ビットコイン価格表示対応の投資用不動産メディア「ie-reach Crypto Property」公開

by BITTIMES   

ビットコイン(BTC)で不動産を購入できる「イエリーチBTC決済」などを提供している「ネクサスエージェント」は2021年8月16日に、不動産価格のBTC表記や4ヶ国語に対応した投資用不動産のポータルメディア『ie-reach Crypto Property』の運営を開始したことを発表しました。

こちらから読む:空間が自然増殖する建築NFT登場「不動産」関連ニュース

仮想通貨×不動産投資×多言語対応のポータルメディア

ネクサスエージェントは2021年8月16日に「不動産価格のBTC表記」や「4ヶ国語(日本語・英語・簡体字・繁体字)」に対応した投資用不動産のポータルメディア『ie-reach Crypto Property』の運営を開始したことを発表しました。

「ie-reach Crypto Property」は、"ビットコイン決済に対応している日本国内の不動産物件に特化したポータルメディア"となっており、サイト上部に記載されているボタンをクリックするだけで簡単に不動産価格を「ビットコインでの価格表示」に切り替えることができるように設計されています。

不動産価格をワンクリックで「ビットコインでの価格表示」に切り替え可能(画像:ie-reach Crypto Property)不動産価格をワンクリックで「ビットコインでの価格表示」に切り替え可能(画像:ie-reach Crypto Property)

このメディアは海外居住者の間で需要が高まっている「ビットコイン決済での国内不動産購入」の要望に応えるためのものとなっており、『各不動産会社は投資用不動産の情報を掲載することによって、新たな顧客の流入口としてサイトを活用することができる』と説明されています。

「ie-reach Crypto Property」の物件情報は各企業の独自サイトと連動させることもできるとのことで、ネクサスエージェントが提供している物件情報CMS(コンテンツ管理システム)を利用している不動産会社は同メディアに物件情報を掲載することによってその情報を自社サイトへと自動で反映することができ、同メディアには掲載させずに個別サイトのみに情報を掲載することもできるとされています。

(画像:ネクサスエージェント)(画像:ネクサスエージェント)

ネクサスエージェントは『今後も掲載物件を順次増やしていく』と述べており、『対応する仮想通貨の種類も増やして需要の幅を拡大していく』と説明しているため、これらの取り組みによって仮想通貨×不動産投資の魅力的なポータルサイトになっていくと期待されます。

なお、ネクサスエージェントは不動産取引をビットコイン決済で行うことを可能にするシステムである「イエリーチBTC決済」も提供しており、このシステムを用いた不動産取引では、システムからシステムから発行されたQRコードを読み込むだけで簡単にビットコイン送金を行うことができるようになっています。

>>「ネクサスエージェント」の公式発表はこちら
>>「ie-reach Crypto Property」の公式サイトはこちら
>>「イエリーチBTC決済」のお客様向けサイトはこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は各種手数料が無料の暗号資産取引所ビットポイントからどうぞ。

暗号資産取引所ビットポイントの画像 暗号資産取引所ビットポイントの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Operaブラウザ:Android版で「ブロックチェーンドメイン」をサポート

Operaブラウザ:Android版で「ブロックチェーンドメイン」をサポート

暗号資産取引所Bitgate(ビットゲート)「オンライン本人確認」に対応

暗号資産取引所Bitgate(ビットゲート)「オンライン本人確認」に対応

Bybitが主催する世界最大の仮想通貨トレードバトル「WSOT」登録受付開始!

Bybitが主催する世界最大の仮想通貨トレードバトル「WSOT」登録受付開始!

店舗ATMを「仮想通貨販売機」にアップグレード|カナダ取引所がソフトウェア開発企業を買収

店舗ATMを「仮想通貨販売機」にアップグレード|カナダ取引所がソフトウェア開発企業を買収

コインチェック:シンボル(Symbol/XYM)の付与「2021年度中」に実施へ

コインチェック:シンボル(Symbol/XYM)の付与「2021年度中」に実施へ

JPモルガンが暗号資産戦略部門を創設|CEOは意見を改める

JPモルガンが暗号資産戦略部門を創設|CEOは意見を改める

注目度の高い仮想通貨ニュース

JCBA×JVCEA「2023年度の暗号資産税制改正要望書」金融庁に提出

JCBA×JVCEA「2023年度の暗号資産税制改正要望書」金融庁に提出

東京ドーム×三菱UFJ信託銀行「Progmat UT」活用したユーティリティトークンを発行

東京ドーム×三菱UFJ信託銀行「Progmat UT」活用したユーティリティトークンを発行

香港科技大学:メタバース上のデジタルツインキャンパス「MetaHKUST」設立へ

香港科技大学:メタバース上のデジタルツインキャンパス「MetaHKUST」設立へ

Coinbase Wallet「日本語」でのサービス提供開始

Coinbase Wallet「日本語」でのサービス提供開始

Huobi Japan:年率200%「ジャスミーコインの貸暗号資産特別募集」開始

Huobi Japan:年率200%「ジャスミーコインの貸暗号資産特別募集」開始

Zaif:1,000円相当分のCICCがもらえる「コイン積立対象暗号資産追加キャンペーン」開始

Zaif:1,000円相当分のCICCがもらえる「コイン積立対象暗号資産追加キャンペーン」開始

JobTribes「アイドル雀士スーチーパイ・Project B-idol」とのコラボNFT発行へ

JobTribes「アイドル雀士スーチーパイ・Project B-idol」とのコラボNFT発行へ

メタバース関連のDAO組織「OMA3」設立|The Sandbox・Decentralandなども参画

メタバース関連のDAO組織「OMA3」設立|The Sandbox・Decentralandなども参画

DeFiChainのDFIトークン「Huobi Global」で取引開始

DeFiChainのDFIトークン「Huobi Global」で取引開始

カード型コールドウォレット「CoolWallet Pro」ソラナ(Solana/SOL)に対応

カード型コールドウォレット「CoolWallet Pro」ソラナ(Solana/SOL)に対応

米投資アプリ「Robinhood」ユニスワップ(Uniswap/UNI)取扱開始

米投資アプリ「Robinhood」ユニスワップ(Uniswap/UNI)取扱開始

SBI VCトレード:ODL用いたXRP国際送金サービス向けシステムをリニューアル

SBI VCトレード:ODL用いたXRP国際送金サービス向けシステムをリニューアル

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す