英広告監視機関「Arsenal FCのファントークン広告」に警告|説明不足だと指摘

by BITTIMES

チリーズ(Chiliz/CHZ)との提携を通じて公式ファントークン「$AFC」を発行しているイングランドの強豪サッカークラブ「Arsenal FC(アーセナルFC)」が、英国の広告監視機関「Advertising Standards Authority(ASA)」から警告を受けたことが明らかになりました。ASAはアーセナルに対して『誤解を招くような説明不足の広告は掲載しないように』と指示して、問題視されていた広告の掲載を禁止したと報告されています。

こちらから読む:MicroStrategy CEO、BTC=600万ドルを予想「暗号資産」関連ニュース

「ファントークン広告に問題がある」と指摘

チリーズ(Chiliz/CHZ)や同社が運営するファン投票&報酬アプリ「Socios.com」との提携を通じて公式ファントークン「$AFC」を発行しているイングランドの強豪サッカークラブ「Arsenal FC(アーセナルFC)」が、 英国の広告監視機関「Advertising Standards Authority(ASA)」から警告を受けたことが明らかになりました。

Arsenal FC(アーセナルFC)は今年8月に「Chiliz」との提携を通じてチーム公式ファントークンである「$AFCファントークン」を販売しており、今年10月にはChiliz関連のファントークンを売買できる暗号資産取引所「Chiliz Exchange」でも$AFCファントークンの取引サービスが開始されていましたが、ASAは2021年12月22日の発表でアーセナルのFacebookに投稿されたファントークン関連の宣伝など一部の広告の問題点を指摘しています。

$AFCファントークンを購入するためには最初にChilizが発行している「CHZ」という仮想通貨を購入して、そのCHZで$AFCファントークンを購入する必要があるため、問題視されているウェブページ下部には「$AFCを購入するためにCHZを購入する必要があること」や「価格変動リスクがあること」などが説明されていましたが、ASAは一連の広告に対して以下のように主張して「これらのコンテンツは消費者の暗号資産に対する経験の浅さを利用した無責任なコンテンツである」と指摘しています。

  • 対象となる広告は、消費者の経験不足や信じやすさを利用して暗号資産への投資を軽視させる無責任なものである。
  • 対象となる広告は、投資リスクを説明していないため、誤解を招くものであった。
  • 対象となる広告は、トークンが暗号資産であることや、口座開設して購入が必要な別の暗号資産と交換することでしか入手できないことを明確にしていなかったため、誤解を招くものであった。

これに対してアーセナル側は『トークンの宣伝はクラブの公式決定に対する投票権などクラブと交流する機会の認知度を高めるためのものであり、ファントークンは金融商品や投資手段として宣伝されたものではなく、ファントークンの取引を奨励しているわけでもない』と説明しており、『Socios.comはヨーロッパで多くのサッカークラブと提携・後援しているため、サッカー界では暗号資産プラットフォームとして良く知られている』との考えも語っています。

しかしながら、結果としてASAは『問題視されているような形式で広告を再び掲載することは許されない』との決定を下しており、アーセナルに対して「消費者の経験不足や信じやすやを無責任に利用しないようにすること、暗号資産への投資リスクについて十分明確に説明すること、ファントークンの購入には別の暗号資産の購入が必要であること、情報を省略して消費者を誤解させないようにすること」などを指示したと報告されています。

>>「英広告監視機関(ASA)」の発表はこちら

2021年12月24日|チリーズ(ChiliZ/CHZ)の価格

チリーズ(Chiliz/CHZ)の価格は先日20日に28円付近まで下落したものの、その後は徐々に回復してきており、2021年12月24日時点では「1CHZ=35.61円」で取引されています。

>>CHZを取り扱っている「BINANCE」の公式サイトはこちら

2021年9月25日〜2021年12月24日 CHZのチャート(画像:CoinGecko)2021年9月25日〜2021年12月24日 CHZのチャート(画像:CoinGecko)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

FTX Japan:ドージコイン(Dogecoin/DOGE)取扱いへ|現物・パーペチュアル取引で

FTX Japan:ドージコイン(Dogecoin/DOGE)取扱いへ|現物・パーペチュアル取引で

メタバース組織に向け「AI搭載女性ロボット」をCEOに任命:中国NetDragon

メタバース組織に向け「AI搭載女性ロボット」をCEOに任命:中国NetDragon

ビットコイン価格「180万円」突破|過去最高値更新は近い?

ビットコイン価格「180万円」突破|過去最高値更新は近い?

エルサルバドル:ビットコイン関連の教育プログラム「CUBO+」開始|優れた開発者を養成

エルサルバドル:ビットコイン関連の教育プログラム「CUBO+」開始|優れた開発者を養成

コイネージ:暗号資産交換業から「撤退」へ|マネーパートナーズは新事業開始を予定

コイネージ:暗号資産交換業から「撤退」へ|マネーパートナーズは新事業開始を予定

ビットバンク:OMG保有者に対する「BOBAトークンのエアドロップ」対応方針を発表

ビットバンク:OMG保有者に対する「BOBAトークンのエアドロップ」対応方針を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

環境に優しいブロックチェーン・プロジェクトeTukTuk、プレセールで300万ドル調達間近

環境に優しいブロックチェーン・プロジェクトeTukTuk、プレセールで300万ドル調達間近

分散型自律組織の自主規制団体「日本DAO協会」設立へ

分散型自律組織の自主規制団体「日本DAO協会」設立へ

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す