英広告監視機関「Arsenal FCのファントークン広告」に警告|説明不足だと指摘

by BITTIMES

チリーズ(Chiliz/CHZ)との提携を通じて公式ファントークン「$AFC」を発行しているイングランドの強豪サッカークラブ「Arsenal FC(アーセナルFC)」が、英国の広告監視機関「Advertising Standards Authority(ASA)」から警告を受けたことが明らかになりました。ASAはアーセナルに対して『誤解を招くような説明不足の広告は掲載しないように』と指示して、問題視されていた広告の掲載を禁止したと報告されています。

こちらから読む:MicroStrategy CEO、BTC=600万ドルを予想「暗号資産」関連ニュース

「ファントークン広告に問題がある」と指摘

チリーズ(Chiliz/CHZ)や同社が運営するファン投票&報酬アプリ「Socios.com」との提携を通じて公式ファントークン「$AFC」を発行しているイングランドの強豪サッカークラブ「Arsenal FC(アーセナルFC)」が、 英国の広告監視機関「Advertising Standards Authority(ASA)」から警告を受けたことが明らかになりました。

Arsenal FC(アーセナルFC)は今年8月に「Chiliz」との提携を通じてチーム公式ファントークンである「$AFCファントークン」を販売しており、今年10月にはChiliz関連のファントークンを売買できる暗号資産取引所「Chiliz Exchange」でも$AFCファントークンの取引サービスが開始されていましたが、ASAは2021年12月22日の発表でアーセナルのFacebookに投稿されたファントークン関連の宣伝など一部の広告の問題点を指摘しています。

$AFCファントークンを購入するためには最初にChilizが発行している「CHZ」という仮想通貨を購入して、そのCHZで$AFCファントークンを購入する必要があるため、問題視されているウェブページ下部には「$AFCを購入するためにCHZを購入する必要があること」や「価格変動リスクがあること」などが説明されていましたが、ASAは一連の広告に対して以下のように主張して「これらのコンテンツは消費者の暗号資産に対する経験の浅さを利用した無責任なコンテンツである」と指摘しています。

  • 対象となる広告は、消費者の経験不足や信じやすさを利用して暗号資産への投資を軽視させる無責任なものである。
  • 対象となる広告は、投資リスクを説明していないため、誤解を招くものであった。
  • 対象となる広告は、トークンが暗号資産であることや、口座開設して購入が必要な別の暗号資産と交換することでしか入手できないことを明確にしていなかったため、誤解を招くものであった。

これに対してアーセナル側は『トークンの宣伝はクラブの公式決定に対する投票権などクラブと交流する機会の認知度を高めるためのものであり、ファントークンは金融商品や投資手段として宣伝されたものではなく、ファントークンの取引を奨励しているわけでもない』と説明しており、『Socios.comはヨーロッパで多くのサッカークラブと提携・後援しているため、サッカー界では暗号資産プラットフォームとして良く知られている』との考えも語っています。

しかしながら、結果としてASAは『問題視されているような形式で広告を再び掲載することは許されない』との決定を下しており、アーセナルに対して「消費者の経験不足や信じやすやを無責任に利用しないようにすること、暗号資産への投資リスクについて十分明確に説明すること、ファントークンの購入には別の暗号資産の購入が必要であること、情報を省略して消費者を誤解させないようにすること」などを指示したと報告されています。

>>「英広告監視機関(ASA)」の発表はこちら

2021年12月24日|チリーズ(ChiliZ/CHZ)の価格

チリーズ(Chiliz/CHZ)の価格は先日20日に28円付近まで下落したものの、その後は徐々に回復してきており、2021年12月24日時点では「1CHZ=35.61円」で取引されています。

>>CHZを取り扱っている「BINANCE」の公式サイトはこちら

2021年9月25日〜2021年12月24日 CHZのチャート(画像:CoinGecko)2021年9月25日〜2021年12月24日 CHZのチャート(画像:CoinGecko)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

全面経済制裁でビットコイン取引量「過去最高」に|ベネズエラへの米国圧力続く

全面経済制裁でビットコイン取引量「過去最高」に|ベネズエラへの米国圧力続く

日本メタバース協会設立へ「FXcoin・CoinBest」などの暗号資産交換業者が参加

日本メタバース協会設立へ「FXcoin・CoinBest」などの暗号資産交換業者が参加

リップル(XRP)活用したブラウザアプリが「App Store」に登場|日本でも利用可能

リップル(XRP)活用したブラウザアプリが「App Store」に登場|日本でも利用可能

Web3プロジェクト「MetaSolare(メタソレア)」発足|エンターテインメント体験を提供

Web3プロジェクト「MetaSolare(メタソレア)」発足|エンターテインメント体験を提供

GMOコイン「モナコイン(Monacoin/MONA)」取扱いへ|取引所・貸暗号資産でサポート

GMOコイン「モナコイン(Monacoin/MONA)」取扱いへ|取引所・貸暗号資産でサポート

Twitter「プロフィール欄への仮想通貨ウォレットアドレス登録機能」追加か

Twitter「プロフィール欄への仮想通貨ウォレットアドレス登録機能」追加か

注目度の高い仮想通貨ニュース

JVCEA:暗号資産の上場審査を簡素化「グリーンリスト制度・CASC制度」導入へ

JVCEA:暗号資産の上場審査を簡素化「グリーンリスト制度・CASC制度」導入へ

ネパール通信規制当局「仮想通貨関連ウェブサイト・アプリのブロック」を指示

ネパール通信規制当局「仮想通貨関連ウェブサイト・アプリのブロック」を指示

HEXA:XYM決済に続き「ETH・MATIC」にも対応へ

HEXA:XYM決済に続き「ETH・MATIC」にも対応へ

国内暗号資産取引所の「FLRトークン付与・取扱い方針」まとめ【随時更新】

国内暗号資産取引所の「FLRトークン付与・取扱い方針」まとめ【随時更新】

GMOコイン「Flareトークンの付与日」を発表|FLR取引サービスも提供予定

GMOコイン「Flareトークンの付与日」を発表|FLR取引サービスも提供予定

明日花キララの「匂いNFT」1万枚限定で先行予約販売:Horizon

明日花キララの「匂いNFT」1万枚限定で先行予約販売:Horizon

SBI VCトレード「FLRの付与・取扱い方針」で続報|残高確認システム公開へ

SBI VCトレード「FLRの付与・取扱い方針」で続報|残高確認システム公開へ

ビットフライヤー:Flareトークン(FLR)取扱い開始|対象者への付与も完了

ビットフライヤー:Flareトークン(FLR)取扱い開始|対象者への付与も完了

ビットポイント「Flareトークン(FLR)の配布・取扱開始日」を発表

ビットポイント「Flareトークン(FLR)の配布・取扱開始日」を発表

ビットバンク「FLRトークンのエアドロップ・取扱い開始日」が決定

ビットバンク「FLRトークンのエアドロップ・取扱い開始日」が決定

The Sandbox:パートナー数は700以上に「Game Maker 0.8」も近日公開予定

The Sandbox:パートナー数は700以上に「Game Maker 0.8」も近日公開予定

Flareトークン配布開始|MEXC上場で注目の「FLR価格」も判明

Flareトークン配布開始|MEXC上場で注目の「FLR価格」も判明

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す