マスターカード:仮想通貨決済対応カード発行に向け「アジア太平洋地域の3社」と提携

by BITTIMES   

Mastercard(マスターカード)は2021年11月8日に、仮想通貨対応の決済カード提供に向けてアジア太平洋地域の暗号資産関連企業である「Amber、Bitkub、CoinJar」の3社と提携したことを発表しました。今回の提携によって消費者や企業は『仮想通貨連動型クレジットカード・デビットカード・プリペイドカード』の発行を申し込むことができるようになると報告されています。

こちらから読む:ゲーム大手EA、NFT活用に前向き姿勢「暗号資産」関連ニュース

「Amber、Bitkub、CoinJar」の3社と提携

Mastercard(マスターカード)は2021年11月8日に、仮想通貨対応の決済カード提供に向けてアジア太平洋地域の暗号資産関連企業である「Amber(アンバー)、Bitkub(ビットカブ)、CoinJar(コインジャー)」の3社と提携したことを発表しました。

「Amber Group」は3大陸に12のオフィスを構えグローバルにサービスを展開している大手デジタル資産サービスプロバイダー、「Bitkub」は暗号資産取引所やブロックチェーンのコンサル・開発・教育などを行っているタイの企業、「CoinJar」は豪州と英国の両方で仮想通貨関連サービスを提供している企業です。

Amber、Bitkub、CoinJarの3社は今回の提携を通じて「仮想通貨に対応したMastercard決済カード」を発行するとのことで、消費者や企業はこれらのカードを使用することによって、より簡単に仮想通貨を使用することができるようになると説明されています。

具体的には、企業や消費者は「仮想通貨連動型のクレジットカード・デビットカード・プリペイドカード」を申し込むことができるようになるとのことで、これらのカードを使用するとMastercard対応店舗で自分が保有している仮想通貨を支払いに使用することができると報告されています。

支払いに使用された仮想通貨はその時のレートに基づいて即座に法定通貨に変換された上で店舗側に支払われることになるため、店舗側は価格変動リスクを気にすることなく支払いを受けることができるようになっています。

支払いに利用できる仮想通貨の詳細などは明らかにされていないものの、これらのカードが発行されることによってアジア太平洋地域で仮想通貨の決済利用が拡大し、ビットコインなどの普及にもつながると期待されています。

マスターカードは以前から仮想通貨関連の取り組みを積極的に進めており、先月25日には暗号資産関連サービスを提供している「Bakkt(バックト)」との提携を通じて"仮想通貨報酬還元"などを可能にするための準備を進めていることなども発表されていたため今後の新たな発表には注目が集まっています。

>>「Mastercard」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

TAOTAO「XRPの現物取引サービス」提供へ|レバレッジ取引の証拠金としても利用可能

TAOTAO「XRPの現物取引サービス」提供へ|レバレッジ取引の証拠金としても利用可能

DEPが稼げる新作Play to Earnゲーム「Cookin’ Burger」ローンチ日が決定

DEPが稼げる新作Play to Earnゲーム「Cookin’ Burger」ローンチ日が決定

ロシア大手銀行スベルバンク「暗号資産取引サービス」近日中に提供へ

ロシア大手銀行スベルバンク「暗号資産取引サービス」近日中に提供へ

ビットコイン決済を2011年に導入したレストラン&バー「ROOM 77」が閉店

ビットコイン決済を2011年に導入したレストラン&バー「ROOM 77」が閉店

コインチェック×CyberZ「エンターテイメント分野でのNFT活用」に向けて協業開始

コインチェック×CyberZ「エンターテイメント分野でのNFT活用」に向けて協業開始

【重要】Tron詐欺の「フェイクニュース」に要注意|TRX持ち逃げ事件の真相は?

【重要】Tron詐欺の「フェイクニュース」に要注意|TRX持ち逃げ事件の真相は?

注目度の高い仮想通貨ニュース

ツイッター共同創業者のジャック・ドーシー氏「ビットコイン100万ドル超え」を予想

ツイッター共同創業者のジャック・ドーシー氏「ビットコイン100万ドル超え」を予想

MoonPay:PayPalで仮想通貨購入可能に「ADA・SHIB・DOGEなど110銘柄以上」に対応

MoonPay:PayPalで仮想通貨購入可能に「ADA・SHIB・DOGEなど110銘柄以上」に対応

元CIA職員のスノーデン氏「ビットコインのプライバシー問題」について最終警告

元CIA職員のスノーデン氏「ビットコインのプライバシー問題」について最終警告

Flare Network初の米ドルステーブルコイン「USDX」登場|保有者には利回りも

Flare Network初の米ドルステーブルコイン「USDX」登場|保有者には利回りも

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

国内XRP保有者の声を反映するバリデータに|SBI VCトレード「XRPLのノード運用」開始

国内XRP保有者の声を反映するバリデータに|SBI VCトレード「XRPLのノード運用」開始

ナスダック上場企業「Tiger Brokers」香港で仮想通貨取引サービス開始|18銘柄を取扱い

ナスダック上場企業「Tiger Brokers」香港で仮想通貨取引サービス開始|18銘柄を取扱い

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

米金融大手も「現物ビットコインETF」を保有|JPモルガン、ウェルズ・ファーゴの保有銘柄

米金融大手も「現物ビットコインETF」を保有|JPモルガン、ウェルズ・ファーゴの保有銘柄

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す