LINE Blockchain:NFTカードゲーム「ピックファイブ」正式版で技術採用

by BITTIMES

LINE株式会社は2022年2月3日に、B.LEAGUE所属のプロバスケットボールチーム「川崎ブレイブサンダース」が正式提供を開始した新感覚カードゲーム「PICKFIVE(ピックファイブ)」におけるNFTカードの基盤技術に、LINE独自のブロックチェーンである「LINE Blockchain」が採用されたことを発表しました。

こちらから読む:Kraken、ETHのステーキングサービス提供開始「暗号資産」関連ニュース

LINE Blockchainで「NFT選手カード」を発行

LINE株式会社は2022年2月3日に、B.LEAGUE所属のプロバスケットボールチーム「川崎ブレイブサンダース」が正式提供を開始した新感覚カードゲーム「PICKFIVE(ピックファイブ)」におけるデジタルカードの基盤技術に、LINE独自のブロックチェーンである「LINE Blockchain」が採用されたことを発表しました。

PICKFIVE(ピックファイブ)は、試合開始までに所有する選手のデジタルカードから活躍が予想される選手のカードを選んで、実際の試合のスタッツが反映されたあとのスコアでユーザー間の順位を争う新しいカードゲームであり、2021年4月〜5月にかけて試験提供が実施されていました。

このゲームは試験提供時にも「LINE Blockchain」を採用してゲームを構築していましたが、今回の発表では2022年2月3日にリリースされた正式リリース版でも「LINE Blockchain」が採用されたことが報告されています。

PICKFIVEで発行される選手カードは「LINE Blockchain」を用いたNFTとして発行されているため、選手カード保有者はカード所有者であることを証明することができるようになっており、LINEが提供している暗号資産ウォレットである「LINE BITMAX Wallet」を使用して利用者間でカードをトレーディングすることもできると説明されています。

(画像:LINE株式会社)(画像:LINE株式会社)

「LINE Blockchain」上で発行されたNFTは『他の主要なブロックチェーンにおいて課題となっている高額なガス代(取引手数料)がかからない』という特徴を持っており、LINE BITMAX Wallet内のサービスとして提供されている「NFTマーケットβ」は、一次販売サービスや日本円決済の導入などの機能を拡充した総合マーケットプレイス「LINE NFT」としてサービスが開始されることも予定されています。

なお「PICKFIVE」は無料で遊ぶことができるようになっており、登録するだけで無料で全選手のNFTカードを獲得することができると説明されています。「PICKFIVE」の詳細は以下の公式サイトで確認することができます。

>>「LINE株式会社」の公式発表はこちら
>>「PICKFIVE」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE無許可営業の指摘「タイ・ケイマン諸島・シンガポール」でも

BINANCE無許可営業の指摘「タイ・ケイマン諸島・シンガポール」でも

韓国:2024年から「国会議員・公務員の仮想通貨保有情報」開示へ

韓国:2024年から「国会議員・公務員の仮想通貨保有情報」開示へ

OKCoinJapan:ステーキングサービスに「プラン変更機能」を追加

OKCoinJapan:ステーキングサービスに「プラン変更機能」を追加

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

米MicroStrategy:ビットコイン(BTC)「1,500万ドル相当」を追加購入

米MicroStrategy:ビットコイン(BTC)「1,500万ドル相当」を追加購入

ビットコインキャッシュ(BCH)ハードフォークで高騰中

ビットコインキャッシュ(BCH)ハードフォークで高騰中

注目度の高い仮想通貨ニュース

BlastUPプレセール、投資ブームが最後の2週間に突入

BlastUPプレセール、投資ブームが最後の2週間に突入

人工知能×ブロックチェーン「Animechain.ai」のライトペーパー公開|独自トークン・AIRAも発行予定

人工知能×ブロックチェーン「Animechain.ai」のライトペーパー公開|独自トークン・AIRAも発行予定

ワールドコイン:最長6ヶ月間にわたる「WLDトークン販売計画」を発表

ワールドコイン:最長6ヶ月間にわたる「WLDトークン販売計画」を発表

TransBoden:新たなSolanaミームコイン、100%公正な方法で「$BODENX」のローンチに成功

TransBoden:新たなSolanaミームコイン、100%公正な方法で「$BODENX」のローンチに成功

仮想通貨決済のCoinGate「対応ブロックチェーン」拡充か|Xでアンケート調査を実施

仮想通貨決済のCoinGate「対応ブロックチェーン」拡充か|Xでアンケート調査を実施

BRICSの仮想通貨発行で米ドルが暴落する?ロバート・キヨサキ氏が警告

BRICSの仮想通貨発行で米ドルが暴落する?ロバート・キヨサキ氏が警告

シバイヌは強気フラッグ形成中?著名アナリストが語る「SHIBの買いライン」と「価格上昇予想」

シバイヌは強気フラッグ形成中?著名アナリストが語る「SHIBの買いライン」と「価格上昇予想」

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

より優れた仮想通貨投資とは:2024年のバナナガンとビットボット

より優れた仮想通貨投資とは:2024年のバナナガンとビットボット

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

SBI VCトレード:APT・HBAR・ZPG上場記念「2つのキャンペーン」を開催

SBI VCトレード:APT・HBAR・ZPG上場記念「2つのキャンペーン」を開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す