Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

by BITTIMES

Visa(ビザ)は2021年9月30日に、仮想通貨・ステーブルコイン・中央銀行デジタル通貨(CBDC)などといった複数のデジタル通貨に互換性を持たせて通貨を安全に移動できるようにする相互運用ハブ「ユニバーサル・ペイメント・チャネル(Universal Payment Channel/UPC)」の構築に取り組んでいることを発表しました。

こちらから読む:DOGE-ETHブリッジの構築を計画「暗号資産」関連ニュース

異なるデジタル通貨を安全に交換・移動

Visa(ビザ)は2021年9月30日に、仮想通貨・ステーブルコイン中央銀行デジタル通貨(CBDC)などといった複数のデジタル通貨に互換性を持たせて通貨を安全に移動できるようにする相互運用ハブ「ユニバーサル・ペイメント・チャネル(Universal Payment Channel/UPC)」の構築に取り組んでいることを発表しました。

ユニバーサル・ペイメント・チャネル(Universal Payment Channel/UPC)は、複数のブロックチェーンネットワークを相互接続して、各デジタル通貨を安全に移動できるようにするブロックチェーン間の「ユニバーサル・アダプター」だとされており、『これによって中央銀行・企業・消費者は通貨の形式に関係なくシームレスに価値を交換できるようになる』と説明されています。

Visaは記事の冒頭で『友達と一緒に割り勘する時に、テーブルにいる全員が異なるお金を使っていることを想像してみてください』と述べており、『そう遠くない将来にはこれが現実になるかも知れないが、そうなった場合には1つの重要な問題を解決する必要がある』と語っています。

友達と一緒に割り勘する時に、テーブルにいる全員が異なるお金を使っていることを想像してみてください。ある人はスウェーデンのeクローナのようなCBDCを使い、別の人はUSDCのようなプライベートステーブルコインを使っています。「ロンドンにいる友人にUSDCで500ドル送金すると、彼女のCBDCウォレットに届く前に送った資金が自動的にデジタル形式の英ポンドに変換される」というのはどうでしょうか?このようなことが複数のネットワークを介してリアルタイムに行われ、複数のデジタルウォレットに対応していることを想像してみてください。

そう遠くない将来これが現実になるかもしれません。しかし、そこに到達するためには1つの重要な問題を解決する必要があります。それは「クロスチェーン・インターオペラビリティ」です。言い換えれば、異なる技術スタックやプロトコルに依存し、異なるコンプライアンス基準や市場要件を持つ異なるデジタル通貨を、より広い価値のネットワークの中でどうやって相互に「対話」させるかということです。

各デジタル通貨の「取引速度向上」にも貢献

また、UPCは「各デジタル通貨の取引速度向上」にも役立つとのことで、『既存の決済ネットワークが1秒に数万のトランザクションを処理できるのに対して一部のブロックチェーンはそのごく一部しか処理できないが、UPCの特殊な決済チャネルはブロックチェーンから離れて確立され、スマートコントラクトを活用してさまざまなブロックチェーンネットワークと通信し、高いトランザクションスループットを安全かつ確実に提供し、全体的な速度を向上させる』と説明されています。

Visaの研究チームは2018年からUPCの開発に向けた取り組みを開始しているとのことで、UPCの基本的なスマートコントラクトのサンプルは「こちらのページ」で確認することができるようになっています。

仮想通貨・ブロックチェーン業界では様々なデジタル通貨が登場している中で「相互運用性の重要性」を強調する意見が多方面から出ていますが、Visaの「Universal Payment Channel」が実際に利用可能になれば、相互運用性の問題が大きく改善され、仮想通貨・デジタル通貨・ステーブルコイン・CBDCなどの利便性が大幅に向上すると期待されます。

>>「Visa」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインマイニングの収益性、昨年末から「2倍以上」に増加

ビットコインマイニングの収益性、昨年末から「2倍以上」に増加

Bitrue:Symbol(XYM)の「IOU取引」提供開始|注目のXYM価格は?

Bitrue:Symbol(XYM)の「IOU取引」提供開始|注目のXYM価格は?

カルダノ:アロンゾの「メインネット実装予定日」が判明|ADA価格は230円まで回復

カルダノ:アロンゾの「メインネット実装予定日」が判明|ADA価格は230円まで回復

バイナンス:新サービス「Binance Cloud」を発表|仮想通貨取引所立ち上げを支援

バイナンス:新サービス「Binance Cloud」を発表|仮想通貨取引所立ち上げを支援

ビットバンク:販売所で「MATIC・DOT・DOGE」取扱開始|合計18銘柄に対応

ビットバンク:販売所で「MATIC・DOT・DOGE」取扱開始|合計18銘柄に対応

ブロックチェーン・AIで「自動車部品の供給」効率化へ:Hyundai Mobis

ブロックチェーン・AIで「自動車部品の供給」効率化へ:Hyundai Mobis

注目度の高い仮想通貨ニュース

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す