCashは需要に応じてリアルタイムで発行されていくシステムを採用しているため、詐欺や過度なインフレを抑制することもでき、スマートコントラクト機能によって金銭的な契約の締結にも使用できます。

2021年までに50%決済する方針が決まったことにより、emCashの発行にもさらに近づくこととなります。近いうちにビットコインなどの仮想通貨がドバイの企業内やコンビニでの日常的な決済に使われることとなりそうです。

ビットコインATM大量導入

ドバイは世界に先駆けてビットコインATMを大量に設置しています。

世界的に見てもまだまだ設置されている数や地域は少ない現状がある中、ドバイでは一気に400台を導入しています。
これは、世界中のビットコインATMの約半数を占める台数です。

世界に与える影響大?

2017年2月にUAEは仮想通貨決済を公式に認めています。
また、UAEの中でも開発先進国のドバイ首長国は「ブロックチェーン技術の中心地になる」ことを目指し、ブロックチェーン技術を完成させるためにIBMと提携し、スマート・コントラクトの開発を進めています。

スタートアップ企業のOneGram(ワングラム)は、金を裏付けとする仮想通貨を発行しており、ドバイの名所の1つである「ゴールドスーク(黄金市場)」では、金取引の名所として世界中のトレーダーが集まっています。

UAEやドバイは、ブロックチェーンなどのFinTech(フィンテック)開発に非常に力をいれています。 「2021年UAEブロックチェーン戦略」が本格化することによって、今後世界中の先進国にも大きな影響を与えることが予想されます。

(引用:thenewresearchgroup.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:暗号資産Visaデビットカード「Swipe」を買収|決済分野での普及狙う

BINANCE:暗号資産Visaデビットカード「Swipe」を買収|決済分野での普及狙う

マッチングアプリ「Tinder」メタバース参入やアプリ内通貨発行を検討

マッチングアプリ「Tinder」メタバース参入やアプリ内通貨発行を検討

ニューヨーク州が仮想通貨のタスクフォースを立ち上げか

ニューヨーク州が仮想通貨のタスクフォースを立ち上げか

トルコ強豪フェネルバフチェの公式ファントークン「Paribu上場で400%価格高騰」

トルコ強豪フェネルバフチェの公式ファントークン「Paribu上場で400%価格高騰」

米老舗デパートMacy's「感謝祭パレードの限定NFT」を発行|無料配布も予定

米老舗デパートMacy's「感謝祭パレードの限定NFT」を発行|無料配布も予定

【TRON 4.0 vs Ethereum 2.0】トロンCEO、Twitter上でアンケート調査を実施

【TRON 4.0 vs Ethereum 2.0】トロンCEO、Twitter上でアンケート調査を実施

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOコイン「Flareトークンの付与日」を発表|FLR取引サービスも提供予定

GMOコイン「Flareトークンの付与日」を発表|FLR取引サービスも提供予定

韓国の暗号資産取引所「Huobi Korea」フォビグループ離脱で社名変更か

韓国の暗号資産取引所「Huobi Korea」フォビグループ離脱で社名変更か

AR特化のWeb3型メタバース「IZUMO」公式サイト・コミュニティを公開

AR特化のWeb3型メタバース「IZUMO」公式サイト・コミュニティを公開

2023-2030年のXRP価格予想とMetacade(メタケード)に注目すべき理由

2023-2030年のXRP価格予想とMetacade(メタケード)に注目すべき理由

国会議事堂の自販機などで仮想通貨決済対応を|米上院議員が決議案提出

国会議事堂の自販機などで仮想通貨決済対応を|米上院議員が決議案提出

ステラ開発財団「米商品先物取引委員会のグローバル市場諮問委員会」に参加

ステラ開発財団「米商品先物取引委員会のグローバル市場諮問委員会」に参加

2023年に注目すべきメタバース関連銘柄7選

2023年に注目すべきメタバース関連銘柄7選

ビットフライヤー:Flareトークン(FLR)取扱い開始|対象者への付与も完了

ビットフライヤー:Flareトークン(FLR)取扱い開始|対象者への付与も完了

バケット×ソフトバンク:CNP活用したデジタルマーケティング支援で基本合意締結

バケット×ソフトバンク:CNP活用したデジタルマーケティング支援で基本合意締結

Metacade(MCADE)プレセールの売れ行きは順調|2023年には50倍の利益の見込み

Metacade(MCADE)プレセールの売れ行きは順調|2023年には50倍の利益の見込み

ビル・ゲイツ氏:Web3・メタバースよりも「人工知能(AI)」に関心

ビル・ゲイツ氏:Web3・メタバースよりも「人工知能(AI)」に関心

スズキのインド子会社:メタバースショールーム「ArenaVerse」を導入

スズキのインド子会社:メタバースショールーム「ArenaVerse」を導入

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す