BINANCE「南アフリカ」でも一部サービスに利用制限

by BITTIMES

暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」は2021年10月8日に、現地の規制に準拠するために南アフリカ地域にユーザー向けサービスを一部制限することを発表しました。新規ユーザーのサービス利用には既に制限がかけられており、既存ユーザーに対しても『期日までにポジションをクローズするように』との注意喚起がなされています。

こちらから読む:Bakktカード、Google Payに追加可能に「暗号資産」関連ニュース

先物・オプション取引などのサービス提供を停止

BINANCE(バイナンス)は2021年10月8日に、現地の規制に準拠するために南アフリカ地域にユーザー向けサービスを一部制限することを発表しました。利用が停止されるサービスは以下の4種類となっており、南アフリカの新規ユーザーは既にこれらのサービスを利用することができなくなっていると説明されています。

  • 先物取引
  • オプション取引
  • マージン取引
  • レバレッジトークン取引

既にこれらのサービスを利用していた既存ユーザーには、ポジションをクローズするために90日間の猶予期間が与えられるとのことで、証拠金残高を補充することはできるが、新規ポジションを取得することはできないと説明されています。

また、日本時間2022年1月7日午前8時59分以降は、自分でポジションをクローズすることができなくなるとのことで、その後は残り全てのポジションが清算されることになるとされています。

南アフリカの金融規制当局である「金融セクター行動監督機構(FSCA)」は2021年9月3日に『BINANCE GROUPは金融アドバイス・仲介サービスの提供を許可されていないため、BINANCE GROUPのサービスを利用する一般市民は十分に注意を払う必要がある』との警告を発していたため、今回の対応はこれらの指摘を受けてのものであると考えられます。

今月は「本人確認手続きの義務化」も予定

BINANCEは世界最大の大手暗号資産取引所として知られているものの、この1年間では世界各国の規制当局がバイナンス関連の警告を発しているため、BINANCEは各地域でサービス利用制限などの対応をとっており、今月からは全てのユーザーに本人確認手続きが義務化される予定となっています。

既にBINANCEのサービスを利用している場合でも、身分証の提出などが必要となる「中間認証(インターミディエイト)」までの本人確認手続きを完了していない場合には「出金・注文のキャンセル・ポジションのクローズ・償還のみ」しか利用することができなくなるため、BINANCEを利用している方は注意が必要です。

住所・氏名などといった基本情報の入力は1日で完了するものの、顔写真・身分証明書の提出・住所証明書の提出などの手続きで審査が完了するまでには20日ほどの期間がかかる場合もあり、期限ギリギリになると審査に時間がかかる可能性も高いため、BINANCEを利用している方は早めに手続きを完了しておくようにしましょう。

>>「BINANCE」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

中国人民銀行:デジタル人民元の「開発進捗」を報告

中国人民銀行:デジタル人民元の「開発進捗」を報告

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

中米ホンジュラス「初の仮想通貨ATM」を導入|BTC・ETHに対応

中米ホンジュラス「初の仮想通貨ATM」を導入|BTC・ETHに対応

Huobiが新会社『HBUS』を通じて米国に進出

Huobiが新会社『HBUS』を通じて米国に進出

HEXA「仮想通貨決済対応LANDセール」6月27日開催へ|XYMなど3銘柄に対応

HEXA「仮想通貨決済対応LANDセール」6月27日開催へ|XYMなど3銘柄に対応

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

Flare基盤の「AI生成NFT」を簡単発行|Atrivがスニークピーク映像公開

Flare基盤の「AI生成NFT」を簡単発行|Atrivがスニークピーク映像公開

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す