double jump.tokyo「ビットフライヤー・LINEグループ」とNFT事業で協業

by BITTIMES

double jump.tokyo株式会社(DJT)は2021年9月3日に「bitFlyer Holdings、バンダイナムコエンターテインメント、バンダイナムコライブクリエイティブ、Z Venture Capital」の4社に対して第三者割当増資を実施したことを発表しました。同社は今後、ビットフライヤーやLINEグループなどとNFTブロックチェーン関連事業で協業し、共に事業拡大を図っていくと説明しています。

こちらから読む:OKCoinJapan、IOST取扱いへ「国内ニュース」

bitFlyer・LINEなどとNFT関連事業で協業

double jump.tokyo株式会社(DJT)は2021年9月3日にbitFlyer Holdings、バンダイナムコエンターテインメント、バンダイナムコライブクリエイティブ、Z Venture Capital」の4社に対して第三者割当増資を実施したことを発表しました。

double jump.tokyoは「My Crypto Heroes」「BRAVE FRONTIER HEROES」「MyCryptoSaga」などといった世界的に人気のブロックチェーンゲームを開発・運営している東京都の企業であり、ブロックチェーンゲーム開発支援サービス「MCH+」、NFT事業支援サービス「NFT PLUS」、複数人で秘密鍵管理できるビジネス向けNFT管理SaaS「N Suite」などの提供・開発も行なっています(My Crypto Heroesの現在の運営会社はMCH株式会社)。

同社は今回第三者割当増資を実施した4社とNFT・ブロックチェーン関連事業で協業関係を構築し、共に事業拡大を図っていくと説明しています。各社との具体的な取り組みの内容については以下のような取り組みを行なっていくと説明されています。

「bitFlyer Holdings」との取り組みについて

  • 暗号資産取引所ビットフライヤーの顧客基盤を活用したNFT事業提携
  • 各種コンテンツのNFT発行支援
  • DJTのブロックチェーンゲームにおける「miyabi(*1)」の活用を検討

(*1)miyabi:ビットフライヤーが独自開発したエンタープライズ向けブロックチェーン

「バンダイナムコ」との取り組みについて

  • バンダイナムコエンターテインメントとバンダイナムコライブクリエイティブは、DJTへの出資を通じてエンターテインメント領域における新たな価値創造に取り組んでいく

「Z Venture Capital」との取り組みについて

  • Zホールディングスのグループ会社であるLINE株式会社のグループ会社の「LVC株式会社」との連携
  • LINEの独自開発ブロックチェーン「LINE Blockchain」の活用
  • 株式会社スクウェア・エニックスのIPを用いたNFTデジタルシール「資産性ミリオンアーサー」で「LINE Blockchain」を採用予定
  • LINEグループとブロックチェーン領域で協業し、NFTをはじめとしたブロックチェーンのエコシステム拡大に取り組む

>>「bitFlyer Holdings」との協業についての発表はこちら
>>「バンダイナムコ」との協業についての発表はこちら
>>「Z Venture Capital」との協業についての発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

bitFlyer×なんぼや「ビットコイン最大1,000円分もらえるキャンペーン」開催

bitFlyer×なんぼや「ビットコイン最大1,000円分もらえるキャンペーン」開催

コインベース:仮想通貨学習サービス「Coinbase Earn」のサービス強化へ

コインベース:仮想通貨学習サービス「Coinbase Earn」のサービス強化へ

暗号資産取引所「DMM Bitcoin(DMMビットコイン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「DMM Bitcoin(DMMビットコイン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

【重要】BINANCE:全取引ユーザーが「本人確認必須」に|KYCなしで取引・入金は不可

【重要】BINANCE:全取引ユーザーが「本人確認必須」に|KYCなしで取引・入金は不可

ビットポイント:国内初「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱いへ

ビットポイント:国内初「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱いへ

ブロックチェーン基盤の「モバイルID認証システム」開発へ|韓国の大手企業が協力

ブロックチェーン基盤の「モバイルID認証システム」開発へ|韓国の大手企業が協力

注目度の高い仮想通貨ニュース

ディーカレットのスマホで本人確認(eKYC)「5種類の本人確認書類」が利用可能に

ディーカレットのスマホで本人確認(eKYC)「5種類の本人確認書類」が利用可能に

SBI VCトレード:LINK・DOT上場記念「3つのキャンペーン」開始

SBI VCトレード:LINK・DOT上場記念「3つのキャンペーン」開始

暗号資産取次所SEBC「Cardano(ADA)」と「Symbol(XYM)」取り扱いへ

暗号資産取次所SEBC「Cardano(ADA)」と「Symbol(XYM)」取り扱いへ

OKCoinJapan「IOST」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計9銘柄に

OKCoinJapan「IOST」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計9銘柄に

スイスの85,000店舗に「仮想通貨決済ソリューション」を提供:Bitcoin Suisse×Worldline

スイスの85,000店舗に「仮想通貨決済ソリューション」を提供:Bitcoin Suisse×Worldline

スイスアルプスの5つ星高級ホテル「仮想通貨決済」に対応:The Chedi Andermatt

スイスアルプスの5つ星高級ホテル「仮想通貨決済」に対応:The Chedi Andermatt

ビットバンク:資金洗浄対策で「Chainalysisの取引モニタリングシステム」を導入

ビットバンク:資金洗浄対策で「Chainalysisの取引モニタリングシステム」を導入

製薬大手Rocheも参加する「dHealth Network」Occamを通じてカルダノエコシステムに参加

製薬大手Rocheも参加する「dHealth Network」Occamを通じてカルダノエコシステムに参加

エルサルバドルで法定通貨化控えるビットコイン「5万ドル突破」価格変動にも要注意

エルサルバドルで法定通貨化控えるビットコイン「5万ドル突破」価格変動にも要注意

Cardano(ADA)スマートコントラクト機能導入に前進|テストネットで「Plutus」展開

Cardano(ADA)スマートコントラクト機能導入に前進|テストネットで「Plutus」展開

中米ホンジュラス「初の仮想通貨ATM」を導入|BTC・ETHに対応

中米ホンジュラス「初の仮想通貨ATM」を導入|BTC・ETHに対応

カルダノ公式ウォレット「Daedalus 4.3.1」公開|アップグレードに向けたカウントダウン機能も

カルダノ公式ウォレット「Daedalus 4.3.1」公開|アップグレードに向けたカウントダウン機能も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す