仮想通貨レンディング(貸出)の始め方まとめ「各取引所のメリット・デメリット」も紹介

by BITTIMES   

仮想通貨(暗号資産)のレンディング(貸仮想通貨)の始め方を初心者向けにわかりやすく解説します。仮想通貨のレンディングサービスは日本国内の複数の暗号資産取引所でも提供されていますが、貸出可能な暗号資産の種類や年利などには違いがあるため、各取引所のメリット・デメリットなども含めて紹介します。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

暗号資産レンディング(貸し出し)とは?

暗号資産レンディングは、自分が保有している暗号資産を暗号資産取引所などに一定期間貸し出すことによって、貸出期間・貸出数量に応じた利息を得ることができるサービスです。このサービスは「貸暗号資産・暗号資産貸出・貸して増やす」などといった様々な名称で提供されています。

レンディングサービスは日本国内の暗号資産取引所でも多数提供されているため、取引所の各サービスで「貸し出す暗号資産の種類・貸出期間・貸出数量」などを選ぶだけで簡単に利用し始めることができます。レンディングサービスは"銀行にお金を預けるよりも遥かに利率が高い"という特徴も有しているため『仮想通貨を長期保有する予定だが取引などはせずに放置して資産を増やしたい』といった方に魅力的です。

レンディングサービスを提供している日本国内の暗号資産取引所としては以下のような取引所が挙げられますが、「対応している暗号資産・年利・貸出可能数量」などといったサービス内容には違いがあるため、自分にあった取引所を利用するようにしましょう。

Coincheck(コインチェック)

Coincheck-logo

Coincheck(コインチェック)では「貸暗号資産サービス」と呼ばれるレンディングサービスが提供されています。コインチェックの貸暗号資産サービスは、貸出可能な暗号資産の種類が多いのが特徴で、貸出期間も14日間〜365日間の間で設定された5種類の中から選ぶことができるようになっており、最大年率は5.0%となっています。

【対応通貨】
BTC・ETH・ETC・LSK・FCT・XRP・XEM・LTC・BCH・MONA・XLM・QTUM・BAT・IOST・ENJ・OMG

【貸出期間】
・14日間(年率1.0%)
・30日間(年率2.0%)
・90日間(年率3.0%)
・180日間(年率4.0%)
・365日間(年率5.0%)

【貸出数量】
1万円相当以上〜上限なし

【メリット】

  • 貸出可能な暗号資産の種類が豊富(2021年9月時点で16銘柄)
  • 5種類の貸出期間の中から好きなものを選ぶことができる
  • 貸出期間に応じて1%〜5%までの年率が設定されている
  • 貸出数量の下限1万円相当以上、上限は設定なし

【デメリット】

  • 貸出には事前審査があるため必ず貸し出すことができるというわけではない
  • 貸出募集が終了している場合には貸し出すことができない
  • 貸し出した暗号資産は分別管理の対象にはならない
  • 貸暗号資産サービスの契約は無担保契約であるため「運営会社が破綻した場合には貸し出した暗号資産が返還されない」などのリスクがある
  • 指定した貸出期間が経過するまでは、貸し出した暗号資産を売却・送金することができない

>>「コインチェック」の新規登録はこちら

GMOコイン

GMOcoin-logo

GMOコインでは「貸暗号資産」と呼ばれるレンディングサービスが提供されています。GMOコインのレンディングサービスも貸出可能な暗号資産の種類が豊富となっていますが、貸出期間の選択肢はそれほど多くなく、記事執筆時点では「年率3%コース(3ヶ月)・年率1%コース(1ヶ月)」の2種類となっています。

【対応通貨】
BTC・ETH・BCH・LTC・XRP・XEM・XLM・BAT・OMG・XTZ・QTUM・ENJ・DOT・ATOM

【貸出期間】
・年率3%コース(3ヶ月)
・年率1%コース(1ヶ月)

【貸出数量】

暗号資産最小貸出数量最大貸出数量
BTC0.1 BTC/回100 BTC/月
ETH5 ETH/回500 ETH/月
BCH5 BCH/回300 BCH/月
LTC10 LTC/回1,000 LTC/月
XRP5,000 XRP/回1,000,000 XRP/月
XEM30,000 XEM/回1,000,000 XEM/月
XLM20,000 XLM/回1,000,000 XLM/月
BAT5,000 BAT/回150,000 BAT/月
OMG1,000 OMG/回10,000 OMG/月
XTZ300 XTZ/回30,000 XTZ/月
QTUM300 QTUM/回30,000 QTUM/月
ENJ1,000 ENJ/回200,000 ENJ/月
DOT50 DOT/回5,000 DOT/月
ATOM10 ATOM/回10,000 ATOM/月

【メリット】

  • 貸出可能な暗号資産の種類が豊富(2021年9月時点で14銘柄)
  • DOT・ATOMなどの貸し出しが可能
  • 3ヶ月間貸し出した場合の年率は3%

【デメリット】

  • 貸出期間の選択肢が少ない
  • 年率がやや低い
  • 貸出には事前審査があるため必ず貸し出すことができるというわけではない
  • 貸出募集が終了している場合には貸し出すことができない
  • 貸し出した暗号資産は分別管理の対象にはならない
  • 貸暗号資産サービスの契約は無担保契約であるため「運営会社が破綻した場合には貸し出した暗号資産が返還されない」などのリスクがある
  • 指定した貸出期間が経過するまでは、貸し出した暗号資産を売却・送金することができない

>>「GMOコイン」の新規登録はこちら

bitbank(ビットバンク)

bitbank-logo

bitbank(ビットバンク)では「暗号資産を貸して増やす」という名前のレンディングサービスが提供されています。ビットバンクのレンディングサービスは同取引所が取り扱っている全ての仮想通貨に対応しており、最大年率3%の暗号資産を1年後に受け取ることができるようになっています。

【対応通貨】
BTC・ETH・BCH・LTC・XRP・XLM・MONA・QTUM・BAT・OMG

【貸出期間】
・1年間(最大年率3%)

【貸出数量】
通貨によって異なる

【メリット】

  • 貸出可能な暗号資産の種類が豊富(2021年9月時点で10銘柄)
  • MONAなど複数のアルトコインの貸し出しも可能
  • 1年間貸し出した場合の年率は最大3%

【デメリット】

  • 貸出期間の選択肢が少ない
  • 年率がやや低い
  • 貸出募集が終了している場合には貸し出すことができない
  • 貸し出した暗号資産は分別管理の対象にはならない
  • 貸暗号資産サービスの契約は無担保契約であるため「運営会社が破綻した場合には貸し出した暗号資産が返還されない」などのリスクがある
  • 指定した貸出期間が経過するまでは、貸し出した暗号資産を売却・送金することができない

LINE BITMAX(ライン・ビットマックス)

LINE-BITMAX-Logo

LINE BITMAX(ライン・ビットマックス)では「変動期間型・固定期間型」という2つの種類の暗号資産貸出サービスが提供されています。「変動期間型」は最短当日〜最長7日間の間で自由に貸し出すことができるサービス、「固定期間型」は30日・60日・90日の中から好きな期間を選んで貸し出すことができるサービスとなっています。

【対応通貨】
BTC・ETH・BCH・LTC・XRP・LN

【貸出期間】
・変動期間型(最短当日〜最長7日間) ・固定期間型(30日・60日・90日)

【貸出数量】
通貨によって異なる

【メリット】

  • 貸出期間が30日・60日・90日の中から選べる
  • 変動期間型貸出の場合は最短当日〜最長7日間の中で自由に返還が可能
  • 年率が2%〜12%程度

【デメリット】

  • 貸出可能な暗号資産の種類がやや少ない
  • 貸出募集が終了している場合には貸し出すことができない
  • 貸し出した暗号資産は分別管理の対象にはならない
  • 貸暗号資産サービスの契約は無担保契約であるため「運営会社が破綻した場合には貸し出した暗号資産が返還されない」などのリスクがある
  • 固定期間型の場合は指定した貸出期間が経過するまでは、貸し出した暗号資産を売却・送金することができない

BITPoint(ビットポイント)

BITPoint-Logo

BITPoint(ビットポイント)では「貸して増やす」という名称のレンディングサービスが提供されています。このサービスはビットポイントが取り扱っている複数の暗号資産に対応しており、貸出期間・貸借料率は募集毎に異なる仕組みとなっています。

【対応通貨】
BTC・ETH・BCH・LTC・XRP・BAT・TRX・ADA

【貸出期間】
募集毎に異なる

【貸出数量】
募集毎に異なる

【メリット】

  • ADA・TRXなど他の取引所ではない暗号資産の貸出が可能

【デメリット】

  • 貸出期間・貸借料率などが決められていない
  • 貸出募集が終了している場合には貸し出すことができない
  • 貸し出した暗号資産は分別管理の対象にはならない
  • 貸暗号資産サービスの契約は無担保契約であるため「運営会社が破綻した場合には貸し出した暗号資産が返還されない」などのリスクがある
  • 指定した貸出期間が経過するまでは、貸し出した暗号資産を売却・送金することができない

SBI VC Trade(SBI VCトレード)

SBI-VC-Trade-Logo

SBI VC Trade(SBI VCトレード)では「VCTRADE LENDING」と呼ばれる貸暗号資産サービスが提供されています。このサービスは「BTC・XRP」の2銘柄に対応しており、貸借期間は共に「84日間」、年率は「XRPが0.1%」「BTCが1.0%」となっています。

【対応通貨】
BTC・XRP

【貸出期間】
84日間

【貸出数量】

暗号資産最小貸出数量最大貸出数量
BTC0.1 BTC5 BTC
XRP1,000 XRP100,000 XRP

【メリット】

  • サービス内容がシンプルでわかりやすい

【デメリット】

  • 貸出可能な暗号資産の種類が少ない
  • 年率がやや低い
  • 貸出募集が終了している場合には貸し出すことができない
  • 貸し出した暗号資産は分別管理の対象にはならない
  • 貸暗号資産サービスの契約は無担保契約であるため「運営会社が破綻した場合には貸し出した暗号資産が返還されない」などのリスクがある
  • 指定した貸出期間が経過するまでは、貸し出した暗号資産を売却・送金することができない

FXCoin(FXコイン)

FXcoin-logo

FXCoin(FXコイン)では「暗号資産レンディング」という名称の仮想通貨貸出サービスが提供されています。このサービスは「BTC・XRP・LTC・BCH」の4銘柄に対応しており、貸出期間・貸出数量・貸借料率などは毎回の貸出募集時に提示される仕組みとなっています。

【対応通貨】
BTC・XRP・LTC・BCH

【貸出期間】
貸出募集時に掲載

【貸出数量】
貸出募集時に掲載

【メリット】

  • 基本的に1ヶ月程度の貸出期間で年率2%の報酬を得ることができる

【デメリット】

  • 貸出可能な暗号資産の種類が少ない
  • 貸出募集が終了している場合には貸し出すことができない
  • 貸し出した暗号資産は分別管理の対象にはならない
  • 貸暗号資産サービスの契約は無担保契約であるため「運営会社が破綻した場合には貸し出した暗号資産が返還されない」などのリスクがある
  • 指定した貸出期間が経過するまでは、貸し出した暗号資産を売却・送金することができない

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ファイルコイン:暗号資産FILが貰える「テストネットインセンティブプログラム」を発表

ファイルコイン:暗号資産FILが貰える「テストネットインセンティブプログラム」を発表

コインチェック「ネム(NEM/XEM)の購入・売却サービス一時停止」を発表

コインチェック「ネム(NEM/XEM)の購入・売却サービス一時停止」を発表

仮想通貨の新団体設立へ「STOの健全な普及」目指す:SBI北尾社長

仮想通貨の新団体設立へ「STOの健全な普及」目指す:SBI北尾社長

日本政府:政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」と判断

日本政府:政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」と判断

Crypto.com「パリ・サンジェルマンFC」と提携|NFTのリリースも予定

Crypto.com「パリ・サンジェルマンFC」と提携|NFTのリリースも予定

FTX Japan:イーサリアム「The Merge」の対応方針について続報

FTX Japan:イーサリアム「The Merge」の対応方針について続報

注目度の高い仮想通貨ニュース

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

Bybit:過小評価された仮想通貨探しに役立つ「無料分析ツールキット」公開

Bybit:過小評価された仮想通貨探しに役立つ「無料分析ツールキット」公開

ディープコイン(DEP)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ディープコイン(DEP)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

エアドロップに焦点を当てた新しいミームコイン「SMOG」がSOLでフェアローンチ、開始1時間で1,400%の急騰

エアドロップに焦点を当てた新しいミームコイン「SMOG」がSOLでフェアローンチ、開始1時間で1,400%の急騰

仮想通貨ニュース週間まとめ「税金関連の改正案・Visaの暗号資産換金サービス」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「税金関連の改正案・Visaの暗号資産換金サービス」など

シバイヌ(SHIB)DeFiプラットフォーム「K9 Finance」とパートナーシップ締結

シバイヌ(SHIB)DeFiプラットフォーム「K9 Finance」とパートナーシップ締結

柴犬レストランWelly「Shibarium活用した売上記録・追跡ボット」を導入

柴犬レストランWelly「Shibarium活用した売上記録・追跡ボット」を導入

X(Twitter)のコメント欄「80%はフィッシング詐欺」仮想通貨関連が特に多い傾向=報告

X(Twitter)のコメント欄「80%はフィッシング詐欺」仮想通貨関連が特に多い傾向=報告

新しいSolanaミームコインSMOG、Jupiter DEXでエアドロップ・キャンペーン実施へ!

新しいSolanaミームコインSMOG、Jupiter DEXでエアドロップ・キャンペーン実施へ!

チリーズ:韓国プロサッカー「Kリーグ」と提携|スポーツリーグ初のバリデータ

チリーズ:韓国プロサッカー「Kリーグ」と提携|スポーツリーグ初のバリデータ

カルダノ(ADA)の開発環境が大きく変わる?大規模アップグレード「Plutus V3」とは

カルダノ(ADA)の開発環境が大きく変わる?大規模アップグレード「Plutus V3」とは

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA」などで注目記事多数

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA」などで注目記事多数

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す