BINANCE:XRP保有者に対する「Sologenic(SOLO)エアドロップ」対応へ

by BITTIMES   

暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」は2021年12月21日に、ソロジェニック(Sologenic/SOLO)が実施を予定している『XRP保有者に対するSOLOエアドロップ(無料配布)プログラム』に対応する方針を発表しました。XRP保有量を記録するためのスナップショットは、日本時間2021年12月25日午前5時00分頃に実施されると報告されています。

こちらから読む:Instagram、NFTの活用に調査・研究「暗号資産」関連ニュース

バイナンス「SOLOエアドロップ」対応へ

BINANCE(バイナンス)は2021年12月21日に、ソロジェニック(Sologenic/SOLO)が実施を予定している『XRP保有者に対するSOLOエアドロップ(無料配布)プログラム』に対応する方針を発表しました。

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)は、仮想通貨XRPの基盤となっている分散型台帳XRP Ledger(XRPL)上に構築されたエコシステムである「SOLOトークン」や「Sologenicエコシステム」の拡大に向けた取り組みを進めているプロジェクトであり、従来の金融市場の幅広い資産をトークン化してXRPL上に新しい分散型NFTマーケットプレイスを立ち上げています。

「XRP保有者を対象としたSOLOエアドロップ」の計画は今年10月時点で発表されていたため、先日20日にXRP価格が急騰した際には『SOLOエアドロップのスナップショットに向けてXRP買いが増加している可能性がある』との意見も出ていましたが、今回はこのSOLOエアドロッププラグラムにBINANCEが対応することが発表されています。

スナップショットは「日本時間12月25日午前5時00分頃」

エアドロップは対象となる暗号資産を保有する各ユーザーの保有量を記録するために「スナップショット」と呼ばれる保有量記録作業が行われた後に、そのスナップショット時の仮想通貨保有量に応じて仮想通貨が配布されますが、SOLOエアドロップのためのスナップショットは「日本時間2021年12月25日午前5時00分頃」に実施される予定となっています。

そのため、BINANCEの口座で日本時間2021年12月25日午前5時00分頃にXRPを保有していた人々は今回のSOLOエアドロップに参加することができるようになっており、スナップショットの対象となるのは「現物ウォレット、証拠金口座・マージン先物ウォレットのXRP残高」で、「USDT-マージン先物ウォレットの残高」などはエアドロップ対象にはならないとも説明されています。

また『10XRP未満のXRP残高(取引注文中のものも含む)もエアドロップの対象にはならない』とも説明されているため、SOLOエアドロップへの参加を希望する場合には最低でも10XRP以上を保有しておく必要があります。

「SOLO配布数量の算出方法」について

エアドロップ対象者へのSOLOトークン配布数量は以下の式に基づいて決定されるとのことで、SOLOトークンはプロジェクト側がXRP保有者へのSOLO配布を完了した後にBINANCEが配布し、配布が完了したら改めて報告を行うと説明されています。

【SOLO配布数量の算出方法】
受取額=スナップショット時に所有するXRPの量/スナップショット時にBINANCEが保有するXRPの合計×エアドロップでBINANCEが受け取るSOLOの合計額

なお、BINANCEは今回のSOLOエアドロップには対応する方針を示しているものの、SOLOトークンの上場・取引については『BINANCEが他のコイン・トークンに行うのと同様の厳格な上場審査プロセスを経ることになルため、今回のエアドロップサポートはSOLOの上場を保証するものではない』と説明されています。

>>「BINANCE」の公式発表はこちら
>>「BINANCE」の公式サイトはこちら
>>「SOLOエアドロップの詳細」はこちら

XRPなどの購入は取引システムの安定性などでも評価の高い暗号資産取引所ビットバンクからどうぞ

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

SportyCo:イングランドのサッカークラブ「Hull City AFC」買収か ー 約66億円を準備

SportyCo:イングランドのサッカークラブ「Hull City AFC」買収か ー 約66億円を準備

フランス規制当局:デジタル資産関連事業に「ライセンス制度」導入

フランス規制当局:デジタル資産関連事業に「ライセンス制度」導入

仮想通貨取引所Bakkt:先物取引業者の「資産買収」を発表|メンバーをさらに強化

仮想通貨取引所Bakkt:先物取引業者の「資産買収」を発表|メンバーをさらに強化

仮想通貨楽天コインをつくる構想を語った三木谷社長

仮想通貨楽天コインをつくる構想を語った三木谷社長

ErisX「仮想通貨先物取引」の提供開始|NASDAQ・マネックスなど大手企業が支援

ErisX「仮想通貨先物取引」の提供開始|NASDAQ・マネックスなど大手企業が支援

ブロックチェーンで「クリスマスチキン」に安心と信頼を|食品大手Cargill

ブロックチェーンで「クリスマスチキン」に安心と信頼を|食品大手Cargill

注目度の高い仮想通貨ニュース

シンガポール「暗号資産取引の広告」に制限|インフルエンサーを通じた宣伝なども禁止

シンガポール「暗号資産取引の広告」に制限|インフルエンサーを通じた宣伝なども禁止

日本文化に特化したNFTマーケット「ORADA」グローバル展開へ|出品作品も募集開始

日本文化に特化したNFTマーケット「ORADA」グローバル展開へ|出品作品も募集開始

南米ウルグアイ「初の仮想通貨ATM」を設置|ビットコインなど5銘柄に対応

南米ウルグアイ「初の仮想通貨ATM」を設置|ビットコインなど5銘柄に対応

海底火山噴火被害のトンガ王国「ビットコインによる寄付」受け入れ

海底火山噴火被害のトンガ王国「ビットコインによる寄付」受け入れ

SBI VCトレード「かんたん口座開設申込機能・暗号資産移管機能」をリリース

SBI VCトレード「かんたん口座開設申込機能・暗号資産移管機能」をリリース

シンボル(Symbol/XYM)英暗号資産取引所「BC Bitcoin」に上場|発表後は価格も上昇

シンボル(Symbol/XYM)英暗号資産取引所「BC Bitcoin」に上場|発表後は価格も上昇

Liquid:新規口座開設で500円がもらえる「お年玉プレゼントキャンペーン」開始

Liquid:新規口座開設で500円がもらえる「お年玉プレゼントキャンペーン」開始

Kraken:取引所・販売所で「OMG・BAT・LINK」取扱い開始|米ドル・ユーロ建取引も

Kraken:取引所・販売所で「OMG・BAT・LINK」取扱い開始|米ドル・ユーロ建取引も

元祖メタバース「Second Life」の創設者、Linden Labに戦略顧問として復帰

元祖メタバース「Second Life」の創設者、Linden Labに戦略顧問として復帰

Bybit「パレットトークン(Palette Token/PLT)の現物取引サービス」提供開始

Bybit「パレットトークン(Palette Token/PLT)の現物取引サービス」提供開始

Enjin:高層ビル型メタバース「Bloktopia(BLOK)」に新本部開設へ

Enjin:高層ビル型メタバース「Bloktopia(BLOK)」に新本部開設へ

カルダノ基盤のメタバースプラットフォーム「Pavia(パヴィア)」ローンチ

カルダノ基盤のメタバースプラットフォーム「Pavia(パヴィア)」ローンチ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す