GrayscaleのXLM・ZEN・ZEC投資信託「OTCQX」に上場|ビットコイン現物ETFの続報も

by BITTIMES   

米国の大手資産運用会社「Grayscale(グレースケール)」は2021年10月18日に、同社が提供しているステラ(XLM)、ジーキャッシュ(ZEC)、ホライゼン(ZEN)の投資信託が主要なOTC取引所である「OTCQX Best Market」に上場したことを発表しました。また、先日18日には同社関係者から正式に『ビットコイン投資信託を現物ETFに転換する予定である』ということも報告されています。

こちらから読む:「暗号資産」関連ニュース

XLM・ZEC・ZENの投資信託「OTCQX」に上場

Grayscale(グレースケール)は2021年10月18日に、同社が提供しているステラ(XLM)ジーキャッシュ(ZEC)、ホライゼン(ZEN)の投資信託が主要なOTC取引所である「OTCQX Best Market」に上場したことを発表しました。

これら3つの投資信託は以前から販売されていたものの、今回「OTCQX Best Market」に上場したことによってセカンド市場でも取引することができるようになりました。「OTCQX Best Market」に上場したのは以下3種類の投資信託で、それぞれのティッカーシンボルは「ZCSH、GXLM、HZEN」となっています。

  • Grayscale® Zcash Trust(ZCSH)
  • Grayscale® Stellar Lumens Trust(GXLM)
  • Grayscale® Horizen Trust(HZEN)

なお、Grayscaleが18日に公開したデータによると、ZCSH・GXLM・HZENの資産運用残高(AUM)は「ZCSHが4,740万ドル(約54億円)、GXLMが2,950万ドル(約34億円)、HZENは4,940万ドル(約56億円)」とされています。

Grayscaleの法務責任者であるCraig Salm氏は公式発表で『これはデジタル通貨にとって重要な節目であり、Grayscaleが自社の各製品を私募から公開市場に移行させることに継続的に取り組んでいることを示している』と語っています。

「ビットコイン現物ETF」に関する続報も

Grayscale(グレースケール)に関しては、先日の「CNBC」の報道で『Grayscaleはビットコイン投資信託を現物ETFに転換するための申請書を今週初めに提出することを予定している』と報じられていましたが、先日18日にはGrayscaleのコミュニケーション・ディレクターであるJennifer Rosenthal(ジェニファー・ローゼンタール)氏から、この報道が事実であることが報告されています。

Jennifer Rosenthal氏は18日のツイートで『本日私はSECから明確かつ正式な指示があり次第、GrayscaleがGBTCのETF化を申請する予定であることを確認した』と報告しており、『ビットコイン先物ETFが有効であると判断され、SECのビットコイン市場に対する安心感を示す公的かつ検証可能な証拠が得られたら、NYSE Arcaは「19b-4」と呼ばれる書類を提出して、GBTCをETFに転換する』と説明しています。

本日私は「SECから明確かつ正式な指示があり次第、GrayscaleがGBTCのETF化を申請する予定である」ということを確認しました。

ビットコイン先物ETFが有効であると判断され、SECのビットコイン市場に対する安心感を示す公的かつ検証可能な証拠が得られたら、NYSE Arcaは「19b-4」と呼ばれる書類を提出して、GBTCをETFに転換する予定です。

なお、米国では先日「ProShares(プロシェアーズ)」のビットコイン先物ETFが承認されており、先日18日にはProSharesから『ProShares Bitcoin Strategy ETF(ティッカーシンボル:BITO)の取引が米国時間2021年10月19日にニューヨーク証券取引所Arca(NYSE Arca)で開始される』との発表も行われています。

>>「Grayscale」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

MEXC入金コンテスト優勝プロジェクトが決定「HGHG・XYM」本日取扱い開始

MEXC入金コンテスト優勝プロジェクトが決定「HGHG・XYM」本日取扱い開始

Apple:ビットコインのホワイトペーパー「最新版のmacOS」から削除

Apple:ビットコインのホワイトペーパー「最新版のmacOS」から削除

Tesla(テスラ)「保有するビットコインの10%」を売却|流動性の高さを賞賛

Tesla(テスラ)「保有するビットコインの10%」を売却|流動性の高さを賞賛

規制改革で「日本を仮想通貨先進国に」音喜多議員が行政プロジェクト発足

規制改革で「日本を仮想通貨先進国に」音喜多議員が行政プロジェクト発足

コカ・コーラ × Crypto.com:FIFAワールドカップ記念NFT「Piece of Magic」を発表

コカ・コーラ × Crypto.com:FIFAワールドカップ記念NFT「Piece of Magic」を発表

暗号資産・デジタル資産の「明確な分類」求める:国際取引所連合(WFE)

暗号資産・デジタル資産の「明確な分類」求める:国際取引所連合(WFE)

注目度の高い仮想通貨ニュース

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

Bitget Wallet「BWBトークンのエアドロップキャンペーン」開始|第2四半期にはIEOも予定

Bitget Wallet「BWBトークンのエアドロップキャンペーン」開始|第2四半期にはIEOも予定

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す