Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

by BITTIMES   

米国の大手投資信託運用会社「Grayscale(グレースケール)」が、同社のビットコイン投資信託を現物ETF(上場信託)に転換する申請書を提出する予定であることが「CNBC」の報道で明らかになりました。Grayscaleからの公式発表は行われていないものの、これが事実であれば"ビットコイン現物ETF"の申請が行われることになるため、今回の報道には注目が集まっています。

こちらから読む:「暗号資産」関連ニュース

Grayscale:今週初めにも申請書提出か

Grayscale(グレースケール)は「同社のビットコイン投資信託を現物ETF(上場信託)に転換する申請書を提出すること」を予定していると報告されています。この件についてGrayscaleからの公式発表は行われていないものの、CNBCが"関係者の話"として報じた内容によると『事情に詳しい人物は"Grayscaleはビットコイン投資信託を現物ETFに転換するための申請書を今週初めに提出することを予定している"と語った』とされています。

グレースケールは複数の仮想通貨投資信託を提供している米国の大手投資信託運用会社であり、今月15日に更新された情報によると、同社の運用資産(AUM)は526億ドルで、ビットコイン投資信託(GBTC)はそのうちの73%を占めると報告されています。

仮想通貨業界では先日15日に「米国証券取引委員会(SEC)がProShares(プロシェアーズ)が申請していたビットコイン先物ETFを承認した」ということが大きな話題となりましたが、今回の報道では『Grayscaleは米SECが競合他社のビットコイン先物ETFを承認し次第この申請書を提出する計画だった』と報じられています。

なお、この申請書が実際に提出された場合にはその後75日間の審査期間に入ることになると伝えられています。申請書提出後もSECからの審査を受ける必要があるため、場合によっては申請が却下されたり、延期になったりする可能性があるものの、承認された場合には「ビットコイン現物ETF」が認められることになるため、今回の報道には注目が集まっています。

なお、Grayscaleの親会社「Digital Currency Group」のCEOであるBarry Silbert(バリー・シルバート)氏は2021年10月17日のツイートで、ビットコインのコメンテーターであるPreston Pysh氏から「GBTCがいつETFに転換されるのか?」について尋ねられた際に『Stay tuned(乞うご期待)』とコメントしています。

>>「CNBC」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨が稼げる「スペースインベーダーのアーケードゲーム」を設置:英Pixel Bar

仮想通貨が稼げる「スペースインベーダーのアーケードゲーム」を設置:英Pixel Bar

素晴らしいヒント:クリプト弱気市場で便利な5つの無料インデックス

素晴らしいヒント:クリプト弱気市場で便利な5つの無料インデックス

【Chiliz&Socios】Levante UDの「$LEVファントークン」本日販売開始

【Chiliz&Socios】Levante UDの「$LEVファントークン」本日販売開始

アメリカ・マイアミ市長「次の給料は100%ビットコインで受け取る予定」

アメリカ・マイアミ市長「次の給料は100%ビットコインで受け取る予定」

カルダノ(ADA)「Chainlink・Dish Network」と提携【Cardano Summit 2021】

カルダノ(ADA)「Chainlink・Dish Network」と提携【Cardano Summit 2021】

ビットコイン価格「1億円到達」の可能性も|Willy Woo氏が語る今後注目すべき抵抗線

ビットコイン価格「1億円到達」の可能性も|Willy Woo氏が語る今後注目すべき抵抗線

注目度の高い仮想通貨ニュース

千葉県佐倉市:DOGEで知られる「かぼすちゃん」のマンホール設置

千葉県佐倉市:DOGEで知られる「かぼすちゃん」のマンホール設置

Flare:世界初のコンプライアンス準拠型分散型先物プロトコル「XDFi」を発表

Flare:世界初のコンプライアンス準拠型分散型先物プロトコル「XDFi」を発表

Magic Eden「クロスチェーン報酬プログラム」を発表|ウォレットも近日公開予定

Magic Eden「クロスチェーン報酬プログラム」を発表|ウォレットも近日公開予定

ビットボットのプレセール、開始わずか3週間で45万ドルを調達

ビットボットのプレセール、開始わずか3週間で45万ドルを調達

脱税者の仮想通貨追跡システム導入で「62億ウォン」の税金徴収=韓国

脱税者の仮想通貨追跡システム導入で「62億ウォン」の税金徴収=韓国

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

Terraform Labs:法的問題解決に向け米国で破産申請「事業継続の方針」も強調

Terraform Labs:法的問題解決に向け米国で破産申請「事業継続の方針」も強調

Mantle(MNT)とVeChain(VET)に買いシグナル、Pullix(PLX)も投資家の注目を集める

Mantle(MNT)とVeChain(VET)に買いシグナル、Pullix(PLX)も投資家の注目を集める

ソラナ価格の下落によりボンクの価格が急降下する中、ミームネーターはプレセールで最高値を更新

ソラナ価格の下落によりボンクの価格が急降下する中、ミームネーターはプレセールで最高値を更新

カルダノ(ADA)の開発環境が大きく変わる?大規模アップグレード「Plutus V3」とは

カルダノ(ADA)の開発環境が大きく変わる?大規模アップグレード「Plutus V3」とは

ビットボット(Bitbot)の自動取引機能|2024年の新たな注目銘柄になる可能性

ビットボット(Bitbot)の自動取引機能|2024年の新たな注目銘柄になる可能性

金融庁「暗号資産の税制改正」に関する意見募集開始

金融庁「暗号資産の税制改正」に関する意見募集開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す