ProSharesのビットコイン先物ETF「10月19日」にローンチ【米国初】

by BITTIMES   

ProShares(プロシェアーズ)は2021年10月18日に、米国初のビットコイン先物連動型上場投資信託(ビットコイン先物ETF)である「ProShares Bitcoin Strategy ETF(ティッカーシンボル:BITO)」の取引が米国時間2021年10月19日にニューヨーク証券取引所Arca(NYSE Arca)で開始されることを発表しました。

こちらから読む:「暗号資産」関連ニュース

米国初のBTC先物ETF「BITO」19日に取引開始

ProShares(プロシェアーズ)は2021年10月18日に、米国初のビットコイン先物連動型上場投資信託(ビットコイン先物ETF)である「ProShares Bitcoin Strategy ETF」の取引が米国時間2021年10月19日に開始されることを発表しました。

「ProShares Bitcoin Strategy ETF」はインターコンチネンタル取引所の傘下に属する米国の証券取引所「ニューヨーク証券取引所Arca(NYSE Arca)」に上場するとのことで、ティッカーシンボルは「BITO」とされています。

プロシェアーズはBITOについて『BITOは投資家が証券会社の口座を通じて、ビットコインのリターンへのエクスポージャーを簡単に得る機会を提供する。BITOは株式のように売買することができ、暗号資産取引所での口座開設や仮想通貨ウォレットを準備する必要がない』と説明しており、『BITO(ProShares Bitcoin Strategy ETF)はビットコインの先物契約に投資するもので、ビットコインに直接投資するものではない』との説明もなされています。

ProSharesのCEOであるMichael L. Sapir(マイケル・サピル)氏は「ProShares Bitcoin Strategy ETF」のローンチについて次のようにコメントしています。

「ビットコインに連動するETFの登場」は多くの投資家が待ち望んでいたものです。

BITOは『証券会社で口座を持っていて、株式やETFの購入には慣れているが、仮想通貨取引所に別の口座を開設して、ビットコインウォレットを作成する手間をかけたくない』という投資家や、『取引所の規制リスク・セキュリティリスクが心配だ』と懸念している投資家に、ビットコインへのエクスポージャーを提供します。

BITOは、投資家に資産クラスへの便利で流動的なアクセスを提供するETFのレガシーを引き継いでいきます。1993年には初の株式ETF、2002年には初の債券ETF、2004年には初のゴールドETFが誕生しました。2021年は「初の仮想通貨連動型ETFが誕生した年」として記憶されていくことになるでしょう。

>>「ProShares」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

LedgerXを現物決済ビットコイン先物の「公認取引所」として認定:CFTC

LedgerXを現物決済ビットコイン先物の「公認取引所」として認定:CFTC

ブロックチェーン基盤の「デジタルゴールド転送システム」を稼働:トルコの銀行

ブロックチェーン基盤の「デジタルゴールド転送システム」を稼働:トルコの銀行

MicroStrategy「約28億円相当のビットコイン」を追加購入|保有量は125,000BTCを突破

MicroStrategy「約28億円相当のビットコイン」を追加購入|保有量は125,000BTCを突破

Cardano開発企業:スケーリングソリューション「Hydra」の誤解などについて補足説明

Cardano開発企業:スケーリングソリューション「Hydra」の誤解などについて補足説明

カルダノ財団:ドバイ・ブロックチェーン・センター(DBCC)と提携

カルダノ財団:ドバイ・ブロックチェーン・センター(DBCC)と提携

イーサリアムトークンで予測ゲームに「報酬機能」追加へ:NBAサクラメントキングス

イーサリアムトークンで予測ゲームに「報酬機能」追加へ:NBAサクラメントキングス

注目度の高い仮想通貨ニュース

東証上場企業メタプラネット「ビットコイン投資戦略の詳細」を発表

東証上場企業メタプラネット「ビットコイン投資戦略の詳細」を発表

Coinbase:ビットコインの「ライトニングネットワーク」を正式サポート

Coinbase:ビットコインの「ライトニングネットワーク」を正式サポート

カルダノ大型イベント「Cardano Summit 2024」チケット販売開始|数量限定の早期割引も

カルダノ大型イベント「Cardano Summit 2024」チケット販売開始|数量限定の早期割引も

米金融大手も「現物ビットコインETF」を保有|JPモルガン、ウェルズ・ファーゴの保有銘柄

米金融大手も「現物ビットコインETF」を保有|JPモルガン、ウェルズ・ファーゴの保有銘柄

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

仮想通貨決済のコインゲート「Solana」に対応|Shibarium統合の可能性も?

仮想通貨決済のコインゲート「Solana」に対応|Shibarium統合の可能性も?

FINSCHIA・Klaytnの統合ブロックチェーン「Kaia」6月末にメインネット公開へ

FINSCHIA・Klaytnの統合ブロックチェーン「Kaia」6月末にメインネット公開へ

仮想通貨決済のCoinGate「対応ブロックチェーン」拡充か|Xでアンケート調査を実施

仮想通貨決済のCoinGate「対応ブロックチェーン」拡充か|Xでアンケート調査を実施

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

BCG大手MOBOX、今月中にDragonverseNeo(ドラバネオ)をリリース予定!独自UGC、3Dゲームエンジンに加え、ゲーム専用BTC L3のMOSE Chain公表

BCG大手MOBOX、今月中にDragonverseNeo(ドラバネオ)をリリース予定!独自UGC、3Dゲームエンジンに加え、ゲーム専用BTC L3のMOSE Chain公表

ワールドコイン:最長6ヶ月間にわたる「WLDトークン販売計画」を発表

ワールドコイン:最長6ヶ月間にわたる「WLDトークン販売計画」を発表

カルダノ(ADA)「2024年の最優秀レイヤー1ソリューション賞」を受賞

カルダノ(ADA)「2024年の最優秀レイヤー1ソリューション賞」を受賞

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介NEW

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す