ブラウザ組み込み型の仮想通貨ウォレット「Brave Wallet」公開:ブレイブ

by BITTIMES   

暗号資産BATによる報酬機能などを搭載したプライバシー重視の次世代型ブラウザ「Brave(ブレイブ)」は2021年11月16日に、ブラウザ組み込み型の独自仮想通貨ウォレット「Brave Wallet」をリリースしたことを発表しました。

こちらから読む:バルバドス、世界初のメタバース大使館建設へ「暗号資産」関連ニュース

ブラウザ組み込み型「Brave Wallet」公開

Brave(ブレイブ)は2021年11月16日に、ブラウザ組み込み型の独自仮想通貨ウォレット「Brave Wallet」をリリースしたことを発表しました。

このウォレットはブラウザに直接組み込まれた形式のウォレットとなっているため、Braveブラウザの最新版「v1.32.106」をインストールすることによって利用することができるようになっています。

ブラウザで利用する一般的な仮想通貨ウォレットは「MetaMask(メタマスク)」のように"ブラウザ拡張機能"として提供されていましたが、今回リリースされた「Brave Wallet」はブラウザに直接組み込まれているため、拡張機能を追加する必要がなく、偽アプリ・フィッシング・盗難などのリスクを下げることができると説明されています。

「Brave Wallet」の機能・メリットについて

ウォレットの機能としてはメタマスクと同様に「仮想通貨の購入・保管・送受金・交換機能」などが備わっており、NFTやイーサリアム関連のトークンにも対応している他、分散型アプリケーション(DApps)などにウォレットを接続して使用することもできるようになっています。

また「Brave Wallet」はMetaMaskには備わっていない複数の利点も備わっているとのことで、仮想通貨関連情報を配信している大手サイト「CoinGecko」のデータを統合しているため、ライブマーケットデータを見ることもできると説明されています。

「Brave Wallet」の機能やメリットとしては以下のようなものが挙げられています。

  • トークンの購入・保管・交換機能搭載
  • ブラウザ組み込み型で拡張機能が不要
  • オープンライセンス
  • ハードウェアウォレット「Ledger」と「Trezor」をサポート
  • CoinGeckoのデータ統合でライブ市場データを確認可能
  • 実行に余計なプロセスを必要とせず、デバイスのCPU・メモリ消費量を削減できる
  • Polygon、xDai、AvalancheなどのEVM互換ネットワークサポート

なお、既にBraveブラウザでウォレットを利用していた場合は、新しいバージョンへのアップグレードを行なった後に、ブラウザのウォレット画面で「以前のウォレットのパスワード」を入力することによってウォレットを復元することができるようになっています。

>>「Brave Wallet」の詳細はこちら

2021年11月17日|Basic Attention Token(BAT)の価格

Basic Attention Token(BAT)の価格は今月9日に151円付近まで回復したものの、その後はやや下落しており、2021年11月17日時点では「1BAT=122.39円」で取引されています。

2021年10月18日〜2021年11月17日 BATのチャート(画像:coingecko.com)2021年10月18日〜2021年11月17日 BATのチャート(画像:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

取扱銘柄・サービスが豊富な暗号資産取引所「BitTrade(ビットトレード)」の魅力を解説

取扱銘柄・サービスが豊富な暗号資産取引所「BitTrade(ビットトレード)」の魅力を解説

BINANCE:暗号資産決済企業「Bifinity」を立ち上げ

BINANCE:暗号資産決済企業「Bifinity」を立ち上げ

オンラインクレーンゲームで「NFT景品」を配布|Gaudiyが国内大手トレバと連携

オンラインクレーンゲームで「NFT景品」を配布|Gaudiyが国内大手トレバと連携

コインチェック:NFT事業で「テレビ朝日メディアプレックス」と連携

コインチェック:NFT事業で「テレビ朝日メディアプレックス」と連携

IDOL3.0 PROJECT:デビュー曲「眼差しSniper」の楽曲&歌詞を公開

IDOL3.0 PROJECT:デビュー曲「眼差しSniper」の楽曲&歌詞を公開

コロナウイルス、仮想通貨・ブロックチェーン業界にも影響「サービス無償提供」の発表も

コロナウイルス、仮想通貨・ブロックチェーン業界にも影響「サービス無償提供」の発表も

注目度の高い仮想通貨ニュース

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

Dogwifhat(WIF)の上昇はまだまだ続く?アーサー・ヘイズ氏の強気な価格予想

Dogwifhat(WIF)の上昇はまだまだ続く?アーサー・ヘイズ氏の強気な価格予想

カルダノ(ADA)GitHubの開発活動ランキングで「圧倒的1位」を記録

カルダノ(ADA)GitHubの開発活動ランキングで「圧倒的1位」を記録

カルダノ(ADA)「2024年の最優秀レイヤー1ソリューション賞」を受賞

カルダノ(ADA)「2024年の最優秀レイヤー1ソリューション賞」を受賞

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

最近の仮想通貨ブームで急成長が期待される5つの新しいミームコイン

最近の仮想通貨ブームで急成長が期待される5つの新しいミームコイン

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す